【2021年】おすすめのポータブル電源

最新【GP1500|GP1200|GP1000】徹底比較!圧倒的なコスパ大容量1500Whのポータブル電源

URLをコピーする
URLをコピーしました!
サルさん

ポータブル電源の比較が好きなポタブルンです。

SUNGAのポータブル電源は、GP1500GP1200GP1000あります。容量や出力性能など微妙なスペックの違いがありますが、それぞれの違いを徹底的に比較と解説していきます。

この記事を読むことで「GP1500」「GP1200」のどちらがベストバイなのか?を理解することができます。

GP1500とGP1200は、他社メーカーのポータブル電源と比較すると、価格が安い!あんまり認知されていない!など信頼性や安全面の不安な声もありますが、リチウムイオン電池の素材・サイクル充電回数・充電時間を比べると、GP1500とGP1200の方が圧倒的に安全性が高く、日本メーカーで問い合わせの対応も柔軟で迅速でした。

認知されていない理由は、他社メーカーのようにインフルエンサーへの広告費などクラウドファンディングなどの認知活動に予算を使っていないためです。

メーカーの担当の方にお話を伺った時は、製品を2年前から改善改善の繰り返しに専念してきた。これからもユーザーからの声を元に改善を繰り返していく!と素晴らしお話が聞けました。

メーカーに問い合わせしたところ「GP1000」の販売は中止になったそうです。

「GP1500」「GP1200」を販売するメーカー「SUNGA」の担当者の方と電話取材をさせて頂き、信頼性の高い記事を作成させて頂きました。

\ 読み飛ばす方はクリック /

タップできる目次

GP1500/GP1200のメーカー「SUNGA」について

株式会社SANGA

「GP1500」と「GP1200」を販売しているメーカーは「株式会社SUNGA」という会社です。大阪府に会社があり、自社ブランド「SANGA」の企画・販売をしています。

SUNGAは、ポータブル電源「GP1500」「GP1200」の他に「ソーラーパネル」「車載冷蔵庫」「発電機」「天体望遠鏡」を販売しています。

近年の車中泊やキャンプに関連する商品を多くとり扱っていて、「GP1500」「GP1200」は、根強いファンがいてリピートされる方が多いと担当者の方からお伺いしました。

サルさん

実際に、販売開始されると直ぐに売り切れになる場合が多く、毎回「次はいつ入荷なのか?」と問い合わせがあります。

会社名株式会社SANGA
所在地大阪府
公式サイトhttps://sun-ga.jp/
メールアドレスinfo@sun-ga.jp
事業内容自社ブランド企画・販売・アウトドア製品の輸入・販売

担当者の対応は、とても製品について詳しく分かりやすかったです。担当者本人が普段から製品を使っていて、お問い合わせに適切な対応ができるように心がけているそうです。

GP1000 ポータブル電源は、販売停止

2021年1月現在、メーカーに問い合わせしたところ「GP1000のみ販売停止」とお聞きしました。

今後の販売再開予定もなく、GP1200とGP1500ポータブル電源の販売改善に取り組んでいく方針です。

GP1500/GP1200の比較表

商品名GP1500GP1200
商品画像
メーカーSUNGASUNGA
最安値¥129,000¥89,900
容量1700Wh1200Wh
重量19.6kg14.8kg
サイズ480×238×190mm385×238×190mm
充電時間約15時間約10時間
定格出力1500W1000W
最大出力1700W1200W
出力シガーソケット×1/USB×5/DC×2/AC×2シガーソケット×1/USB×5/DC×2/AC×2
目安スマホ約157回
電気毛布2枚25時間
スマホ約157回
電気毛布2枚25時間
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン(LiFePO4)リン酸鉄リチウムイオン(LiFePO4)
サイクル寿命3500回3500回
素材アルミニウムアルミニウム
AC充電入力AC100-240V
周波数50Hz/60Hz
AC100-240V
周波数50Hz/60Hz
ソーラー充電入力9-28V/7.6A9-28V/7.6A
DC出力USB 3.0×2
USB2.0×2
TYPE-C×1
シガーソケット12V×1
DC 12V×2
USB 3.0×2
USB2.0×2
TYPE-C×1
シガーソケット12V×1
DC 12V×2
AC出力正弦波
定格1500W / 最大1700W
電圧100V
周波数50/60Hz切替
正弦波
定格1000W / 最大1200W
電圧100V
周波数50/60Hz切替
放電深度90%90%
充放電回数3500回サイクル程度3500回サイクル程度
使用温度/湿度-10℃~40℃ ≦80%-10℃~40℃ ≦80%
保証12ヶ月12ヶ月
商品名GP1500GP1200

GP1500/GP1200の共通仕様

GP1500とGP1200の同じ部分

  • 出力ポートの数
  • 充電ポートの数と性能
  • リチウムイオン電池の種類
  • バッテリーサイクル寿命
  • バッテリーの放電深度(DOD)
  • 保証期間

GP1500/GP1200の異なる仕様

GP1500とGP1200の異なる仕様

  • 容量
  • 定格出力・最大瞬間出力
  • 重量・サイズ
  • 充電時間
  • 価格

GP1500とGP1200って名前(GP)の後ろの数字が容量かと思いきや違うから、少しややこしいんですよね。

  • GP1500(容量1700Wh/出力1500W)
  • GP1200(容量1200Wh/出力1000W)
サルさん

次の章から、性能の違いをそれぞれ徹底的に見ていきます!

容量の違い|GP1500とGP1200を比較

GP1500GP1200
商品画像
容量1700Wh1200Wh
放電深度(90%)1530Wh1080Wh

GP1500(1700Wh)とGP1200(1200Wh)の容量の差は、実際の家電を利用した場合、どのくらいの利用時間・回数の差になるのか?を計算していきます。

GP1500とGP1200の容量を単純に比較すると500Whの違いですが、容量は、放電深度(DOD)を計算することで実際に利用する容量を出すことができます。

GP1500とGP1200の放電深度(DOD)は90%と記載があります。

放電深度(90%)をGP1500とGP1200の容量で計算をして、その後、容量差で具体的に各種家電がどの程度利用時間や回数に差があるのか?を計算します。

STEP
放電深度(DOD)で正しい容量を計算

放電深度(90%)
正しい容量を計算する!

  • GP1500(1700Wh)× 放電深度(0.9)= 1530Wh
  • GP1200(1200Wh)× 放電深度(0.9)= 1080Wh
  • 容量差(450Wh)=GP1500(1530Wh)- GP1200(1080Wh)

GP1500の容量(1530Wh)GP1200の容量(1080Wh)で容量の差は、450Whであることが分かりました。

STEP
容量差(450Wh)利用時間を比較

450Whの容量差
利用時間の比較

  • iPhone X(10.3Wh)=約43回
  • MacBookPro(58.2Wh)=約7回
  • 電気毛布(40Wh)=約11時間
  • 電気ランタン(20Wh)=約22回
  • 電子レンジ(1000W)=約27分
  • 電気ケトル(900W)=約30分

スマホなどの容量が小さいデバイスの充電回数は、利用回数に結構差が出ますね。

電子レンジなど1000Wクラスの家電は、30分未満の差。実際に利用する場合、5分の利用を考えると5回の差です。これが多いか少ないか?は利用する環境によって、変わってきますね。

約147回 / 約104回

約43回差

約26回 / 約18回

約8回差

約38時間 / 約27時間

約11時間差

約76回 / 約54回

約22回差

約1.5時間 / 約1時間

約27分差

約1.2時間 / 利用できない

比較できない

約1時間 / 利用できない

比較できない

約25回 / 約18回

約7回差

電子レンジやドライヤーは、定格消費電力よりも大きい出力が出る場合があります。あくまで参考までに

出力の違い|GP1500とGP1200で使える家電と使えない家電は?

GP1500GP1200
商品画像
定格出力1500W1000W
最大瞬間出力1700W1200W

GP1500(1500W)とGP1200(1000W)の出力の違いで利用できる家電と利用できない家電をまとめています。

GP1500(1500W)
GP1200(1000W)
  • テレビ
  • 洗濯機
  • ミキサー
  • コーヒーメーカー
  • たこ焼き機
  • 扇風機
  • 空気清浄機
  • こたつ
  • 石油ストーブ
  • ヘアアイロン
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • IHクッキングヒーター
  • 電子ケトル
  • ホットプレート
  • エアコン
  • トースター
  • アイロン
  • ドライヤー
  • 掃除機
  • テレビ
  • 洗濯機
  • ミキサー
  • コーヒーメーカー
  • たこ焼き機
  • 扇風機
  • 空気清浄機
  • こたつ
  • 石油ストーブ
  • ヘアアイロン
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • IHクッキングヒーター
  • 電子ケトル
  • ホットプレート
  • エアコン
  • トースター
  • アイロン
  • ドライヤー
  • 掃除機

クリックで移動します
家電の動作確認一覧をみる

※利用できない家電でもメーカー機種や強弱によって出力が異なるので、あくまで参考にしてください。

サルさん

GP1200でも電子ケトルなど1000Wを超える家電を利用したい場合、メーカーや機種によって、定格出力が異なるので、900Wくらいの家電を選ぶことで利用できる場合があります。

サル君

GP1200で1000Wを超える家電が使えた!って口コミあるけど、あまりギリギリでの利用はおすすめしません。バッテリーに負担をかけるので、劣化が早くなる場合があります。

サルさん

そうだね!1000W以上の家電を頻繁に使いたい場合は、GP1500をおすすめします。GP1200で高出力家電を使って故障した!って声もあるので、むやみに試すのはやめましょう。

利用できない家電でも車載用やアウトドア用の出力が小さいモデルがあるので、車中泊やキャンプ専用の家電はほとんど利用ができます

GP1200 で使える
おすすめのアウトドア家電

使う家電を工夫すれば、ほとんどの家電が利用できます。

サルさん

わざわざ出力が高い家電を使うより、車載用やアウトドア用の小型家電を使えば、利用回数や時間も増えるから、電気の節電にもなるね!

サル君

災害時のことを考えると、家庭用家電は持ち運びができないから、小型家電持ってれば、アウトドアや車中泊でも使えて、災害時の避難先でも使えるね!

サイズ・重量の違い

GP1500GP1200
商品画像
サイズ480×238×190mm385×238×190mm
重量19.6kg14.8kg

GP1500の方が、10cm長く・5kg重いです。

GP1500とGP1200のデメリットは、重量です!容量1000Wh以上・出力1000W以上のポータブル電源は、10kg〜15kgが多い中、GP1500とGP1200は、比較すると重いです。

その分、価格やバッテリー寿命、性能面で優れていますが、頻繁に持ち運びしたい!方は、少し不便かもしれません。

サルさん

車中泊やキャンプでも、ポータブル電源を移動させることは少ないし、延長コードをACにさして使うなど工夫すれば、いいかも

充電比較|GP1500・GP1200 ポータブル電源

GP1500GP1200
商品画像
AC充電(120W)約15時間約10時間
ソーラーパネル充電(150W/18V)約16時間約12時間
シーガーソケット充電(12V,24V/120W)補充電補充電

GP1500とGP1200の容量差(450Wh)を考えると4〜5時間の差は、かかってしまいます。

例えば、家庭用コンセントから充電するとして、深夜電力(23時〜7時)8時間でどれぐらい充電ができるのか?

AC充電の場合、120Wの入力があり、バッテリー保護を考え、80%以上になると充電速度が遅くなると考える。

充電量を計算する
深夜電力8時間でどれくらい充電できるのか?

  • AC充電(120W)× 8h = 960Wh

8時間でGP1500とGP1200ともに、960Wh充電できます。

バッテリー80%以降の充電は、バッテリー保護がかかり入力W数が下がります。

  • GP1500(1700Wh)× 80%(0.8)= 1360Wh
  • GP1200(1200Wh)× 80%(0.8)= 960Wh

80%以降、充電入力が6割になると仮定する

  • AC充電(120W)×70%(0.7)= 84Wh

1時間あたり、84Whでの充電となります。GP1500・GP1200ともに記載されている15時間と10時間が目安の時間となります。

GP1500とGP1200、共通で裏面にAC充電・ソーラー充電専用DCポートと、シガーソケット充電専用DCポートがあります。

AC充電

GP1500GP1200
商品画像
電圧AC100-240VAC100-240V
周波数50Hz/60Hz50Hz/60Hz
最大入力値120W120W
充電時間約15時間約10時間

電圧は、日本電圧(100V)に対応しているので、家庭用コンセントから問題なく充電ができます。

日本で販売されているポータブル電源で電圧110Vのものもあります。

ソーラー充電

GP1500GP1200
商品画像
電圧9-28V/7.6A9-28V/7.6A
充電方式MPPTMPPT
150W/18A約16時間約12時間

MPPT(最大電力点追従)とは、不安定な気象条件でも安定して発電ができる仕組みです。

ソーラー充電を検討されている方は、SUNGA のソーラーパネルがおすすめです!コンパクトで同じメーカーから出ている信頼性があります。

SANGA 折り畳みソーラーパネル(150W)

  • 変換効率:22〜25%
  • 防水:対応
  • 電力:150W
  • 重量:5.7kg

シガーソケット充電

GP1500GP1200
商品画像
入力5-24V/6A5-24V/6A
対応車12V/24V12V/24V
充電時間20時間以上15時間以上

シガーソケットで充電は可能ですが、補助充電として利用する程度がおすすめです。

車での移動中にずっとシガーソケットに繋いでおけば、それなりに充電はできますが、0%からフル充電は現実できではありません。

GP1500/GP1200の安全性について

GP1500とGP1200の内蔵されているバッテリー、販売メーカー共に信頼でき、安全性に問題ありません。

GP1500とGP1200は、数年前から販売されていて、販売業者が分からなかった為「安全性は大丈夫?」などの声が以前、ありました。理由としては、楽天やYahooショッピングなどそれぞれ、卸業者が異なり、メーカーの詳細がなかったことです。

安全・信頼性に不安があった要因

  • 過去「HYシリーズ」で販売をしていて、突然「GPシリーズ」になった
  • 販売代理店がECショップごとに異なり、メーカーが分からなかった

2021年1月に公式ショップを公開したことにより、販売しているメーカーが「SANGA」であることが分かり、日本のメーカーがオリジナルで企画から販売までしていることが分かりました。

GP1500が本当に安全で信頼できるのか?について根拠を4つ紹介していきます。

GP1500とGP1200信頼安心できる5つの理由

  1. リチウムイオン電池の中で最も安全性が高い「リン酸鉄リチウム」を採用している
  2. バッテリー自動保護機能充実
  3. 電圧は、日本規格「100V」
  4. あえて広告費をかけずに、製品開発・改善に尽くしている
  5. 何度も購入してくれる「リピーター」が多数

バッテリーは安全性とサイクル寿命が長い「リン酸鉄リチウム」を採用

GP1500とGP1200 ポータブル電源に採用されている「リン酸鉄リチウム電池」は、非常に安全性が高いです。下記の画像は、リチウムイオン電池の素材ごとの危険性とエネルギー密度を表した図です。

一般的なポータブル電源で利用されている「マンガン系」はコバルト系の発火などの危険性を改善し、比較的安価な素材な為、採用されています。

「マンガン系リチウム」の欠点を一つあげるとしたら、容量が若干少ないことです。その為、大容量のポータブル電源を作る場合、ポータブル電源の本体が大きくなる傾向にあります。

リン酸鉄リチウム電池は、リチウムイオン電池の中で最も安全性が高く、電池の寿命が長い特徴があります。

LiFePO4
リン酸鉄リチウム電池の特徴

  • 安全性が高い
  • 電池の寿命が長い
  • 低温環境での性能が優れている
  • 放電中の電圧変化が少ない
  • 環境に優しい

サイクル充電
リチウムイオン電池の素材別

  • マンガン酸リチウム:約500回
  • 三元系:約700回
  • 一般的なリン酸鉄リチウム:約2000回
  • プレミアムリン酸鉄リチウム:約2500回
  • リン酸鉄リチウム:3500回

GP1500とGP1200は、安全性と電池寿命がトップクラス

リン酸鉄リチウムイオンにも質によって、サイクル寿命が異なり、GP1500とGP1200は、リン酸鉄リチウムの中でも優れている素材を選定しています。その為、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しているポータブル電源と比べても、1000回ほどサイクル寿命が長い。

サルさん

2021年は、三元系やリン酸鉄系のリチウムイオン電池を採用するポータブル電源が増えてきています。

サル君

ポータブル電源は、容量や出力性能だけでなく、安全性とサイクル寿命が重要になるので、従来の「サイクル寿命500回」は、今後減ってきそう。

バッテリーマネージメントシステムの自動保護機能で安心・安全に利用できる

一通り、安全装置は搭載されているので、安心して利用できます。

過電圧保護出力電圧に異常なで夏が生じ保護動作値を超えた場合にシャットダウンし接続負荷を守ります。
過電流保護出力短絡などにより、想定以上の出力電流が流れてしまった場合にシステムの故障を防ぐために停止します。
過充電保護満充電になると、入力電流をシャットダウンしセルの性能低下を防ぎます。
過放電保護セル電圧が一定基準を下回ると出力を停止し、完全放電を防ぎます。
低電圧保護セルの電圧が一定基準より下がるとセルを保護し機能を停止します。
短絡保護許容電流値以上の電流が流れた場合にシャットダウンしシステムを守ります。
温度保護環境温度が高温/低音になると、適温になるまで動作を停止します。
サルさん

使う側がバッテリーの知識なくても、故障や事故のリスクを事前に制御してくれるので、安心〜

電圧は、日本規格「100V」で安全に利用ができます

GP1500とGP1200 ポータブル電源は、電圧が日本規格「100V」で安全に家電が利用できます。

日本の電圧は「100V」ですが、海外仕様の電圧110Vのポータブル電源は日本で販売されています。

電圧110Vのポータブル電源を日本の家電に繋いで利用できますが、電圧100Vの製品を110Vで使う場合、消費電力が大きくなったり、不具合が起こる場合もあり安全性の面で「110V」は最適とは言えません。

あえて広告費をかけずに、製品開発・改善に尽くすSUNGA

ポータブル電源のメーカーは、YouTuberなどのインフルエンサーへのレビュー依頼の為、ポータブル電源を無償で提供したりする場合があります。

しかし、GP1500とGP1200を作っているSUNGAは、広告費をかけずに、地道に製品改善を繰り返し、今のGP1500があります。

YouTubeやインスタグラム、クラウドファンディングなどで告知するのではなく、製品の輸入ごとに多少のマイナーチェンジをしている。GP1500やGP1200の改善を一番に考え、購入者からの問い合わせを少しづつ反映しています。

何度も購入してくれる「リピーター」が多数

GP1500やGP1200 ポータブル電源は、購入者から頂いた声を少しづつ製品へ反映・改善していると担当者の方から伺いました。その為、新しく改良を加えたモデルを待ち望む購入者の方が多くいるそうです。

確かに、旧モデルのGP1500は、ソーラー充電ができなかったり、電圧が110Vだったりと細かいアップデートがされています。

サルさん

ここ2年間であっという間に、トップクラスの高性能なポータブル電源になってるね。

サル君

改良を加えまくっているのに、価格はほとんど変わらずリーズナブルなのも、ユーザーのことを一番に考えてくれるメーカーだと思えるね。

定格出力1000W以上、容量1000Wh以上のポータブル電源と比較

大容量ポータブル電源(容量1000Wh以上・出力1000W以上)と比較しています。

ポータブル電源特徴出力ポート数

RIVER 600 PRO
エクストラバッテリー
出力:1200W
容量:1440Wh
充放電:800回
三元系リチウム
価格:¥129,300
充電時間:約3時間
AC×3
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×2
DC×2
シガソケ×1

GP1500
出力:1500W
容量:1700Wh
充放電:3500回
リン酸鉄リチウム
価格:¥129,000
充電時間:約15時間
AC×2
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×1
DC×2
シガソケ×1

GP1200
出力:1000W
容量:1200Wh
充放電:3500回
リン酸鉄リチウム
価格:¥89,900
充電時間:約10時間
AC×2
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×1
DC×2
シガソケ×1

EFDLTA
出力:1600W
容量:1260Wh
充放電:800回
三元系リチウム
価格:¥159,500
充電時間:約2時間
AC×6
USB(12W)×2
USB(28W)×2
USB-C(PD60W)×2
シガソケ(96W)×1

Bluetti AC200
出力:2000W
容量:2000Wh
充放電:2500回
リン酸鉄リチウム
価格:239,880
充電時間:約4時間
AC×6
wireless(15W)×2
USB(15W)×4
USB-C(PD60W)×1
DC(300W)×1
DC(36W)×2
シガソケ(120W)×1

ElecHive 2200
出力:2200W
容量:2400Wh
充放電:1000回
三元系リチウム
充電時間:約3時間
【発売未定】
AC×4
USB×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD60W)×1
USB-C(18W)×1
DC(180W)×2
シガーソケット(180W)×1

Jackery 1000
出力:1000W
容量:1002Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥139,800
充電時間:約7.5時間
AC×3
USB(12W)×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD)×2
シガソケ(120W)×1

PowerArQ Pro
出力:1000W
容量:1002Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥132,000
充電時間:約7.5時間
AC×3
USB(12W)×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD)×2
シガソケ(120W)×1

Bluetti EB150
出力:1000W
容量:1500Wh
充放電:1000回
リチウムポリマー
価格:158,000
充電時間:約9時間
AC×2
USB(3A)×4
USB-C(PD45W)×1
シガーソケット×1

G1000
出力:1000W
容量:1182Wh
充放電:2000回
リン酸鉄リチウム
価格:¥179,880
充電時間:約13時間
AC×4
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C(PD60W)×1
シガーソケット×1
ポータブル電源特徴出力ポート

GP1500とGP1200が他と優れている点

  • 安全性の高い「リン酸鉄リチウム」
  • 充放電回数が「3500回」
  • 価格が圧倒的に「安い」
  • 日本メーカーで問い合わせ「柔軟に対応」

GP1500とGP1200が他より劣っている点

  • AC出力ポートが少ない
  • 充電時間が長い

充電時間に関しては、近年のトレンドは「急速充電」です。しかし、デメリットもあります。急速充電することにより、バッテリーの劣化が早い。

そのため、最新機種では、ゆっくり充電できるモードと切り替えができる機種もあります。

GP1500とGP1200は、急速充電に対応していませんが、バッテリーに負担をかけずに末長く利用できるポータブル電源なので、充電習慣と環境づくりが大切です!

サルさん

サルの場合は、深夜電力で夜間充電して、日中は、ソーラー充電かシガーソケットから充電しています。

サル君

充電しながら出力できる「パススルー」をGP1500・GP1200搭載しているから、充電しながら使えば問題ないね〜

【家電動作確認】GP1500(1500W)とGP1200(1000W)で使える家電

利用する家電の種類メーカーや強弱によって、利用できない場合があります。

料理系家電GP1500GP1200消費電力
電子レンジ1300Wまで安定700Wまで1000〜1400W
IH1300Wまで安定1000Wまで500W〜2000W
炊飯器確認確認450W〜900W
電子ケトル確認確認900W〜1300W
ホットプレート確認エラー1300W
冷蔵庫確認確認100W〜1000W
たこ焼き機確認確認700W
ミキサー確認確認100W
コーヒーメーカー確認確認450〜600W
トースター確認エラー1200W
生活家電GP1500GP1200消費電力
扇風機確認確認40W〜60W
空気清浄機確認確認10W〜70W
加湿器確認確認20W〜300W
アイロン確認エラー1200W〜1400W
洗濯機確認確認500W〜600W
掃除機確認確認1000W
エアコン確認エラー45W〜2000W
こたつ確認確認300W〜600W
デスクLEDスタンド確認確認6W
石油ストーブ確認確認10W〜450W
ホットカーペット確認確認500W〜800W
ドライヤー確認エラー600W〜1200W
ヘアアイロン確認確認44W〜240W
温水洗浄便座確認確認300W〜700W
車中泊で利用する家電GP1500GP1200消費電力
テレビ確認確認15W
電気毛布 2枚確認確認60W
サーキュレーター確認確認30W
小型炊飯器確認確認200W
電子レンジ確認700W1000W
トースター確認エラー1000W
電気ポット確認エラー1200W
車載用クッカー確認確認200W
小型ヒーター確認確認300W
車載用ミニ冷蔵庫確認確認70W〜80W
ランタン確認確認20Wh(容量)
コードレス掃除機確認確認65Wh(容量)
ポータブル空気清浄機確認確認1.9W
キャンプで利用する家電GP1500GP1200消費電力
ランタン確認確認20Wh(容量)
サーキュレーター確認確認30W
電気毛布確認確認30W
一眼レフ確認確認15Wh(容量)
ワイアレススピーカー確認確認20Wh(容量)
コンパクトホットプレート確認エラー1200W
電子ケトル確認エラー1000W
コードレス掃除機確認確認65Wh(容量)
小型プロジェクター確認確認55W

電子レンジ「1000W」の設定で動作した場合でも、実際はもっと高い出力「W」が出ている場合があります。国内メーカーでは、通常2倍~5倍程度の定格消費電力を要する機種がございますので、詳しくはお使いの電子レンジのメーカー様にお尋ねください。

GP1500は、基本的には家庭や車中泊、非常時に利用する家電をほぼ動かすことができます。

しかし、利用環境やバッテリーの残量、家電の機種によって、利用できない場合もありますので、一度利用したい家電の定格出力/瞬間出力を確認し、対応できる場合、GP1500の購入を検討してみてください。

GP1500
GP1200
  • 1300Wまで安定
  • 大体の家電が利用可能
  • 1000Wまで安定
  • 電気ケトルなど使える機種もある

GP1500(1700Wh・1500W)の口コミ

5泊6日の利用ができた(年間250日程度)

GP1500
毎日利用した家電

  • 電気ケトル:800Wを3分
  • セラミックヒーター:1300Wを20分
  • 電子レンジ:1500Wを10分
  • IHセラミックヒーター:1300Wを10分

週末にAC充電、旅先は車のシガーソケット充電

こちらの口コミの運用は、車中泊でのほぼ毎日の利用です。車には、ソーラーパネルとサブバッテリーを積んでいて、出力が高い家電は、GP1500で利用しています。

車中泊でGP1500の利用は最適です。AC充電ができませんが、変換インバーターを使うことで、効率的に充電も可能です。また、ソーラーパネルでの充電も可能なので、車の上にソーラーパネルを設置するか、折りたたみ式で停車中にするか。

電子レンジが利用できました

車中泊での利用で、サブバッテリーを積むか、ポータブル電源を買うか?検討しGP1500 ポータブル電源を購入した。

純正弦波で定格1500Wの性能は、ほとんどの家庭用家電が利用できて良い。

GP1500
車中泊での利用

  • 電子レンジ:定格960W/電力表示1110W
  • 石油ファンヒーター:点火時650/燃焼時22W
  • 電気カーペット:定格出力105/電力表示160W

電気カーペット使用時は、ファンが回らず静かに利用ができる。

動作確認した家電の詳細

  • 電子レンジ(日立 MRO-G5)
  • 石油ファンヒーター(CORONA FH-G3211Y)
  • 電気カーペット(MORITA MC-E90AP)

ポータブル電源の中で最もコスパ最高

GP1500
suaokiのG1000と併用利用

  • ドライヤー
  • 電子レンジ
  • 業務用新空気

家電を色々試しましたが、全て利用できました。

利用時、200Wを超えるとファンが回り始め、音が気になるレベル。

GP1200(1200Wh・1000W)の口コミ

電子レンジ500Wが利用できました

GP1200
毎日利用した家電

  • 電子レンジ:500W(60秒)
    消費電力は1024W

600Wで利用したらオーバーロードになった。

IHクッキングヒーターが動きました。

GP1200
車中泊での利用

  • 電子レンジ:定格960W/電力表示1110W
  • 石油ファンヒーター:点火時650/燃焼時22W
  • 電気カーペット:定格出力105/電力表示160W
  • IH:定格1000W

電気カーペット使用時は、ファンが回らず静かに利用ができる。

動作確認した家電の詳細

  • 電子レンジ(日立 MRO-G5)
  • 石油ファンヒーター(CORONA FH-G3211Y)
  • 電気カーペット(MORITA MC-E90AP)
  • IHアイリスオオヤマ(IHK-T38-B)

電子レンジなどの1000W以上1200W未満の出力は、GP1200の瞬間最大出力で約2分くらいは動作します。

サルさん

使えるから、定格と瞬間出力ギリギリでの利用は、ポータブル電源に負担をかけるので、バッテリーの劣化に繋がります。ので注意が必要!

まとめ|GP1500とGP1200の選び方

GP1500
GP1200
  • 電子レンジが使いたい
  • IHが使いたい
  • 調理家電を使いたい
  • 容量を気にせずに使いたい
  • 1週間ほど車中泊を快適にしたい
  • 価格を抑えたい
  • 10万円以下で探している
  • できるだけ軽量で小さい方がいい
  • 家電は車載用などで出力を低くする
  • ポータブル電源の購入が初めてなので、試したい
  • 1週間未満の車中泊や旅行での利用

GP1500(1700Wh・1500W)は、電子レンジやIHなど料理家電を使いたい方向け

GP1500 ポータブル電源のレビューこちら

GP1200(1200Wh・1000W)は、車載用家電などの出力が低い製品を選べる方向け

GP1200 ポータブル電源のレビューこちら

よくある質問

GP1000 ポータブル電源 の価格と購入先は?

GP1000ポータブル電源は、現在販売されていません。

GP1200 ポータブル電源 は価格と購入先は?

販売価格は89,900円です。

SUNGA公式ショップ・楽天市場・Yahooショッピングで購入ができます。Amazonでは取り扱いされていません。

GP1500 ポータブル電源 は価格と購入先は?

販売価格は129,000円です。

SUNGA公式ショップ・楽天市場・Yahooショッピング・Amazoで購入できます。

GP1500・GP1200・GP1000 ポータブル電源のメーカー会社は?

株式会社SUNGA(サンガ)です。ポータブル電源、ソーラーパネル、車載冷蔵庫、天体望遠鏡などを製造販売しているメーカーです。

GP1500・GP1200・GP1000 ポータブル電源はコスパいいですか?

容量1000Whを超えるポータブル電源の中でGPシリーズは価格が安く、バッテリーの寿命が3500回以上と長寿命なのでコストパフォーマンスはとても高いです。

GP1500・GP1200の関連記事一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・保存はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント・質問をする

コメントする

タップできる目次
閉じる