次から「ポタブルン」と検索してください!

【PowerArQ2比較】PowerArQと比べてみた。結局どっちがいいの?

PowerArQ2とPowerArQってどっちがいいの?容量はPowerArQの方が多そうだけど、比較して欲しい。

こんなお悩みを頂きました!PowerArQ2とPowerArQの比較やライバルになる他社製品との比較もしていきます。

 

ポタブルン
まずは、PowerArQ2とPowerArQの比較してくね〜
ポ・太郎
ライバルとの比較は、また追記してくね〜

PowerArQ2とPowerArQの比較

PowerArQ2・PowerArQ・PowerArQminiの比較表

製品名メーカー充電時間MPPTLEDライト容量定格出力最大出力バッテリーサイズ(cm)重量:約出力ポート数ACDCシガソケUSB-AUSB-C価格販売先
PowerArQ2SmartTap6-7時間対応520ルーメン500W/45Ah/11.1V300W450Wリチウムイオン電池29.5×19.5×19.16.2kg112口/50Hz,60Hz2口/12V,3A1/12V10A4口/5V,3A1口/PD45¥59,800Amazonで製品をみる
PowerArQSmartTap8-10時間120ルーメン626Wh/174Ah/3.6V300W500Wリチウムイオン電池30×24.2×19.36kg71口/60Hz2口/12V,10A1/12V10A3口/5V,2.1A¥66,000Amazonで製品詳細をみる
PowerArQ miniSmartTap6.5-8時間311Wh200W400Wリチウムイオン電池23×19.3×19.53.5kg41口/60Hz1口/13.3V,10A2口¥25,800

容量・出力面だけPowerArQ2とPowerArQを比べるとPowerArQ2の方が劣っているように見えますが、シリーズ最新だけあって、機能面がかなり実用的になっていて活用の幅が格段に上がっています。

容量比較|PowerArQ2とPowerArQを比較

容量を比較していきます

PowerArQ2

PowerArQ

定格容量

500Wh/135,000mAh

iPhone X(10.35Wh)約48回
MacBookPro 13(58.2Wh)約8.5回

626Wh/174,000mAh

iPhone X(10.35Wh)約60回
MacBookPro 12(58.2Wh)約10回

1Whあたり(コスパ)

119円

102円

容量だけで比較すると「PowerArQ」が勝っています。特に容量を重視する方におすすめです。シリーズトップの容量です。

 

出力比較|PowerArQ2とPowerArQを比較

出力性能やポート数、比較していきます

PowerArQ2

PowerArQ

定格出力/最大出力

300W/450W

450W未満、約120秒動作

300W/500W

基本的に300Wまで

周波数

50Hz/60Hz

50/60Hzに対応していて、ボタン長押しで切り替えができます

60Hz

AC出力で電化製品を利用する場合、変換もしくは60Hzのみ利用する

AC電圧/電流

100V/3A

日本仕様で問題なく利用できます。

100V/3A

日本仕様で問題なく利用できます。

ポート数

11

USB-Cとワイアレス充電も可能

7

特徴なし

最大出力では、PowerArQが勝るもの、周波数の50/60Hz対応・ポート数の豊富さ・最新の充電規格に対応しているなど、PowerArQ2は最先端なポータブル電源です。

充電比較|PowerArQ2とPowerArQを比較

本体充電性能(AC・ソーラー・シガーソケット)を比較

PowerArQ2

PowerArQ

AC充電速度

約6時間フル充電

早いですね

約8時間フル充電

容量が多い割に早い

ソーラー充電

約8時間フル充電

MPPT対応!ソーラーパネル(100W)利用時

約8時間フル充電

ソーラーパネル(100W)利用時

走行充電

約7時間フル充電

*SmartTap電圧変換ケーブル利用時

約9時間フル充電

*SmartTap電圧変換ケーブル利用時

充電速度に関しては、PowerArQ2の方が早い!MPPT対応しているのでソーラー充電の効率が良いです。

 

ソーラー充電について

SmartTap の 防水ソーラーパネル120W(STSL120M)が効率よく充電が可能です。

走行充電について

PowerArQ2は、付属のシガーソケットでの12V車の充電の場合、6時間で60%までの充電となり充電速度が落ちます。変換の効率を上げるために、SmartTap電圧変換プラグ「STSL300」を別途購入することで約7時間でフル充電が可能です。

 

|関連商品(STSL120M・STSL300)

評価|PowerArQ2とPowerArQの良いところ・悪いところ

良いところと悪にところ

PowerArQ2

PowerArQ

良い部分

コンパクトで多用途

容量を削る事でコンパクトになっただけでなく、多様な場面での実用性を考えて充電ポートの増加・規格の向上をしている。見ればわかるように持ち手が収納できてとてもコンパクトです。

容量重視の特化型

PowerArQは3つのライナップがありそれぞれ特徴があり、一番の容量を実現、用途が明確で容量を求めている方にベストアイテム

悪い部分

最新過ぎる?

ワイアレス充電を魅力にしていてすごい!筆者もワイアレスの凄さ・スマートさ・コードいらずを経験してますが、まだ対応しているデバイスを持っている人が少なく若者向けイメージ。(筆者個人、悪部分ではない)

パススルー非対応

容量が多くアウトドアでの利用も向いているのにソーラーの充電効率が良くない。また充電ポート数が少なく、複数人や多デバイスの充電・給電が柔軟にできない。

ポ・太郎

PowerArQ2の悪い部分、良い部分でしょ!?

ま〜使える人が少ないのは事実だね。

ポタブルン
iPhone X置いただけで、充電できてる〜〜〜

まとめ|PowerArQ2がおすすめ

車中泊経験や本記事の比較を通して、筆者はPowerArQ2をおすすめします。

 

理由は、3つあります。

  1. 出力ポート数の豊富さと急速規格対応
  2. LEDライトの明るさ向上
  3. ワイヤレス充電に対応

 

1|USB-Cが1口あり急速充電に対応

普段、MacBookProでの作業を家・車・アウトドア時にするのですが、USB-Cがない場合、ACからの充電になり効率が悪いのとAC接続を持ち歩くのが面倒です。

更に、AC部分はポート数がPowerArQでは1口、PowerArQ2では2口と少ないため、電化製品の給電に回したいのでUSB-CがありAC2口あるPowerArQ2が優れていると考えます。

 

2|LEDライトの明るさ向上

正直、どれくらいなの分からないと思うので、SmartTapの公式Twitterより抜粋しています。

120ルーメンから520ルーメンに改善されたのですが、このルーメンについて分からない方が多いと思います。ルーメンとは、光源が全方向に放射する光の量のことを示しています。

PowerArQ2のライトを利用することで、全体的に光が放射するので部分的ではなく、部屋全体が明るくなります。

 

災害時の停電・キャンプでの灯など懐中電灯のような部分的なライトだと周りが見えないので危ないです。より様々な環境で快適に利用することができるPowerArQ2の良さです。

 

3|ワイアレス充電に対応

つい最近、iPhone Xに変えてからワイアレス充電のストレスのなさを知ってしまいました。コード要らず、コードを繋ぐ必要さえない。

スマホを置く感覚で充電ができるので、定期的に充電ができます。うっかり充電忘れっていたって事がなくなりました。

ワイアレスをまだ持っていない場合、宝の持ち腐れになってしまいますが、今後買うもしくは、周りの人が持っていればぜひ、ワイアレス充電を使ってもらってください。

(ワイアレス充電なしにしても、PowerArQ2は優れています。)

 

|カラーバリエーションがPowerArQシリーズは豊富なので、ぜひチェックしてみてね

関連記事

PowerArQ2ポータブル電源の中でとにかくオシャレでカラーバリエーションが豊富な男女問はず人気なポータブル電源です。最新のワイヤレス充電や従来のモデルよりLEDライトの向上など、より機能的になり活用できる幅が広がりました![…]

関連記事

[caption id="" align="aligncenter" width="1000"] SmartTap PowerArQ[/caption] ポタブルンSmartTap PowerA[…]

0 0 vote
Article Rating

ポータブル電源のマニア(ポタブルン)が容量毎にポータブル電源を厳選しました。以外に難しい容量の正しい見方など、具体的な計算の仕方なども紹介しています。ポータブル電源ってどんな種類があって、自分に合う製品を探したい方へ!

最新2020年版を読む

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
更新通知を受け取る »
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments