【夫婦喧嘩】喧嘩の原因はいつも同じ7つ

えりたく

どうも、フリーランス夫婦のえりたく夫婦です。

今回のテーマは「夫婦喧嘩」です。結婚してそろそろ3年目になりますが、喧嘩のパターンってほとんど同じなんですよね。

どうしたら喧嘩に発展するのか?分かっているのに、いつも喧嘩してしまう。

僕は、喧嘩になるのはしょうがない!と思います。そのかわり、仲直りをスムーズにする為の行動をしっかり学んだほうが良いと思います。

と言う事で、僕ら夫婦の喧嘩に発展する7つのことを紹介します。

  1. 感謝を伝えない
  2. 家事の分担・不満
  3. お金の使い方
  4. 好みの違い・価値観
  5. 対応・返事が雑になる
  6. 仕事や趣味に夢中
  7. ペットのめんどうについて

皆さんにも、当てはまる部分があれば、改めて考えてみてください。

僕は、忘れないように、自分のノートにメモする感覚でこちらに執筆しています。

インスタにも投稿しています。

もくじ

感謝を伝えない

「ありがとう」の一言を言えばいいのに、小さいことへの感謝を伝えられなくなってしまう。

出会った当時は、些細なことでも感謝を言葉にしてしっかりと伝えていたのに、と日々思います。

1日1回は「ありがとう」と伝えるようにしています。

直後に言えなくても、寝る時に「〜してくれてありがとう」などと、一日を振り返って言うことで、ちゃんと見てくれてるんだ。と嬉しくなります。

たまに、妻が「たくちゃん、ありがとう」と言ってくれる時がありますが、やっぱり感謝されると嬉しいですよね。

(えり、いつもありがとう。)

家事の分担・不満

僕ら夫婦は互いにフリーランスで平日家で仕事をするので、家事は分担しています。

妻は洗濯、僕はお風呂、部屋の掃除など。料理と皿洗いはセットで担当した方がやる。

例えば、洗濯物がたまっていると「洗濯しないの?」と僕が煽ってしまったり、家事を分担して、やる方のタイミングがあるのに「やらないの?」と言うのはNGワードですね。

逆に、僕が言われて、喧嘩になる場合もあります。

互いに、やってくれている事に感謝をして、しれっとやってあげる事で、喧嘩にならず、更に感謝もできる。

お金の使い方

僕ら夫婦は、フリーランスなので、毎月の収入が安定していません。

多い時もあれば、少ない時もある。

当然、多い時は嬉しいし、少ない時は、辛いです。

僕らは、結婚当初、貧乏生活をしていたので、普通に生活ができるようになった反動で外食や買い物にめっちゃ行きたくなる時があり、相手に制限をかけられて喧嘩になる場合があります。

貯金をしつつ、計画的にお金を使うに限りますね。あとは、しっかりとお金事情を見える化する事です。

好みの違い・価値観の違い

僕と妻は、旅する暮らしがしたい!という夢は同じですが、普段のライフスタイルは、結構異なります。

例えば、僕は、田舎が好き、散歩が好き。妻は、都心が好き、買い物が好き。

予定を決める時も、どちらかが妥協したり、我慢することもあります。

一回だけで喧嘩になる場合は少ないですが、少しづつたまり、喧嘩に発展したり。

好みや価値観を押し付けるのではなく、互いに新しい趣味を見つけたり、互いの時間を作る事で喧嘩を逃れることができます。

僕らも互いの時間を作ろう!と話をしています。

対応・返事が雑になる

やりたくない事をお願いされたり、都合が良くないときに「〜やってもらえる?」と言われると「今、無理」「あとでね〜」などと適当な返事をしてしまう事があります。

お願いされる方も気をつけないと行けないですが、お願いする側は、相手の状況を把握した上で、声をかけるようにすれば、リスク回避できますね。

僕らは、自分がどんな時は、余裕がないよ!と話し合いをして、相手に理解してもらう事で、喧嘩を回避しました。

仕事や趣味に夢中

僕らフリーランスなので、互いに家にいますが、別々の仕事をしています。

  • 僕は、ウェブデザイナー・ブロガー・企業でのSNS運用など
  • 妻は、専業でYouTuber

僕らフリーランスなので、常に隣にいるのですが、仕事や趣味、ゲームに夢中になってて、相手の話を聞かなかったり、シカトしてしまったり、ふと気づいた時には、相手は”プンプン”しています。

互いに時間を合わせて、二人の時間を作るようにする事で、すれ違いを回避できます。

僕らは、スケジュールを共有し、時間が空いた時は、声をかけるようにしています。

ペットのめんどうについて

うちには、愛犬が一匹います。

朝起きたら、うんちやおしっこをしているので、トイレを掃除したり、散歩に行ったり、気づいているのにやってくれないと、喧嘩に発展する。

相手が気づいてるのにやってくれない!ではなく、自ら率先してやる事で、喧嘩のリスク回避できます。

最後に

僕が尊敬する夫婦の旦那さんに、夫婦間の仲を良くするためのコツを教えて頂き、とてもしっくりきているので、紹介します。

「相手の為にやってる!と思わず、自分の為にやる!」

例えば、家事をやるときに、二人の為にやっていると思うと、自分がこれだけやったのに、感謝もされない!と不満ができてくる。

でも、自分の生活を良くする為、快適にする為に、家事をしている。家具を買っている。と思えば、相手に不満を持たなくなる。

考え方次第ですが、僕は、家事をやっているとき、家族の為にやっていると思っていたので、感謝されない事に不満を覚える時がありました。しかし、自分の為に習慣的に家を綺麗にする!と思うようになってから、率先して家事をできるようになりました。

家事だけに限りませんが、自分と相手、しっかり切り分けて考える事で、相手の立場になって考えることもできるし、干渉しすぎず、相手を縛らない、自分の意見を押し付けないようになるので、これからも気をつけていきたいと思います。

では、最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
もくじ
閉じる