バンループについて

vanloop(バンループ)は、海外のバンライフに憧れて、日本一周旅を始めた1人のバンライファー(@sugataku66)が始めたメディアです。

海外のバンライフのお洒落さに憧れたのに、自分自身が憧れてない。そんな悩みを毎日抱えていました。

それなら、もっと海外バンライファーの情報を集めて、日本でもお洒落なバンライフができる様になろう!と情報収集を始めました。

運営者について

初めまして、すがたくと申します。

2018年に妻と出会い、一目惚れをして、スピード婚をしました。互いに旅する様なライフスタイルに憧れていたので、当時、持っていた車(軽自動車ハスラー)で日本一周にスタートしました。

旅をしながら、仕事はリモートワークで企業から仕事を頂いたり、ブログでの収入でバンライフの生活費を稼いでいました。

日本一周中に、住みやすそうな場所があれば、その件に住もう!と軽い気持ちでいましたが、日本一周の車での旅(バンライフ)が楽しくなり、もっと大きな車でバンライフをしたい!と思い、次は大きな車を購入して、内装をDIYできる様に、今は京都の山にある古民家でDIYのスキルを磨いています。

現在(コロナ禍)でバンライフを気軽にできない時期ですので、その期間に海外・日本のバンライフ情報を整理して、メディアで発信したいと思い、当メディアをスタートしました。

バンループでやりたいこと

バンループのコンテンツ
  1. 海外・日本バンライフの情報発信
  2. バンライフ車データベース
  3. バンライフグッズデータベース
  4. バンライフ無料写真データベース
  5. フリーランスでの稼ぎ方
2021年目標

世界のバンライフの魅力を日本で発信する

バンライフは、もともと海外のインスタグラム(#vanlife)で流行り、日本に流れてきました。

写真だけで見る「お洒落な海外のバンライフ」日本仕様に分かり易く翻訳されていたり、まとまっていたらいいのにな〜と思っていました

それなら、自分でやればいいんじゃない?と思い、海外の情報を収集しバンループで発信することにしました。

海外と日本での文化や環境・規制など違うので、噛み砕きながら簡単な情報発信をしていきます。

日本でのバンライフ情報を発信する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外バンライフと日本のバンライフの大きな違いは、道路や車中泊スポットにあります。

日本の道は狭く大きなバン・バス・キャンピングカーだとRoad tripしにくいのが現状です。

さらに、車中泊スポットもグレーと言われている道の駅などもあり、気軽に車中泊できる環境はまだまだ少ないです。

これからバンライフを始めよう!始めたい!と思う方が、バンループを見ることで問題解決ができるサイト作りをしています。

バンループの運営者は2年以上バンライフをしていたり、バンライフ関連の会社・メディアで仕事経験もありますので、日本でのバンライフ情報を発信していきます。

バンライフの魅力を広めたい!

近年、コロナ禍で家にいる時間が圧倒的に増えています。

すがたく

さすがにコロナ禍で県外に出れない時は、静かに留まっています。

どこにいても仕事ができる世の中になってきています。これからの時代の働き方は、比較的、どこでもできる様になってきています。

そんな時に、家を充実されるのもいいですが、せっかくならバンライフをしてみるのも良いと思います。

実際に、筆者は夏は北海道、冬は南下することで快適な気温で過ごしながら、様々な土地の景色・グルメを楽しみながらバンライフをしてきました。

日本って世界的にみると小さいけど、とても広かったことに気づき、もっと色んな場所に行ってみたい!と思いました。

普通に旅行をすると、日本のあちこち行くには、お金が大きくかかります。

また、密になることがあります。

しかし、車=家があれば、宿泊代・食費が節約できて、人が集まる場所を避けることができます。

ちょっとサバイバル的な体験もありますが、そんな体験もとても良い思い出になります。

バンループでは、実際にバンライフをしている方にインタビューもしていきます。様々なバンライフスタイル・物語を届けたい。

日本のバンライフ写真を増やしたい

バンライフと検索すると、海外のお洒落なバンライファーさんの写真ばかり。

日本人バンライファーさんを取材・撮影してもっと日本人バンライファーさんの写真を増やしたい!

日本人もお洒落なバンライフしてるな〜って海外のバンライファーさんに伝えたい!

日本のバンライフを通して、海外に魅力を逆に発信したい!

どこでも稼げるスキルを発信したい

筆者は、フリーランスでブログやWEBデザインやSNS運用などの仕事をしています。

MacBook ProとWifiがあれば、どこでも仕事ができるので、バンライフをしながら収入を作ることができます。

簡単なことではありませんが、一生懸命、継続して学ぶことで、少しづつお小遣いが生活費を稼げるくらいになります。

そして、次第に作業時間も効率的になったり、外注することも可能です。筆者は、まだ外注できるレベルではありませんが、パソコンだけで、生活できる様になりました。

バンライフをしたい!と思う方、1人でも多くに方に、実現して欲しいので、バンループでは、稼げるスキルについても発信していきます。

すがたく

バンライフで景色が良い場所に車を停めてコーヒーを飲みながら、パソコン作業は最高です。みんなに体験してもらいたい!

最後に

僕は27歳でバンライフを始めました。親からしたら、不安しかないと思います。

29歳になった今でも、親から心配の連絡をもらう事もあります。でも、一度の人生、後悔しないためにやりたいことはやりたい。

だから、どこでも仕事をできるスキルをつけながら、しっかりと収入の基盤を作りながら、今もバンライフを楽しんでいます。

バンライフをしている方も、これからバンライフをする方も、ぜひバンループで素敵な情報・体験をして頂けたら幸いです。