【2021年】おすすめのポータブル電源

【BLUETTI EB70レビュー】ポータブル電源で特に安全性が高いバッテリー搭載した最新モデル

URLをコピーする
URLをコピーしました!
サルさん

最近は、おしゃれなポータブル電源を集めるのが趣味になりつつあるポタブルンです。

今回紹介するポータブル電源は、ポータブル電源メーカーとして世界的に有名な「BLUETTI(ブーティ)」の最新モデル「EB70」という高性能なポータブル電源です。

BLUETTI EB70は、リチウムイオン電池の中でとにかく安全性が高いリン酸鉄リチウムを搭載していて、従来のポータブル電源に搭載されているバッテリーよりもサイクル寿命が5倍以上も長い2500回という点が魅力的です。

容量と出力の性能は、ちょうど良い716Wh/700Wというスペックで、普段使いからアウトドア・車中泊、災害時の利用の全てに対応できるバランスの良いポータブル電源です。

現在、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にて最大40%オフで購入できますので、製品を検討されている方は、合わせてクラファンのページもご覧ください!

メーカー様より、製品を提供いただきレビューしています。良い点だけでなく、マイナス点もしっかりと記載することを心がけております。

サル君

BLUETTI ポータブル電源 EB70海外でクラファンしている時から気になってたので、ようやく実機レビューができる!とても嬉しいです

タップできる目次

BLUETTI(ブルーティ)とは

BLUETTI 本社

BLUETTI(ブルーティ)はパワーオーク株式会社の蓄電池ブランドです。

本社は中国深センにあり、リチウムイオン電池とBMS(電池管理システム)の製造における技術は、とても実績・信頼が高く、様々なポータブル電源ブランドへのODM製造している会社です。

ポータブル電源の蓄電システム、太陽光発電システム、風力発電システム、家庭向けオフグリッドシステムなどの分野に優れています。

日本法人は、2019年に横浜でスタートし経済産業省グッドデザイン賞や楽天新人ショップ賞など数々の分野で賞を得ています。

サル君

BLUETTIのパンフレットを見ると、見たことがあるデザインのポータブル電源がたくさんあるよね!

サルさん

ほとんどのポータブル電源のブランドは、PowerOakの技術なしでは、製品づくりができないレベルだからね。

ポータブル電源のメーカーとして、今まではODM製造がほとんどでしたが、近年、自社ブランドの製品づくりにも力を入れ出しています。

メーカー自体がブランドを立ち上げて、開発から製造までしているのは、信頼できる一番のポイントです

BLUETTI ポータブル電源 EB70は本当に安全か?

BLUETTI ポータブル電源 EB70の安全性がとにかく高い!と製品ページに記載せれていますが、本当にそうなのか?を詳しく解説していきます。

結論から言うと、安全性はとても高いです。

BLUETTI ポータブル電源 EB70に採用されている「リン酸鉄リチウム」電池は、リチウムイオン電池の中でもっとも安全性が高く、電池の寿命が長いことが特徴です。

しかも、リン酸リチウム電池の中でもプレミアム版リン酸鉄リチウムを使用しているので、充電サイクルは2500回です。

BLUETTI EB70 より

LiFePO4
リン酸鉄リチウム電池の特徴

  • 安全性が高い
  • 電池の寿命が長い
  • 低温環境での性能が優れている
  • 放電中の電圧変化が少ない
  • 環境に優しい

サイクル充電
リチウムイオン電池の素材別

  • マンガン酸リチウム:約500回
  • 三元系:約700回
  • 一般的なリン酸鉄リチウム:約2000回
  • プレミアムリン酸鉄リチウム:約2500回

BLUETTI EB70は、安全性と電池寿命がトップクラス

サルさん

2021年のポータブル電源のトレンドは、リン酸鉄リチウムイオン電池になりそうだね!

サル君

2020年は、大容量で高出力の大型ポータブル電源がトレンドだったね。

リン酸鉄リチウムイオン電池の素材は、環境に優しいのもおすすめな点だね!

安全性が高くても、地球環境に悪い!ってのは本末転倒だし、自信持っておすすめできない。

リン酸鉄リチウム電池は、地球環境に優しい
コバルトやニッケルなどの希少金属を素材にしているリチウムイオン電池に比べ、リンや鉄は、資源が豊富な為、地球環境に負担をかけずに、作り出すことができる優れもの

バッテリーマネージメントシステムなどの自動制御が豊富

近年、発売されているポータブル電源のほとんどは、自動制御(BMS)搭載されていますが、BLUETTI ポータブル電源の強みとしては、自社でBMSを開発している点です。

サルさん

使う側がバッテリーの知識なくても、故障や事故のリスクを事前に制御してくれるので、安心〜

BLUETTI ポータブル電源 EB70の主要部(システム)全て独自のノウハウと安全技術に基づいて開発しています。バッテリーの種類が安全だけでなく、その他のシステム部分も安全性が高いってことです。

BLUETTI ポータブル電源 EB70の活用方法は?

容量と出力性能、サイズがちょうど良く、デザイン性も優れているので、普段使い・アウトドア、キャンプ・車中泊・災害時の全てに対応しています!

ポータブル電源は、容量によって、使い方が大きく制限される場合が多い

  • 少容量ポータブル電源(300Wh未満)普段使い
    容量が少ない為、家電には不向きでスマホなどの小さいデバイスの充電専用
  • 中容量ポータブル電源(700Wh未満)アウトドア
    アウトドア、キャンプでの小型家電の利用に最適です。数日間の旅でも活躍
  • 大容量ポータブル電源(1000Wh以上)車中泊や災害時
    大型の為、持ち運びに不向き。家庭用家電などの高出力に対応

BLUETTI ポータブル電源 EB70は、中容量と大容量の間でちょうど良いサイズ感です。

BLUETTI EB70はちょうど良い

  • 容量:716Wh
  • 出力:700W
  • サイズ:320x217x222mm
  • 重量:9.7kg

持ち運びができるコンパクトさと数日間利用ができる容量が魅力的です。

また、普段使いしやすい設計で、USB-AとUSB-C、さらにワイアレス充電に対応しています。USB-Cは100Wまで対応(PD3.0)しているので、MacBookやiPad Proへの急速充電ができます。

キャンプや車中泊では、電気毛布をはじめ、サーキュレーター、クッカー、小型冷蔵庫など利用できます!

サルさん

普段使いしているとサイクル充電が従来の500回前後だと勿体無く感じるけど、BLUETTI EB70は、2500回以上も使えるから、普段からバリバリ使っても末長く使えます!

BLUETTI ポータブル電源 EB70の外観はおしゃれなデザイン3色

ポータブル電源は、機械的なデザインが多く男性向きなデザインですが、BLUETTI ポータブル電源 EB70は、シンプルでありながら、おしゃれなデザインなので、普段使いやキャンプで使っても自慢できるデザインです!

上面がフラットになるデザインも普段使いでの利用をしっかり考えられててナイスなポイントです。

サルさん

男女問はず、選べる絶妙なラインのデザイン性は素晴らしい。

製品プロモーションムービーも素敵です!製品をゴリゴリ紹介するのではなく、男性と女性の出会いから結婚までのストーリーの中で普段使いの提案をしています。

BLUETTI ポータブル電源 EB70の付属品セット

BLUETTI EB70を購入した場合の付属品

BLUETTI ポータブル電源 EB70
付属品

  1. 取扱説明書
  2. 保証カード(2年保証)
  3. ACアダプター
  4. 車載用充電ケーブル
  5. MC4ソーラー充電ケーブル

※ソーラー充電する場合、別途ソーラーパネルが必要となります。

おすすめの購入セット

  1. BLUETTI EB70
  2. BLUETTI SP 120 ソーラパネル 120W

BLUETTI EB70は、ソーラー充電からの効率が良い(MTTP搭載)ので、同じメーカーのソーラーパネルとセット購入することで、効率よく充電ができます。

ソーラー充電できると、使える用途はさらに広がります。

BLUETTI SP120で日中にソーラー充電したら、90W前後で安定していました。

BLUETTI ポータブル電源 EB70の出力性能(W)で使える家電は?

BLUETTI ポータブル電源 EB70(容量716Wh/出力700W)で問題なく利用できる家電と利用できない家電をまとめました。

利用できる家電
利用できない家電
  • テレビ
  • 洗濯機
  • ミキサー
  • コーヒーメーカー
  • たこ焼き機
  • 扇風機
  • 空気清浄機
  • こたつ
  • 石油ストーブ
  • ヘアアイロン
  • 電子レンジ
  • IHクッキングヒーター
  • 電子ケトル
  • ホットプレート
  • エアコン
  • トースター
  • アイロン
  • ドライヤー
  • 炊飯器
  • 掃除機

クリックで移動します
家電の動作確認一覧をみる

※利用できない家電でもメーカー機種や強弱によって出力が異なるので、あくまで参考にしてください。

利用できない家電でも車載用やアウトドア用の出力が小さいモデルがあるので、車中泊やキャンプ専用の家電はほとんど利用ができます

BLUETTI EB70 で使える
おすすめのアウトドア家電

使う家電を工夫すれば、ほとんどの家電が利用できます。

サルさん

わざわざ出力が高い家電を使うより、車載用やアウトドア用の小型家電を使えば、利用回数や時間も増えるから、電気の節電にもなるね!

サル君

災害時のことを考えると、家庭用家電は持ち運びができないから、小型家電持ってれば、アウトドアや車中泊でも使えて、災害時の避難先でも使えるね!

BLUETTI EB70で実際に使える容量は、約608Wh

BLUETTI公式が出している各種デバイス・電化製品の利用時間や回数を見ると、スマートフォンが約60回の利用ということで、BLUETTI ポータブル電源 EB70の実際に利用できる容量、放電深度(約85%)と仮定します。

放電深度(DOD)は、サイクル寿命を伸ばすためバッテリーの劣化を防ぐ、自動保護機能です。

放電深度(85%)
正しい容量を計算する!

BLUETTI ポータブル電源 EB70(716Wh)× 放電深度(0.85)= 608.6Wh

サルさん

容量をごまかしている訳ではなく、バッテリーを保護するために、制御しているだけです!

出力ポートは、12口で同時に多数の家電が利用可能です

出力ポート
BLUETTI ポータブル電源 EB70

  • AC:4口
  • USB:4口
    (USB-C×2/USB-A×2)
  • DC:2口
  • シガーソケット:1口
  • ワイアレス:1口

複数人でのスマホやノートパソコンの充電ができます!

サルさん

一台持っていると、一緒にキャンプする方にめっちゃ感謝されます!

家電の動作確認一覧

料理系家電動作結果消費電力
電子レンジ700Wまで1000〜1400W
IH中まで500W〜2000W
炊飯器エラー450W〜900W
電子ケトルエラー900W〜1300W
ホットプレートエラー1300W
冷蔵庫エラー100W〜1000W
たこ焼き機利用できます700W
ミキサー利用できます100W
コーヒーメーカー利用できます450〜600W
トースター動作しない1200W
生活家電動作結果消費電力
扇風機利用できます40W〜60W
空気清浄機利用できます10W〜70W
加湿器利用できます20W〜300W
アイロンエラー1200W〜1400W
洗濯機利用できます500W〜600W
掃除機エラー1000W
エアコンエラー45W〜2000W
こたつ利用できます300W〜600W
デスク電気スタンド(LED)利用できます6W
石油ストーブ利用できます10W〜450W
ホットカーペット中まで500W〜800W
ドライヤーエラー600W〜1200W
ヘアアイロン利用できます44W〜240W
温水洗浄便座未確認300W〜700W
車中泊で利用する家電動作確認消費電力
テレビ利用できます15W
電気毛布 2枚利用できます60W
サーキュレーター利用できます30W
小型炊飯器利用できます200W
電子レンジエラー1000W
トースターエラー1000W
電気ポットエラー1200W
車載用クッカー利用できます200W
小型ヒーター利用できます300W
車載用ミニ冷蔵庫利用できます70W〜80W
ランタン利用できます20Wh(容量)
コードレス掃除機利用できます65Wh(容量)
ポータブル空気清浄機利用できます1.9W
キャンプで利用する家電動作確認消費電力
ランタン利用できます20Wh(容量)
サーキュレーター利用できます30W
電気毛布利用できます30W
一眼レフ利用できます15Wh(容量)
ワイアレススピーカー利用できます20Wh(容量)
コンパクトホットプレートエラー1200W
電子ケトルエラー1000W
コードレス掃除機利用できます65Wh(容量)
小型プロジェクター利用できます55W

BLUETTI ポータブル電源 EB70の容量(716Wh)の充電は4種類

BLUETTI ポータブル電源 EB70
充電方法

  1. AC充電(最短3.75時間)
  2. ソーラー充電(最大200W)
  3. カー充電
  4. 発電機からの充電

発電機からの充電は、滅多に使わないので、従来のポータブル電源と充電方法は変わりません。

 AC充電は同容量ポータブル電源の中でトップレベルの速さ

AC充電が約4時間でフル充電は、早いですね〜。同容量(700Wh)クラスだと6時間以上の充電時間がほとんどです。

ポータブル電源で充電が圧倒的に早い「EcoFlow」の「R600」「EFDELTA」は2時間未満でフル充電できますが、その他メーカーに比べるとBLUETTI ポータブル電源 EB70は断然早いです!

また、AC充電中に専用アダプターがとても熱くなることがありますが、BLUETTI ポータブル電源 EB70のアダプターには、熱を逃すファンが付いているので、比較的熱くならない点も良いポイントです。

同容量だとJackery ポータブル電源 700のACアダプターが充電中に熱くなる口コミが多数上がっています。
※故障ではないので、問題なく利用できます。

一点、AC充電で問題をあげるとしたら、アダプターが大きいことです!仕方ないことですが、アダプターの大きい部分がポータブル電源に内蔵されている他者製品もあるので、今後はアダプターの小型化に期待しています。

ソーラー充電は、効率的な「MPPT」採用

MPPT(最大電力点追従)とは、不安定な気象条件でも安定して発電ができる仕組みです。

ソーラー充電は、12Vから28Vまでの電圧範囲に対応していて最大200Wまでの入力に対応しています。

MPPTも搭載されているので、ソーラー充電も実用的な充電方法です。

ソーラー充電を検討されている方は、BLUETTI のソーラーパネルがおすすめです!コンパクトさ変換効率と防水性に優れています。

BLUETTI SP120(ソーラーパネル)

  • 変換効率:23%
  • 防水:対応
  • 電力:120W
  • 重量:4.3kg

日中にソーラーパネルで充電した時、90W前後で安定していました。

ソーラーパネルで0%〜100%までのフル充電は現実的ではないので、屋外のアウトドア、車中泊の時に補助としてソーラーパネルで充電がおすすめです。

同時充放電(充電しながら給電すること)が可能なので、ソーラー充電しながら、スマホを充電したり、家電を使ったりもできます

サルさん

キャンプは、夜に電気をたくさん使うので、日中ソーラー充電しながらの利用がおすすめです!

まとめ|BLUETTI ポータブル電源 EB70は、買いです!

30台以上、ポータブル電源を使ってきましたが、今現在で一番使い勝手が良い製品だと考えます!

昨年は大容量ポータブル電源が各メーカーで続々と発売され、今年も大容量ポータブル電源は新しいモデルが続々と出てくることでしょう。しかし、中容量と大容量の間のちょうど良いスペックは、いまだに少なく、安全性も申し分ない!と断言できるものがありません。

しかし、BLUETTI ポータブル電源 EB70は、安全性を大幅に向上するだけでなく、デザイン性、あらゆる用途での利用ができるちょうど良いスペックの提案をしてきました。

サルさん

まだポータブル電源持っていない方、新しいポータブル電源に乗り換えようとしている方にぜひおすすめします!

BLUETTI EB70のおすすめな点

BLUETTI ポータブル電源 EB70
おすすめできる点

  1. 安全性がとにかく高い(リン酸鉄リチウムイオン電池)
  2. バッテリーの寿命が長い(サイクル充電2500回)
  3. ちょうど良い容量(716Wh)
  4. デザインがシンプルでおしゃれ
  5. USB-Cが2口あり急速充電に対応(PD3.0)
  6. ワイアレス充電に対応
  7. 世界各国の安全基準をクリア(PSEを始め)
  8. 自社開発製造の信頼と安心感

BLUETTI EB70の気になる点

BLUETTI ポータブル電源 EB70
気になる点

  1. 持ち手部分が安いっぽい
    9.7kgと軽量とは言えないので、グリップをつけるなど、滑り止めをつけたり、持ちやすい設計にして欲しかった。
  2. ワイアレス充電部分に滑り止めがない
    車移動中やキャンプのテーブルで使っていた時に、多少の揺れでも充電中のスマホが移動するので、滑り止めがついていたり、上面がゴム製だったらよかった

【購入方法】BLUETTI EB70は、クラファン(campfire)で40%オフでお得

現在、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行販売40%オフで購入できます。

サルさん

販売数には限りがあるので、気になる方は、ぜひご覧ください〜

プロジェクトが終わってからの出荷になるので、早くて2021年3月中に届きます。

BLUETTI(ブルーティ)
現在、クラウドファンディングで先行販売(40%オフ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・保存はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント・質問をする

コメントする

タップできる目次
閉じる