【実体験】夫婦フリーランスってぶっちゃけどう?メリット・デメリットをまとめました。

えりたく

どうも、フリーランス夫婦のえりたく夫婦です。

コロナ禍で自宅でリモートワークをする方が増えたと思います。僕ら夫婦は、コロナ禍になる前から、フリーランスでお互いに自宅で作業をする毎日を送っていました。

コロナ離婚という言葉をちょくちょく見かけますが、互いに自宅で仕事や家事をする事で、一人の時間が取れず、喧嘩に発展するなんて事もよく聞きます。

夫婦フリーランスは、当然メリットとデメリットがありますので、実体験を元に話していきます!

こちらの記事では、下記について執筆しています。

  1. 夫婦フリーランスってどんな仕事があるの?
  2. 夫婦フリーランスのメリットは?
  3. 夫婦フリーランスのデメリットは?
  4. コロナ禍、ずっと同じ空間で喧嘩などしない?

ツイートでメリット・デメリットまとめました。

もくじ

そもそも夫婦フリーランスってどんな仕事があるの?

僕らは、WEB系クリエイターとしてフリーランスをしています。

  • 妻は、YouTuber(えりキャン△)として、日々動画コンテンツを作っています。
  • 僕は、ブロガー、ウェブデザイナーとして、個人ブログ運営と企業のディレクションをしています。

最近は、夫婦YouTuberやTikToker、インスタグラマー、ブロガーなど自分自身を発信する事を仕事にしている方が増えてきました。

僕らも、今でこそ自分自身のコンテンツを発信する事で生活していますが、以前は、企業との仕事がメインで、業務委託で完全リモートワークで自宅で仕事をしていました。

フリーランスの仕事

僕の周りでどんなフリーランスの方がいるのかあげてみます。

  • ウェブデザイナー
  • ウェブライター
  • イラストレーター
  • エンジニア
  • ブロガー
  • ユーチューバー
  • インスタグラマー
  • ポットキャスター

どれか一つに特化している方もいますし、スキルを活かしていくつかやっている方もいます。

ウェブライターならブログ運営など、同じスキルで拡張できる形が継続しやすいかと思います!

業務委託や外注で仕事をもらう場合

自分自身をコンテンツにして、収益化するには時間がかかります。その為、どのジャンル、プラットフォームで発信をしていきたいか?を考えて、逆算して外注で仕事をもらいながら、スキル・実績をつけていくのがベストだと思います。

例えば、

  • ブロガーになりたい!ウェブライターの案件を受ける
  • ウェブデザイナーになりたい!バナー制作や簡単な制作物の案件を受ける
  • YouTuberになりたい!動画編集、テロップ入れの案件を受ける

などなど、自分のやりたい事を書き出してから、やりたい事を実現するためにはどんなスキルが必要なのか?洗い出し、その後、そのスキルでどんな仕事ができるか?または、そのスキルを取得するには何をしたらいいのか?を考えてみてください。

僕の場合、ブロガーになりたい!と思っていたので、ブログのデザインやライターなどの案件を受けながら、スキルを磨いてきました。

現在は、単発の仕事ではなく、継続的に仕事をいただく企業さんも出てきました。当然、その企業さんと仕事したいか?を一番に考えていますので、やりたい仕事しかしていません。

夫婦フリーランスのメリットは?

夫婦フリーランスのメリットで一番大きい部分は「好きな人と好きな場所に時間を気にせずいれる」ことです。

僕ら夫婦は、互いに旅するのが好きなので、会社員だと当然、旅に出る回数が減ってしまいます。

夫婦で実現したい事「好きな時に旅をしたい」を優先して、フリーランスを選択した事になります。

それ以外のメリットもあげてみます

  • 互いにどんな仕事をしているのか分かる
  • 仕事の相談ができる
  • 手伝ってもらえる
  • 家事を分担できる
  • 平日、一緒にランチできる
  • 一緒に夜ご飯の買い物にいける
  • 頑張りを褒めてもらえる
  • 支え合える

家族のために、好きな事を仕事にするのは、簡単な事じゃないし、批判される事もあるけど、隣にいる事でそゆ時に声を変えてあげたり、支えてくれたり、互いに乗り越えていく気持ちが強くなりますよね。

外で働いていたら、帰ってきて「〜が辛かった」と言っても共感はできないし、その場に居てあげられないから、本当の意味での支えは難しいと思います。

実際、僕が仕事で悩んでいる時、すぐに妻がいるので、話を聞いてもらったり、一緒にランチを食べて気分転換したりしています。

この気分転換や心の支えが、とても大きいし、夫婦フリーランスだから実現できる事だと思う。

夫婦フリーランスのデメリットは?

当然、デメリットもあります!

プライベートがなくなる事が一番のデメリットだと思います。

僕はプレイベートいらない人間なので、というか、ずっと一緒にいると、隣にいながら自分の世界に入る事ができるので、僕の場合はデメリットにはなっていないですが、、、

例えば、外に買い物に行ったり、カフェに行って読書したいな〜って思う時も、相手が仕事している最中にフラ〜っと出て行くのは、すごく気が引けますよね。

「ちょっとカフェ行ってくる〜」って言うのも、喧嘩の原因になりそうですし、特に片方が仕事で悩んでいたり、大変な時。

買い物も一緒に行く事が当たり前になってくるので、常に家計の事を考えて、相談しながら買い物しないといけない責任感が強くなり、個人的に買いたいものが買いにくくなります。

僕らの場合、特に妻の方が、外に行きたい!と思っているはず、カラオケ、ショッピング、カフェ、町巡りなど、そいったプライベートな事を、相手の事を考えて断念しないといけない事が増えるのは夫婦フリーランスのデメリットですね。

夫婦にもよると思いますが、僕らも定期的に一人の時間を作っていこうと思います!

デメリットを箇条書きであげておきます

  • プライベートな時間が取れない
  • 隠し事ができない
  • 相手の仕事のタスク量によって精神的に辛くなる
  • だらだらしにくい
  • 買い物にふらっと行けない

コロナ禍、ずっと同じ家にいて喧嘩しない?

コロナ禍になる前から、ずっと隣で仕事をしていたので、そこまで変化はありませんが、当然喧嘩はします。

夫婦フリーランスのデメリットでもあげた「相手の仕事量(タスク量)によって、精神的に辛くなる」ですが、例えば、僕の仕事の納期が迫っていて、デスクに向かう時間が増えて、家事や妻との会話が適当になってしまう事があります。

そゆ時に、だいたい喧嘩が始まります。当然、悪いのは分かっているのですが、そゆ時に、余裕がなくなってしまい、言いたくない事も互いに言ってしまい、喧嘩がエスカレートしてしまう。

そうならないように、生活費を優先しすぎずに、夫婦の時間を優先して、節約しつつ、楽しい夫婦二人暮らしをする事で、喧嘩やすれ違いは減ると思います。(喧嘩の頻度は減ってきていますが、まだ喧嘩してしまうときがある、、、)

僕の場合、企業とのやりとりがあるので、そこでストレスが貯まる事もありますが、今はやりたい仕事だけにシフトしたので、今頂いている仕事でのストレスはほぼないですね。

一番やってはいけない事

夫婦フリーランスしていると、当然、互いの仕事量は代わり、収入も変わってきます。

互いに、支え合えればいいですが、どっちの方が頑張っている!稼いでいる!と思われるようになってしまうと、夫婦フリーランスは継続が難しくなります

夫婦間での上下関係は、夫婦フリーランスでは、あまり良くない傾向だとです。

だからこそ、夫婦で一緒にコンテンツ作りをするようにシフトして行く事で、協力して生活費を稼いでいると思うので、互いにリスペクトや感謝ができるようになります

僕らも、過去、どちらの方が稼いでいる!で喧嘩した事があります。とても消耗して疲れます。

僕らの場合、妻がYouTuberとして人気になってきているので、妻をサポートしつつ、僕が夫婦のコンテンツ作りをしていく形を選択しました。こちらのブログやインスタ、夫婦YouTubeなど

最後に

夫婦フリーランスは、僕の中で一番理想的な夫婦だと思います。

だって、好きな人と1秒でも長くいたいし、辛い事も共有したい、支え合いたい!と思います。

夫婦フリーランスで3年やってみて、夫婦としてもそうですが、高めえる良きパートナーとして、必要不可欠な存在になっています。

そのための喧嘩なら仕方ないし、そもそも離婚したい!なんて本心で思っていないことの方が多い。

いかかでしたでしょうか?僕らの夫婦フリーランスは、ウェブクリエイターとして少し変わった稼ぎ方をしていますが、今後同じような夫婦がたくさん増えてくると思いますし、オススメしているライフワークなので、まずはやりたいこと見つけて、その実現のために、業務委託や外注で仕事を探してみてください。

では、

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
もくじ
閉じる