【保存版】車中泊の楽しみ方|6ヶ月以上夫婦で車中泊生活している私達が教えます。

最近、車中泊流行ってるけど楽しさを知りたい

車中泊の楽しむ方法、教えて

車中泊での男女それぞれの楽しみ方が知りたい

本記事では、このような悩みが解決できます。

夫婦で半年以上、軽自動車のハスラーで車中泊生活をしているえりたく夫婦です。そんな私達が毎日楽しく車中泊する方法・実践している方法を話します。

本記事を読む事でさらに、車中泊が楽しくなります。

【保存版】車中泊の楽しみ方|6ヶ月以上夫婦で車中泊生活している私達が教えます。
えりたく
夫婦バンライファー
2019年4月より軽自動車のハスラーで車中泊をしながら全国を移動しています。フルリモートワークの為、旅先のカフェや車内で仕事しています。
スポンサーリンク

車中泊の最高な楽しみ方は、無駄な事を考えなくていい事

【保存版】車中泊の楽しみ方|6ヶ月以上夫婦で車中泊生活している私達が教えます。

旅行をするとなると、時間・料金・ルート・荷物などなど色々と考えることがあって、大変ですよね

車中泊旅行なら考えることが減り、ストレスフリーな旅になります

車中泊先の予約が不要なので、時間を気にしなくていい

ホテルや旅館を調べて、どこのレビューがいいのか・ご飯が美味しいのか?など色々と調べることがあります。

更に、人気なスポットだと早めに予約をしないと、最悪の場合、予約できない。なんて事も起きてしまいます。

15時にチェックイン・11時までにチェックアウト。せっかく旅をゆっくりしたいのに、時間に縛られる旅になります。

車中泊の場合、有料のスポットで宿泊しない限り予約や時間を気にする必要がありません。

ドライブや観光を思う存分楽しめます。

車中泊は、積みたいものを好きなだけ積める

電車やバスで旅に行くとなると、キャリーバッグに入る荷物にしないといけません。更に旅先でお土産を買う事を考えると、少し余裕を持たせて荷物を減らす必要があります。

荷物は常に持っていないと行けないので、気分転換に旅をしているのに、重たい荷物を常に持ち運ぶのも嫌ですよね。

車中泊の場合、寝れるスペースだけ確保できれば、あとは持っていたい物を好きなだけ積むことができます

例えば、パソコン・カメラ・充電器・おやつ・テント・ビール・水・コンロなどなど

バンライファー(車中泊を生活にしている方々)でテレビ・ゲーム・キックボード・折りたたみ自転車など積んでいる方もいらっしゃいます。

宿泊費が浮いた分、グルメや観光にお金を使える

宿泊費:1人一泊5,000~10,000が食費・観光に使えるとしたら、大分、贅沢な旅ができますね。

私たちは、旅先のカフェやグルメ、観光を堪能しています。

よく「車中泊している方は、旅先にお金を落とさない。」という声がありますが、宿泊代がグルメや観光などの体験に変わっているだけです

更に言うと、車中泊をしないと行かないスポットなどもあるので、有名な観光地への集中ではなく、分散ができます。

電車やバスの時間やルートを調べる必要がない

ナビで設定すれば、それでOK。と言っても渋滞にハマる場合がありますが、最近のナビやグーグルマップは頭がいいので、渋滞を回避してくれます。

電車やバスの場合、時間の縛りと人混みがあるので、そのストレスがない分、大分気持ちよく移動ができます。

移動中でも、フラッとお店に立ち寄ることや、景色を堪能する事も車だからできる事です。

スポンサーリンク

疲れたら、どこでも仮眠ができる

電車やバスでも仮眠をすることはできますが、到着したら降りないと行けません。目的地まで周りの目を気にしないと行けません。

車の場合は、コンビニや道の駅に駐車して、休憩をする事ができます。

休みたいときに、休める事がどれだけストレスがないか、実際に体験すると実感します。

私たちの場合は、景色が良いスポットに車を停めて気分転換しています。

常にプライベートな環境なので、旅先でもストレスが少ない

ホテルや旅館の良さも当然ありますが、周りの目を気にする必要があります。

車中泊の場合、自分の車の中なので、最低限のマナーを守れば好きな場所で好きな事ができます。

ホテルでのフロントのやり取り・荷物の入れ出し・宿泊者とのすれ違いなど一切ないので、常にオフな状態で入れるのもいいですね

移動する小さな部屋ですね。

ペットも一緒に旅ができる

車中泊生活をしていると、犬や猫を連れている方を多く見ます

ホテルや旅館ではペット同伴可能の宿泊施設を探す必要がありますが、車中泊の場合は、問題ありません。

ペットも飼い主さんと旅行できる事が楽しいのか、どの犬や猫ちゃんも楽しそうにしています

その風景を見るのが、車旅の楽しみの一つになっています。

車中泊実体験|楽しみ方は、何通りもある

【保存版】車中泊の楽しみ方|6ヶ月以上夫婦で車中泊生活している私達が教えます。

なんとなく「海が見たい」「温泉に入りたい」「自然が綺麗な場所に行きたい」が楽しくなる車中泊旅。

明確な目的地を決めなくても、大体の方向を決めれば成立しちゃうのが車中泊旅の良いところです。

温泉と海が見たいから熱海と伊豆へ行った

妻「海が見えて温泉に入れる場所に行きたい

私「熱海の方に行ってみようか

  1. 埼玉県から、静岡県熱海市の方に車を走らせました。
  2. 道中もなるべく海が見える道を選び、綺麗なスポットがあったら車を停めて2人で海を眺める。
  3. 熱海についたら、熱海ビーチの前のコインパーキングに停めて、砂浜を散策。
  4. 熱海商店がを散策してカフェで一息
  5. 夕方になってきたので、伊豆海が見える道の駅に車を走らせた。
  6. 伊豆道の駅「伊東マリンタウン」の入浴施設で海を見ながら入浴
  7. 朝は海と朝日を眺めながら、道の駅の周りを散歩
スポンサーリンク

自然に癒されたいから石川県能登半島を一周

妻「石川県の金沢以外で観光したいね

私「砂浜をドライブした後、能登半島一周しようか

  1. 千里浜なぎさドライブウェイで砂浜をドライブ
  2. 揚げ浜式塩づくり体験して塩ソフトを食べる
  3. 白米千枚田で写真映えスポット
  4. ゴジラ岩で海とゴジラ
  5. 能登半島最北端の禄剛崎で海を見る
  6. 能登半島の道の駅で車中泊

四国直島へフェリーで車ごと

妻「直島一周したいね

私「フェリーで車ごと行こっか

  1. 四国を堪能した後に、フェリーで直島へ
  2. 野外作品で写真撮影
  3. 温泉「I♥湯」銭湯とアートを堪能
  4. カフェで直島カレーを食べる
  5. 車を停めて、海を眺める
  6. 無料駐車場で車中泊

車内で夫婦で酒を飲み映画鑑賞

妻「今日は天気悪いから映画鑑賞したい

私「映画鑑賞しよっか

  1. コンビニに近いコインパーキングに車を停める
  2. 日中から車中泊の準備をする
  3. コンビニでお酒とつまみを買う
  4. 車内で好きな映画をパソコンで見放題
  5. 夕食は、近くの居酒屋で済ます
  6. 車に帰って来たら、また映画鑑賞

車中泊での悩みを解決

ボコボコで寝心地が悪い

フルフラットになる車でも多少の凹凸があります。少しでも凸凹を無くすために、車中泊マットやニトリの折りたたみマットを買う事で緩和できます。

2,3日くらいなら、普段家で使っているマットレス・布団・枕を積めば大丈夫です。段差が気になる場合は、クッションをマットレスの下に敷くと緩和できます。

車中泊の凸凹を緩和する方法は、【ハスラーで車中泊する方法】初心者でも簡単、今日から出来るようになりますにて解説しています。

トイレの不便

道の駅で車中泊をする際、トイレはありますが衛生的に大丈夫か?と思う場所もあります。

特に女性で虫が苦手な方は、車中泊先を選ぶ際、そのスポットのトイレが綺麗かを調べる必要があります。

泊まる車中泊先の「名前 トイレ」でGoogle検索すると体験談などが書いてありますので、参考にしてみてください。

新しい道の駅を選ぶと基本的にトイレ綺麗です。

安全面の問題

私たちは、車中泊でヤンキーに囲まれたことがあります。何もされませんでしたが、夜寝付けませんでした。

車上荒らし・絡まれる・覗かれるなど車中泊でのトラブルがたまにSNS上で上がっています。

公共の施設を利用する際は、不審者やホームレスもいる場合があるので、しっかりと安全面の対策が必要です。

ポイントとしては、

  • 常に鍵を閉める
  • 車内を見えないようにサンシェードなどで隠す
  • 外に靴やゴミを置かない
  • 手が入るほど、窓を開けない

2人で車中泊をしている場合で、片方がトイレに行く場合でも鍵を閉めるようにしましょう。車に残された方は、他人がドアを開けても気づかない場合があります。

フロントガラスだけでなく、全ての窓の目隠しする事で、覗き防止になります。少しでも見えるようになっていると、車内がどうなっているのかを確認しに来るおじさんなどいます。

私たちも最初、目隠しをしないで車中泊していたら、おじさんに外から覗かれ、声をかけられました。

車中泊先の安全面を考えると、民駐での車中泊がおすすめです。

民駐体験談は、【Carstayで車中泊の仕方】日本全国の車中泊スポットが検索出来て予約までできるサービスレビューで紹介しています。

まとめ

いかがでしたか?車中泊は自由度が高い分、悩むことがある事がありますが、実際にスタートしてみれば楽しめます。

最初の不慣れな車中泊もいい思い出になるので、まずはトレイですね!

私たち夫婦は、これからも車中泊生活を継続していく予定です。好きな人と好きな場所で好きな事が実現できるのが「車中泊」の良さです

皆さんもぜひ、楽しんでみてください。

車中泊マナーをまるごと学ぶなら【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)にて私の実体験を元にまとめています。
スポンサーリンク
avatar
  Subscribe  
Notify of