日本全国車中泊スポット検索サイト

ハスラーで快適に車中泊する方法!

今回は、軽自動車ハスラーで簡単に車中泊をする方法をご紹介いたします。

こんな方におすすめ!

  • ハスラーで車中泊をしてみたい!
  • ハスラー持ってるけど車中泊できるの!?
  • ハスラーを買おうか迷ってる!
  • 軽自動車でコンパクトに車中泊をしてみたい!

ハスラー車中泊について、本記事は実際にハスラーで車中泊生活をする私たち夫婦の体験を元に執筆しています。

*ハスラーのモデルにより、多少車内の構造が変わる場合があります。車中泊をするハスラーのモデルを確認してからお試し下さい。

執筆者
えりたく 夫婦

えりたく夫婦

年間200日以上、車中泊をしているえりたく夫婦です。2019年4月より車中泊生活をはじめ、車中泊ノウハウや車中泊関連の情報をこちらのブログ(vanloop)とYouTube(えりたく夫婦)で発信をしています。
実績:TBS/カーネル/CARトップ/ドゥーパ/パーソル/など

ハスラーのモデルは、Jスタイル2|カラーは、ブラックパープル・ルーフホワイトです。

ハスラーで車中泊するには、布団と枕とクッションだけ。

私たちは、長期で車中泊生活をしている為、いかに車を家のようにするか?を考えた結果、家で使っていた布団を積むことで、ストレスなく快適に睡眠が出来ることに気づきました。

ハスラーの車内サイズ|ほぼセミダブルベット

【ハスラーの車内】
奥行き:210cm
幅:110cm
高さ:85cm
【セミダブルベッド】
奥行き:195cm
幅:120cm
マットレス等を選ぶ際の、目安に役立ててください。

ハスラー車中泊は、ニトリのマットレスが最適解です

車中泊旅をはじめて半年くらい経った辺りから、疲れが取れにくくなり、最終的にエコノミー症候群になってしまいました。

理由は、長距離運転とマットです。マットは、クッション性があるものが良く、ニトリのマットレスが特に体に負担がなく、疲れが取れるようになりました。

▼コンパクトでおすすめ

▼寝心地を一番に考える方

二つ組み合わせると、更に快適に寝ることができます。その分、収納スペースが減ります。

ハスラーで車中泊の準備をする

ハスラーで車中泊する場合、前のシート(運転席と助手席)を完全に倒さないと寝ることができません。

【フルフラットにするまでの時間】3分~8分程度

  1. 前席を最大限前までスライド
  2. 後部座席を最大限後ろまでスライドして倒す
  3. 荷物を後部座席の足元に収納
  4. 前席を倒してフラットにする
  5. 前席の座面部分の段差をクッションで緩和する
  6. 布団を敷いて車中泊の準備完了

ハスラーをフルフラットにして荷物を収納するスペース確保

ヘッドレスト(車シートの頭部分)は、フルフラットにする際に邪魔になる為、取り外し後部座席の足元に収納します。

ヘッドレストの取り外しに手こずる方が多いみたいで、私も慣れるまでは、ヘッドレストを取り外すだけで、2,3分かかっていました。後部座席は、常に外しています。

ハスラー車中泊旅の荷物を収納して布団を敷く

私たち二人分の荷物が全て収納できます。感覚としては、ノーマルサイズのキャリーバッグが二つ収まる。

注意点としては、キャリーバッグの様にケースが硬いものは不向きです。私たちは、リュックやショルダーバッグで柔らかい素材の物を使っています。

一度、布団を敷いてしまうと収納した荷物が取り出せないので、フロントガラスの前のスペースにすぐ使うもの(パソコンなど)を置いています。

フルフラットにして車中泊の準備完了です

運転席側は、ハンドルがあるので男性は足があたる場合があります。
私(拓也)は、174cmですが足がハンドルに当たるので、助手席側で寝て、妻が運転席側で寝る様にしています。

寝るだけじゃなく、車内で作業もできる快適な空間です。

フルフラットにして布団を敷いたら、車内全てが布団になってしまいますが、布団の上に座ってパソコンの作業をしたり、横になりながら作業をすることができます。

晴れた日は、リアウィンドウ(一番後ろのドア)を開けて、座りながら作業をしています。

ハスラーは、リアウィンドウのすぐ横にシガーソケットがあるので車中泊には便利です。

【まとめ】ハスラーで車中泊をしてみよう!

車中泊やバンライフが流行っていて、キャンピングカーやハイエースの様な大きな車で本格的にする方が増えています。

最初から、大きな車で車中泊をするのは、お金がかかるし、そもそも準備が大変です。

まずは、レンタカーでも良いので、軽自動車のハスラーやその他のモデル(車中泊が簡単に出来る)で試してみる事で車中泊の楽しさを簡単に体験することができます。