【2021年】おすすめのポータブル電源

【2021年】最強のポータブル電源どれ?おすすめランキング徹底比較【大容量も】– 2021 BEST BUY –

サルさん

36台ポータブル電源を持っているポタブルンです。

2021年で最強なベストバイのポータブル電源を選んでいきます。

最新機種も入れていますので、他の記事にはない新しいランキングになっています!

比較検証基準は、4つ
  1. 電池容量
    十分に使える電池容量
  2. 機能性の高さ
    様々な用途で利用ができる
  3. 携帯性の高さ
    持ち運びができる重量サイズ
  4. 安全性
    安全性と販売元の信頼
2021年のおすすめはどれだ!?

ポータブル電源は、年々新しい機種が出ていて、性能面でもどんどん向上しています。

これからポータブル電源を購入しようと考えている方に、参考になるように体を張って検証していきます。

メディア、YouTubeなど案件によって優遇している場合がありますのでご注意ください。本メディアでは優遇せずに1人の消費者として記載していきます。

実際に、販売メーカー様とやりとりをして信頼・安心できると判断したメーカー様のポータブル電源のみを紹介しています。

トピック
タップできる目次

筆者について|ポータブル電源専門家としてイベントに出店をしています。

イベント出店時の様子
イベント出店時の様子
【筆者】ポータブル電源専門家
  • ポータブル電源36台所持
  • イベント出店実績
  • メディア掲載実績
  • 当メディア運営者
初めまして

ポータブル電源専門メディア「ポタブルン」を運営しています。

私は、2019年よりバンライフ(車中泊生活)をはじめ、そこでポータブル電源を使いはじめたのがきっかけで現在では、30台以上のポータブル電源を持っています

メディア運営だけでなく、イベント出店の依頼も増えてきましたので、2021年も引き続き「ポータブル電源専門家」として活動をしていきます。

ポータブル電源は、防災・アウトドア・車中泊・ワーケーション・屋外作業など様々な電気がない環境でも問題なく電源を確保できる素晴らしい機械です。

2020年〜2021年は、どんどん新しい機種が海外から発売されていて、日本でもクラウドファンディングの嵐になります。

ポータブル電源は、一家に一台あると便利ですが、どれを買えばいいのか?分かりません。という質問をよく頂きます。

誰にでもおすすめできる万能なポータブル電源もありますが、利用する方が実際にどんな環境でどれくらい利用したいのか?でおすすめするポータブル電源が変わってきます。また予算によっても大きく変わってきます

本記事では、極力、皆さんの要望に合わせてご提案できるように様々な視点で「2021年最強なポータブル電源」を紹介していきます

2021年ポータブル電源の選び方

比較基準
  1. 電池容量
    十分に使える電池容量
  2. 機能面
    様々な用途で利用できる機能性
  3. 携帯性
    持ち運びができる重量サイズ
  4. 安全性
    安全性と販売元の信頼
安全面は特に大切だね

選ぶポイントとしては、大きく分けて4つですが、更に細かく分けて比較していきます。

項目備考
電池容量で選ぶ※使う用途を明確にして必要な容量を明確にする
放電深度(DOD)実際に利用できる容量範囲を計算する
-アウトドア300Wh~
-車中泊600Wh~
-防災1000Wh~
機能面で選ぶ
-出力性能300W/500W/1000W未満/1000W以上
-出力波型正弦波・修正正弦波
-出力ポートAC/USB-A/USB-C/シガーソケット/ワイアレス
-充電性能AC充電/ソーラーパネル充電/シガーソケット充電
携帯性で選ぶ
-重量で選ぶ3kg~/5kg~/10kg~
-サイズで選ぶ30cm/40cm/50cm~
安全性と信頼
-価格で選ぶ3万円~/6万円~/10万円
-安全性PSE検査合格
-メーカーへの信頼信頼できるメーカーか?
-メーカー保証保証の有無
-アフターサポートどの範囲サポートしてくれるのか
選ぶ基準

❶電池容量で選ぶ!目安は300Wh/600Wh/1000Wh

大容量なポータブル電源が欲しいけど高い・・・そんな声をいつも頂きます。

確かに、近年発売されている大容量ポータブル電源は10万円以上の機種が多く、簡単には手を出せないのが事実です。

実際に、大容量(1000Wh)のポータブル電源を購入しても使い切らなずに持て余してしまう方がほとんどです。

利用する環境・家電を具体的にする事で最適なポータブル電源を選ぶことができます。

ポータブル電源を容量で選ぶ

  • アウトドアで使いたい(300Wh~)
    1泊程度のキャンプや外出時に
  • 車中泊で使いたい(600Wh~)
    一泊以上の車中泊での利用
  • 非常時に使いたい(1000Wh~)
    防災グッズとして備えたい

ポータブル電源で使いたい容量・用途を明確にする

サルさん

実際に利用する家電がどのくらいの容量・消費電力があるのか?を明確にする事でより具体的に必要な容量が分かります。

例えば、iPhone X・電気毛布・小型扇風機・電気ランタンを主に使いたい!場合、最低限どれくらいの容量があればいいのか?を確認していきます。

10Wh(1回フル充電)
30Wh(中)
18Wh(1回フル充電)
18Wh(1回フル充電)

それぞれの容量を足し算していきます。

最低限必要な容量 = 10Wh+(30Wh×5時間)+18Wh+18Wh

最低限必要な容量 = 196Wh

上記はソロキャンプを想定しています。テント内の寝袋で寝る場合を想定しています。

寝袋の中に電気毛布を入れると電気を節約できます。

上記の数値は、もっとも最低限の数値です。ポータブル電源は、利用環境や温度によって消耗しやすくなる場合があるので、考慮するとポータブル電源の容量200Wh〜300Whあると安心して1人で1泊の利用ができます

サルさん

1泊くらいのアウトドアなら容量300Wh・500Whくらいがちょうど良い感じ

極端に寒い暑い環境でポータブル電源をむき出しで利用すると、バッテリーの消耗・劣化の原因になる場合があります。スマホなどの蓄電池を搭載している電化製品は同じ現象がおきます。排気口を塞がずに断熱してあげると節電になります。

❷機能面で選ぶ!定格出力がキモ500W前後が安定!

使いたい家電で例えば、電気毛布は1時間あたり40Whの消費電力なので、ほとんどのポータブル電源で利用ができますが、電気ケトルや電子レンジなどは1000Wを超える高出力家電なので、定格1000W以上のポータブル電源でないと利用することができません

例えば、下記のように高出力家電を利用したい場合は、定格1000W以上のポータブル電源を選ぶ必要があります。

1000W

高出力

1200W

高出力

1300W

高出力

600Wh

中出力

非常時や車中泊で数ヶ月の旅生活をしたい!と考えるならば、高出力なポータブル電源が必要になりますが、普段の利用、アウトドア、車中泊(数日間)、屋外での作業、ワーケーション目的ならば、300W〜500W前後の中出力のポータブル電源で事足ります

非常時のことも考えてと大容量ポータブル電源を選ぶと、サイズが大きく、重量もあるので、日常的に使うのがストレスになります。

ポータブル電源は、ポータブル(携帯性)であることも重要なポイントですので、出力性能は低めに設定して、例えば、料理をしたい場合は、アウトドアのガスコンロでまかなったり、出力が低いミニ家電(車載用)を選ぶことでコスパよくあらゆる家電が利用できます。

シガーソケットで使える低出力の家電で補う

熱を発する家電は、出力が高く「1000W以上」消費電力が多いため、ポータブル電源で利用できたとしても、大幅に容量を削ることになります。

車載用の小さい家電なら、出力が低く定格出力が高くないポータブル電源でも利用ができます。また、容量を節約できるので、おすすめです。

低出力で使える
おすすめのシガーソケット家電

車載用家電は、出力が低いので電気を節約できます。

サルさん

30台以上のポータブル電源を日常から旅中など使っていますが、500W前後の出力性能が一番扱いやすいと思います。

サル君

防災対策!とだけ考えるならば大容量・高出力ポータブル電源を選びがちですが、持ち運びが難しいので、非常時、持っていけるか?問題がありますね。

出力ポートの種類や数で選ぶ!AC出力・DC出力・USB出力が十分にあるか

RIVER 600 MAX

容量と定格出力の次に大事な機能は「出力ポートの種類・数」です。

出力ポートの主な種類

  • AC
  • USB-A
  • USB-C
  • DC
  • シガーソケット
  • ワイアレス

ポート数が少ないと、同時に複数のデバイス・家電の利用ができないので、不便です。

特にアウトドア・車中泊・屋外作業・ワーケションでは、USBからスマホ、WiFi、ノートパソコンを充電して、ACコンセントからサーキュレーター、電気毛布、クッカーなどを同時に利用する場合があります。

複数人で利用する場合のことも考えると、最低でもそれぞれのポートが2つ以上あるのがベストです。

DCやシガーソケットは、あまり利用しないので最悪なくてもOKです。

最低限必要な出力ポート

  • AC:2口
  • USB:2口以上
    USBは、急速充電に対応していると尚良い

充電速度は、6時間未満がベスト!シガーソケットやソーラーパネル充電も確認

RIVER 600 MAX 充電の様子

ポータブル電源にはリチウムイオン電池が内蔵されています。従来のポータブル電源は、充電速度がとにかく遅く半日ほどかかるものがほとんどでした。

正直、半日もかかるポータブル電源は、万が一充電を忘れてしまった場合、全く使えないただの重い箱になってしまいます。

更に、AC充電以外のシガーソケット充電やソーラーパネル充電の性能も低い場合が多く、いざという時に使えない事がほとんどです。

近年の最新種は比較的、充電速度が改善され6時間切るポータブル電源が出てきていますので「充電性能」もしっかり検討項目として見るようにしましょう。

❸携帯性で選ぶ!重量とサイズは持ち運びに向いているか?を検討

R500 と EFDELTA

利用する用途・環境にもよりますが、軽量でコンパクトなほど使い勝手は良いです。

許容範囲は、重量15kg未満、サイズ40cm以下です。

上記の写真の下にあるポータブル電源(EFDELTA)が13.6kgでサイズ400×210×270mmです。

2019年から普段づかいをしていますが、持ち運びが最低限できて、場所も取らないギリギリのサイズです。

軽自動車ハスラーに積む場合、後部座席の足元に収納ができます。

サルさん

大きめのポータブル電源なら真四角より長方形の方が収納しやすいです!

➍安全性とメーカーの信頼は大丈夫か?

ポータブル電源は、ほとんどが中国で製造されています。日本で販売しているメーカーや会社がある場合もありますが、販売元がどこか分からない場合もあります。

その場合、保証がなかったり、そもそもメーカーが信頼できない場合など、一番最悪なのは、アフターサポートが全くなく、日本人が対応してくれない事です。

中国人のカタコトな日本語で対応される場合もあります。

サルさん

海外メーカーでも日本語をしっかりと話せる方が対応してくれる場合もあります。

本記事で紹介しているポータブル電源は、実際に販売元(メーカー、会社)の担当者と筆者がやりとり経験があり信頼できる!と判断したメーカーのポータブル電源を選んでいます。

【容量別3選】2021年特におすすめポータブル電源

本記事では、容量クラスを3つに分けて紹介しています。それぞれ容量別でトップ1を先に紹介していきます。

使いたい環境に合わせて容量を選ぼう!
容量別トップ1

容量300Wh部門No.1

容量500Wh部門No.1

容量1000Wh部門No.1

300Whクラスの安いおすすめポータブル電源4選

¥30,000前後で購入できる安いポータブル電源の中で4選しています。

300Whクラスのおすすめポータブル電源

  1. jackery 240(240Wh/200W)
  2. SmartTap PowerArQ mini(346Wh/100W)
  3. EENOUR P302(296Wh/300W)
  4. RACPower RP-PB187(252Wh/250W)
商品名jackery 240PowerArQ miniEENOUR P302RP-PB187
商品画像
メーカーjackerySmartTapEENOURRACPower
最安値¥25,800¥33,000¥32,980¥24,999
容量240Wh346Wh296Wh252Wh
重量3.2kg3.5kg6.3kg2.54kg
サイズ230x133x167mm230x193x195mm299x192x191mm189x130x130mm
充電時間AC充電:約7時間AC充電:約6.5時間AC充電:約3.5時間AC充電:約4.5時間
定格出力200W300W300W300W
最大出力400W500W600W300W
出力シガー×1/USB×2/AC×1シガー×1/USB×3/AC×1シガー×1/DC×4/USB×4/AC×4`シガー×1/USB×4/AC×2
目安スマホ約24回
電気毛布約5時間
スマホ約34回
電気毛布8.0時間
スマホ約29回
電気毛布7.4時間
スマホ約25回
電気毛布6.3時間
保証24ヶ月12ヶ月24ヶ月-
商品名jackery 240SmartTapEENOURRP-PB187

信頼度!Jackery 240(容量240Wh)

2021年1月25日(月)から価格改定されます。¥25,800→¥19,800

総合評価

4.25

電池容量3.5/機能性3.5/携帯性5.0/安全性5.0

4.25
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

キャンパーに人気なJackeryシリーズの一番安い機種「jackery 240」です。

おすすめポイント

  1. 信頼できる会社メーカー
  2. 持ち手の部分が収納できて、天板がフラットになる
  3. 1人の利用に最適な容量とサイズ感
  4. 老若男女とはず使えるデザイン性
  5. 価格改定で¥6,000も安くなった

マイナスポイント

  • 充電アダプターが熱くなる
  • AC出力が1口のみ
  • USB急速充電に未対応

Jackery 公式サイトからお得に購入ができます!

容量重視!Smart Tap PowerArQ mini(容量346Wh)

総合評価

4.25

電池容量3.7/機能性3.3/携帯性5.0/安全性5.0

4.25
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

安いポータブル電源の中でも容量はトップクラス!SmartTapのPowerArQシリーズ「PowerArQ mini」

おすすめポイント

  1. 信頼できる日本企業メーカー
  2. 安価で容量トップクラス
  3. カラーバリエーション3種類
  4. 楽天での販売実績がある
  5. 利用時の音が静か

マイナスポイント

  • 車に積む際に持ち手が邪魔
  • AC出力が1口のみ
  • USB急速充電に未対応

高性能&多機能!EENOUR P302(容量296Wh)

総合評価

4.25

電池容量3.7/機能性4.0/携帯性4.5/安全性5.0

4.25
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

比較的新しいメーカーですが、勢いがあり人気な商品「EENOUR P302」です。使い勝手が良いポート数が魅力

おすすめポイント

  1. 急速な販売実績
  2. AC出力が4口
  3. USB PD対応Type-Cポート
  4. USB QC3.0(急速充電)に対応
  5. 本体充電が早い
  6. 背面がライトになる(5段階ライト)

マイナスポイント

  • デザインが男性向き
  • DCポート4口の使い道があまりない

コンパクト重視!RACPower RP-PB187(容量252Wh)

総合評価

4.25

電池容量3.5/機能性3.5/携帯性5.0/安全性5.0

4.25
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

軽量コンパクトなACハブバッテリーで人気な「RAVPOWER」の「RP-PB187」です。

モバイルバッテリーも販売していて、人気な会社メーカーです。

おすすめポイント

  1. 信頼できる実績(モバイルバッテリーや技術)
  2. 持ち手の部分が可動するので、天板がフラットになる
  3. 圧倒的に軽い(2.5kg)
  4. AC出力が2口
  5. USB PD対応ポート
  6. USB QC3.0対応ポート

マイナスポイント

  • AC出力ポートがくぼんでいるので刺しにくい
  • ファンの音がうるさい

500Whクラスのおすすめ中容量ポータブル電源5選

500Wh(500Wh・600Wh・700Wh)クラスは、携帯性(重量・サイズ)と出力性能のバランスがちょうど良く、使い勝手が良いのが特徴的です。

値段も高すぎず1台目に購入するポータブル電源としておすすめできる価格帯です。

500Wh~700Whクラスのおすすめポータブル電源

  1. RIVER 600 MAX(576Wh/1200W)
  2. RIVER 600 PRO(720Wh/600W)
  3. BLUETTI EB70(716Wh/700W)
  4. Jackery 700(700Wh/500W)
  5. PowerArQ(626Wh/300W)
商品名RIVER 600 MAXRIVER 600 PROBLUETTI EB70Jackery 700PowerArQ
商品画像
メーカーEcoFlowEcoFlowBLUETTIJackerySmartTap
最安値¥63,800¥79,800¥78,800¥79,800¥66,000
容量576Wh720Wh716Wh700Wh626Wh
重量7.6g7.2kg9.7kg6.3kg6.0kg
サイズ288x185x253mm288x185x253mm320x217x222mm299x192x191mm300×242×193mm
充電時間AC充電:約1.6時間AC充電:約1.6時間AC充電:約3.75時間AC充電:約7.5時間AC充電:約8時間
定格出力600W
1200W
600W
1200W
700W500W300W
最大出力1200W1200W-1000W500W
出力AC:3/USB-A:3/USB-C:1/DC:2/シガーソケット:1AC:3/USB-A:3/USB-C:1/DC:2/シガーソケット:1AC:4/USB-A:2/USB-C:2/DC:2/シガーソケット:1/ワイアレス:1AC:2/USB-A:3/DC:2/シガーソケット:1AC:1/USB-A:3/DC:2/シガーソケット:1
目安スマホ約50回
電気毛布約12.9時間
スマホ約62回
電気毛布16.2時間
スマホ約58回
電気毛布1.5.2時間
スマホ約57回
電気毛布14時間
スマホ約54回
電気毛布14時間
保証24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月
商品名RIVER 600 MAXRIVER 600 PROBLUETTI EB70Jackery 700PowerArQ

RIVER 600 MAX(容量576Wh 出力1200W)

「RIVER 600 MAX」は容量576Wh出力1200Wのポータブル電源です。

RIVER 600 MAX
総合評価

4.5

電池容量4.0/機能性4.5/携帯性4.5/安全性5.0

4.5
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

RIVER 600には4タイプあり容量で選ぶことができます。「288Wh・576Wh・720Wh・1440Wh」

EcoFlowの最新機種で「X-Boost」機能をオンにする事で定格消費電力600W〜1200Wを圧縮して利用できるすごい技術を搭載しているポータブル電源です。

通常1000W以上の出力を定格で利用できるのは、大型の大容量ポータブル電源のみですが、RIVER 600シリーズは、コンパクトな中容量ポータブル電源でありながら高出力なポータブル電源です。

RIVER 600 MAXで利用できる回数・時間

518Wh / 10.35Wh

約50回

518Wh / 58.2Wh

約8.9回

518Wh / 40Wh

約12.9時間

518Wh / 20Wh

約25.9回

518Wh / 1000W

約30分

518Wh / 1200W

約25分

518Wh / 1300W

約23分

518Wh / 60Wh

約8.6

RIVER 600 MAXの特徴おすすめな点

RIVER 600 MAX
  • 容量が選べる
  • 最速充電が1時間で80%
  • 1200W高出力
  • ソーラー充電200W
  • アプリ連動で設定や操作ができる
最先端なポタ電です

高出力も時々使いたいけど、大型のポータブル電源は価格的にもサイズ的にも、、、という方におすすめです。

2020年にクラウドファンディングしていて、2021年の1月から一般購入ができるようになりました!

RIVER 600 PRO(容量720Wh 出力1200W)

「RIVER 600 PRO」は容量720Wh出力1200Wのポータブル電源です。

上記で紹介しているRIVER 600 MAX(576Wh)よりも容量144Wh増量したモデルがRIVER 600 PRO(720Wh)です。

RIVER 600 PRO
総合評価

4.5

電池容量4.2/機能性4.5/携帯性4.5/安全性5.0

4.5
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

RIVER 600 シリーズは、大きく分けると2パターンでRIVER 600(288Wh)とRIVER 600 PRO(720Wh)に分けられます。更にその二つに容量を拡張する専用エクストラバッテリーを装着することで、それぞれの2倍の容量になります

RIVER 600 → RIVER 600 MAX
RIVER 600 PRO → RIVER 600 PRO + エクストラバッテリー

RIVER 600 シリーズの拡張

  • RIVER 600(288Wh)
    → RIVER 600 MAX(576Wh)
  • RIVER 600 PRO(720Wh)
    → RIVER 600 PRO +エクストラバッテリー(1440Wh)

RIVER 600 PROで利用できる回数・時間

648Wh / 10.35Wh

約62回

648Wh / 58.2Wh

約11回

648Wh / 40Wh

約16.2時間

648Wh / 20Wh

約32回

648Wh / 1000W

約38分

648Wh / 1200W

約32分

648Wh / 1300W

約29分

648Wh / 60Wh

約10.8回

RIVER 600 PROの特徴おすすめ

RIVER 600 PRO
  • 容量720Whから1400Whに拡張ができる
    別途購入が必要
  • アプリで容量制御ができる
    バッテリーの保護ができる
  • 充電が1時間で80%
  • 1200Wの高出力
拡張できるよ

RIVER 600 PROをおすすめする理由は、RIVER 600 MAXの場合、容量を拡張することができないので、576Whがマックス値になります。しかし、RIVER 600 PROは、専用エクストラバッテリーを別途購入することで、容量が倍の1440Whとなります。

普段使いするときは、RIVER 600 PRO(720Wh)で利用して、旅先など数日間旅に出る場合、エクストラバッテリーを装着して容量1440Whの大容量で利用することができるので、使い分けができるのが一番のメリットです。

その分、価格が高くなるので、価格と相談してRIVER 600 シリーズの中から選ぶのもありです。

RIVER 600 とRIVER 600 MAXは、Amazonですでに購入できますが、RIVER 600 PROと専用エキストラバッテリーの販売はまだ未定です。(2021.1/20現在)

BLUETTI EB70 容量716Wh 定格700W

Bluettiの最新機種「EB70」は、容量716Wh定格出力700Wのポータブル電源です。

BLUETTI EB70
総合評価

4.4

電池容量4.2/機能性4.2/携帯性4.2/安全性5.0

4.4
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

Bluetti EB70は、リチウムイオン電池の中で特に安全性が高いリン酸鉄リチウムイオンを搭載していて、従来のポータブル電源よりもサイクル寿命が5倍以上も長い2500回と言う点が魅力的です。

また、容量716Wh出力700Wと言うスペックで、普段使いからアウトドア・車中泊、災害の利用ができるバランスの良いポータブル電源。

iPhone Xなどのワイアレス充電に対応していて、Bluetti EB70の上面に置くだけで15W充電がでるのも魅力的。

Bluetti EB70 の上面

ソーラーパネル充電は、最大200Wまで対応していて、効率的なMPPT方式です。Bluetti ソーラーパネル120Wとの相性がよく、ソーラーパネルは、ライバルポータブル電源メーカーの120Wソーラーパネルと比較すると10cm以上も小さくコンパクトです。

Bluetti EB70で利用できる回数・時間

608Wh / 10.35Wh

約58回

608Wh / 58.2Wh

約10回

608Wh / 40Wh

約15.2時間

608Wh / 20Wh

約30回

Bluetti EB70の特徴おすすめ

Bluetti EB70
  • 充電速度が3.5時間
  • サイクル寿命が2500回
  • カラーバリエーション3展開
  • USB-Cが2口ある
  • 安全性が高いリン酸鉄リチウム電池
長寿命じゃの〜
Bluetti EB70は3色展開

現在、クラウドファンディングで最大40%で先行販売しています!

BLUETTI(ブルーティ)
現在、クラウドファンディングで先行販売(40%オフ)

Jackery ポータブル電源 700 容量700Wh 定格500W

Jackery 700
総合評価

4.4

電池容量4.2/機能性4.0/携帯性4.5/安全性5.0

4.4
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

Jackery ポータブル電源 700で利用できる回数・時間

595Wh / 10.35Wh

約57回

595Wh / 58.2Wh

約10.2回

595Wh / 40Wh

約14.8時間

595Wh / 20Wh

約29/7回

Jackery ポータブル電源 700の特徴おすすめ

Jackery ポータブル電源 700
  • キャンパーに人気
  • Jackeryシリーズで一番人気
  • ソロでも複数人でも利用可能な容量
  • サイズ感が丁度良い
Jackeryは人気者だね〜

PowerArQ 容量626Wh 定格300W

PowerArQ
総合評価

4.3

電池容量4.0/機能性3.8/携帯性4.5/安全性5.0

4.3
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

PowerArQで利用できる回数・時間

532Wh / 10.35Wh

約51回

532Wh / 58.2Wh

約9.1回

532Wh / 40Wh

約13.3時間

532Wh / 20Wh

約26.6回

PowerArQの特徴おすすめ

PowerArQ
  • 最新シリーズが出る中人気が落ちない
  • カラーバリエーションが豊富
  • デザイン性が高く女性にも人気
  • 出力が低めだが容量でカバー
おしゃれです

1000Whクラスのおすすめ大容量ポータブル電源5選

1000Wh以上のポータブル電源は、数日間の電気がない環境でも安心して電気を確保できる優れたポータブル電源です。

日本では特に非常時のことを考え購入する方が多いです。実際に、数日間停電を経験している方は、ポータブル電源があった事で不安が少し解消した!と言う声がありました。

また車中泊を1週間以上する場合でも1000Wh以上のポータブル電源があると最低限の電気を確保することが可能です。

キャンピングカーで1ヶ月旅した様子

筆者は実際に、2019年4月から1年以上、バンライフ(車中泊生活)をしていました。その時、大容量・高出力なポータブル電源を車に積んでソーラーパネル充電やシガーソケット充電で日中に充電を行い、夜にポータブル電源に蓄電した電池で調理、スマホやノートパソコンの充電、電気毛布などを使っていました。

大容量で高出力なポータブル電源でおすすめ5つを紹介します。

1000Whクラスのおすすめポータブル電源

  1. EFDELTA(1260Wh/1600W)
  2. GP1500(1700Wh/1500W)
  3. G1000(1162Wh/1000W)
  4. Bluetti AC200(2000Wh/2000W)
  5. ElecHive 2200(2400Wh/2200W)
商品名EFDLETAGP1500G1000Bluetti AC200ElecHive
商品画像
メーカーEcoFlowSUNGASUAOKIBluettiZero Breeze
最安値¥149,500¥129,900¥179,880¥239,880¥114,610
容量1260Wh1700Wh1182Wh2000Wh2400Wh
重量13.6kg19.6kg23kg27.5kg15.5kg
サイズ400×210×270mm480×190×238mm350×345×315mm420×280×386mm320×220×248mm
充電時間AC充電:約2時間AC充電:約15時間AC充電:約13時間AC充電:約4時間AC充電:約3時間
定格出力1600W1500W1000W2000W2200W
最大出力3100W2000W2000W3000W4000W
出力AC×6
USB(12W)×2
USB(28W)×2
USB-C(PD60W)×2
シガソケ(96W)×1
AC×2
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×1
DC×2
シガソケ×1
AC×4
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C(PD60W)×1
シガーソケット×1
AC×6
wireless(15W)×2
USB(15W)×4
USB-C(PD60W)×1
DC(300W)×1
DC(36W)×2
シガソケ(120W)×1
AC×4
USB×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD60W)×1
USB-C(18W)×1
DC(180W)×2
シガーソケット(180W)×1
目安スマホ約50回
電気毛布約12.9時間
スマホ約62回
電気毛布16.2時間
スマホ約58回
電気毛布1.5.2時間
スマホ約57回
電気毛布14時間
スマホ約54回
電気毛布14時間
リチウム種類三元系リン酸鉄系リン酸鉄系リン酸鉄系三元系
サイクル回数800回3500回1000回2500回1000回
保証24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月
商品名EFDELTAGP1500G1000Bluetti AC200ElecHive

EcoFLow EFDELTA 1300 JP(1260Wh 1600W)1000Whクラスで特におすすめ

EcoFlow EFDELTA 1300 JP

急速充電、約2時間でフル充電になる大容量のポータブル電源「EcoFlow EFDELTA 1300 JP」です。

電子レンジやドライヤーなどの高出力家電が問題なく利用できる定格出力1600Wも魅力的で、非常時の停電にも対応可能です。

サルさん

筆者は2台持っていて、常に車内に1台置いています。シガーソケット充電やソーラーパネル充電の性能も他社よりも良いので外出先での充電も困りません。

総合評価

4.5

電池容量5.0/機能性5.0/携帯性3.0/安全性5.0

4.5
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

GP1500(1700Wh 1500W)大容量&高出力をコスパで選ぶならコレ

GP1500

大容量高出力ポータブル電源の中で最もコスパが良いのが「GP1500」です。

知る人ぞ知るポータブル電源で、リピーターが続出する信頼度が高いポータブル電源です。

実際にメーカーさん(SUNGA)の担当者の方に電話取材させて頂きましたが、在庫切れになる度に、製品の改良を加えて少しづつアップデートしているそうです。

確かに、数ヶ月前の仕様に比べて、少しづつ数値が良くなっています!電圧が日本電圧に対応している点も素晴らしい。

サルさん

数台購入して「深夜電力」で充電して「日中の電気をGP1500で賄う」ツワモノがいるそうです。

総合評価

4.5

電池容量5.0/機能性5.0/携帯性3.0/安全性5.0

4.5
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

suaoki G1000(1182Wh 1000W)UPS(無停電電源装置)として活用できる

G1000

UPS(無停電電源装置)として機能する唯一無二のポータブル電源「suaoki G1000」です。

簡易的な無停電電源装置を搭載しているポータブル電源はありますが、停電を検知してから0.01秒以内に電気の給電を自動で切り替えられるポータブル電源は、G1000のみです。

天板中央部分にコード類を収納できるボックスになっているのもありがたい設計です。

総合評価

4.25

電池容量5.0/機能性5.0/携帯性2.0/安全性5.0

4.25
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

Bluetti AC200(2000Wh 2000W)とにかく大容量でバッテリー寿命が長い

Bluetti AC200

Bluetti AC200は、数日間の停電でも問題なく電気の供給ができる超大容量ポータブル電源です。

タッチパネルで直感的に操作できるので、機会が苦手な方にも扱いやすい優しい仕様です。

出力ポートの数が圧倒的に充実していて、複数人での利用も問題ないレベル。

一点欠点をあげるとしたら、とにかく大きく重たいこと。男性の筆者でも持ち運びが大変で軽自動車に積むのは難しいです。

総合評価

4.1

電池容量5.0/機能性5.0/携帯性1.5/安全性5.0

4.1
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

ElecHive 2200 ポータブル電源(2400Wh 2200W)発売日未定

「ElecHive 2200」は容量2400Wh 定格出力2200Wの大容量高出力のポータブル電源です。

海外のクラファン(INDIEGOGO)でプロジェクト開催中です。

ElecHive 2200

海外のクラウドファンディングで人気な「ElecHive 2200」は、大容量ポータブル電源の欠点(サイズが大きく重い点)を改善した2021年最も買いたい!ポータブル電源です。

パッテリーを乾電池のような小さいセルの集まりではなく、6つのパックに圧縮してコンパクト&軽量化を実現したモデルです。

高出力のポータブル電源は、定格1000Wクラスが多い中、ElecHive 2200は、定格2200Wと「2000Wクラス」の超高出力ポータブル電源です。

総合評価

4.5

電池容量5.0/機能性5.0/携帯性3.5/安全性4.5

4.5
電池容量
小容量
大容量
機能性
単用途
多用途
携帯性
据え置き
持ち運び
安全性
不安
安全

おすすめのポータブル電源と選び方まとめ

本記事では「【2021年】最強のポータブル電源どれ?おすすめランキング徹底比較【大容量も】」について書きました。

ひとえにポータブル電源といっても、電池容量・定格出力・出力ポート数・充電性能・サイズ・デザインなど特徴はさまざまです。

利用環境・頻度、使いたい家電に合わせて、最適なポータブル電源を見つけてください。

僕は、コレクターになってしまい何台も持っていますが、安いポータブル電源と大容量ポータブル電源を2台持ちしても良いと思います。

どうも、ポタブルンでした。

2021年ポータブル電源レビュー記事一覧