【2021年】おすすめのポータブル電源

【Jackery ポータブル電源 1000レビュー】電子レンジ、電気毛布2枚も余裕で動く大容量高出力なポータブル電源

URLをコピーする
URLをコピーしました!
サルさん

ポータブル電源のお陰でキャンプで家電が使えるようになったポタブルンです。

ポータブル電源は、持ち運びができる大容量のバッテリー装置です。ACコンセント、USB、シガーソケットなどを備えていて様々な家電を利用することができます。

今回、紹介するのは、Jackery(ジャクリ)4シリーズの中でもっとも容量が多く高出力なポータブル電源です。

Jackery製品は、デザイン性が高く男性女性、問はず利用できます。Jackery ポータブル電源 1000は高性能なポータブル電源でサイズもそれなりに大きいですが、持ち運びがしやすい設計で、収納もしやすい綺麗な四角形。

電気毛布はもちろん、電子レンジやドライヤー、など問題なく動かせるほどのスペックです。

使う家電の定格出力を選ぶ必要があります。電気ケトルをポータブル電源で使いたい場合は、ポータブル電源の定格出力1200W以上を選ぶと安定してお湯を沸かすことができます

Jackery ポータブル電源 1000

Jackery ポータブル電源 1000は、メーカー様からご提供していただきレビューしています。

Jackery(ジャクリ)は、Amazonのポータブル電源ランキングで常にランクインしています。Apppleの元バッテリーエンジニアが開発に加わっていて、世界初のリチウムポータブル電源を開発しています。現在シリーズ4つ

タップできる目次

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源とは

Jackery ポータブル電源 4種類
jackery ポータブル電源 4種類

米国で設立し、日本でもJackery Japanが設立されています。

  • Jackery Incは、2012年に米国シリコンバレーでJackery Incが設立。
  • 2015年に世界初リチウムイオンバッテリーを使ったポータブル電源を開発
  • 2019年にJVCケンウッドと提携しています。
  • 2019年にJackery Japanが設立されています。

日本支社があり、カスタマーサポートの対応は丁寧です。

日本に支社があり、日本人の社員さんがいますので、問い合わせも問題ありません。

Jackery ポータブル電源240/400/700/1000の徹底比較はこちら

Jackery ポータブル電源 1000で利用できる電化製品は?

Jackery ポータブル電源 1000は、一度の合計1000Wまでの出力が可能です。最大瞬間出力は2000Wまで対応。

※最大瞬間出力は、家電の起動時に発生する一時的な高出力に対応できます。例えば、家庭用冷蔵庫は起動時約1200W、その後150Wh

利用できる家電
利用できない家電
  • 電気毛布
  • 電子レンジ
  • 電気ケトル
  • エアコン
  • ドライヤー
  • 赤外線ヒーター
  • 電動自動車

iPhone Xは約98回、Macbook Proは役17回、電気毛布は約25時間、小型冷蔵庫は約16時間の稼働が可能です。

家庭用の家電はもちろん、デスク周りの家電、アウトドアキャンプでの細々したアイテムも問題なく利用できます。

また複数人での利用や長期感の旅行や災害時にも活躍してくれます。

ここが凄い!Jackery ポータブル電源 1000の6つの魅力

Jackery ポータブル電源 1000

  1. 容量1000Whの超大容量で数日間安心して電気確保
  2. 高出力1000Wに対応しているので、家電が普通に使える
  3. ACコンセントが3口もついているので、同時に複数の家電を利用できる
  4. USB-Cポートが2口搭載。最新のスマホやノートPCがスマートに充電可能
  5. 同時充放電(パススルー)搭載なので、充電しながら使うことができる
  6. ソーラーパネルからの充電に特化したAPPポート搭載で効率よく充電ができる

Jackery ポータブル電源 1000の外観・付属品・重量サイズ

Jackery ポータブル電源 1000」は容量1002Wh(46.4Ah/21.6V)のポータブル電源です。

製品名Jackery ポータブル電源 1000
画像
サイズ332 x 233 x 243mm
重さ10.6kg
バッテリー容量1002Wh
ポート合計8ポート
AC出力1000W
DC出力2000W
USB出力1*USB-A出力:5V/2.4A
2*USB-C出力:5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
1*QC3.0出力:5~6V/3A,6.5~9V/2A,9~12V/1.5A
入力(DC)24V/7.5-8.33A
サイクル回数500回以上
バッテリー種類リチウムイオン電池
保証期間24ヶ月
Jackery 1000の仕様

付属品は充実しています

付属品

Jackery ポータブル電源 1000の付属品は充実しています。Jackeryシリーズは、アクセサリーバッグが付属しているので、多くなりがちなコード類をまとめて持ち運びができるのでとても、ありがたいです。

重量10.6kgですが持ちやすい設計

超大容量ポータブル電源は、10kg以上の製品が多く持ちにくく、形も特徴的なものが多いですが、Jackery 1000は収納できる持ち手部分が滑り止め防止のグリップが下面についているので、安心して持ち運びができます。

こちらの写真は、小柄な妻に持ってもらっている図です。おそらく子供も同じようなサイズ感になります。男性は片手で余裕で持ち運びができます。

持ち手が収納できるので、天板に物を置くことができます。テーブルとして使っています・・・

サイズは、幅33センチ、縦横24センチほど

Jackery ポータブル電源 1000の容量は1002Whの超大容量バッテリー搭載

Jackery ポータブル電源 1000は、数日間の車中泊、キャンプ、旅行で大活躍してくれます。また災害の時でも安心して電気を使うことができます。

Jackery ポータブル電源 1000の充電は、DCポートとソーラーパネルAPPポートが正面左上部分にまとまっています。

従来のJackeryシリーズ(240、400、700)は充電ポートがDCポートの一口だけでした、Jackery ポータブル電源 1000ではソーラーパネルを接続可能なAPPポートが搭載されています。

DCポートでもソーラーパネルから充電が可能ですが、APPからDCへの変換コードが必要になり、変換効率も多少下がる場合があります。

ACコンセントから充電した場合、約7.5時間でフル充電

一番早くフル充電にする場合、家庭用コンセントからの充電が効率的。

0%からの充電で約7.5時間でフル充電が可能です。

入力値は160前後でファンの音はならず、静かに充電ができたの予定がある前日の夜に寝室で充電しても、快適に寝ることができます。

シガーソケットからの充電した場合、約14時間でフル充電

車で充電する場合の充電方法です。14時間もかかるので、例えばアウトドア、キャンプ場に向かう際に充電するなど、補助的に使います。

サルさん

容量が1000Whもあるので、数日間問題なく動きます!

ソーラーパネルから充電した場合、約17時間でフル充電

Jackery ポータブル電源 1000」のソーラー充電はMPPT方式で効率的に充電が可能です。

MPPT方式(最大電力点追従制御)は天候によって左右されやすいソーラー充電を光の強さによって電圧を調整安定させることで一番効率の良いソーラー充電を実現した充電方式です。

また、ソーラー充電する場合、DCポートかAPPポートどちらでも充電が可能です。しかし、APPポートからの充電の方が入力値が高く安定していました。

晴天時、「Jackery ソーラーパネル 100」で試したところ、75W前後で充電ができました。

DCポートとAPPポート同時充電はできない仕様です。

Jackery ポータブル電源 1000の出力は3種類の端子(シガーソケット・USB・AC)に対応

Jackery ポータブル電源 1000は、3種類の出力に対応しています。

  • AC:100V/10A,60Hz
  • DC:12V/10A
  • USB:QC3.0対応、最大18W

AC出力は、定格1000Wまで出力に対応しているので、普段家庭で使っている家電や作業用の家電など幅広く使うことができ、容量も多いため十分に利用ができます。

AC出力性能は、定格1000W(最大瞬間2000W)

Jackry ポータブル電源 1000性能
定格出力1000W
瞬間出力2000W
電圧100V
電流10A
周波数60Hz
波型純正弦波
変換効率約90%
ポート数3口
Jackery 1000のAC出力スペック

瞬間最大出力は、電化製品の起動時にかかる瞬間的な高出力に対応しています。冷蔵庫やエアコンは、起動時1000W以上になります。起動時の高出力にJackery 1000は対応できます。

周波数は60Hzのみです。50Hzに対応していないため、利用する電化製品が60Hzなのか確認してからご利用してください。

USB出力は、Type-Cが2口とType-Aが2口(QC3.0に対応)

USB-C搭載しているポータブル電源は、2020年が増えてきましたが、2口もついているポータブル電源は、少ないです。

複数人での利用に最適で、MacBookなどのノートPCやiPhone、iPadなどが急速充電できます。

USB-Aは、QC3.0(クイックチャージ3.0)に対応していて、最大18Wの給電が可能で、Apple(2.4A)、Huawei FCA(9V/2A)などに対応できます。

QC3.0(クイックチャージ3.0)は、急速充電規格に対応したスマートフォンに対し従来の約3倍以上の速度で充電ができる規格です。充電速度は、AとVを掛け合わせたWの大きさによって速度が決まり、最大18Wまで可能です。

シガーソケット出力は、最大120Wまで対応

車中泊や車内でのカー家電を利用する場合に問題なく動作します。

例えば、ACコンセントではなくシガーソケットがついたサーキュレーター、炊飯器、ケトル、車載冷蔵庫など通常、車のエンジンついている時に車内のシガーソケット口から利用する家電をJackery 1000で利用できます。

アイドリングの問題になるので、エンジンを切っている場合は積極に的に使うことをお勧めします。

サルさん

容量が1000Whもあるので、数日間問題なく動きます!

シガーソケットあまり使わない方は、USB-CやUSB-A変換ソケットがおすすめです。実際に利用していますが、Jackery ポータブル電源 1000の元々あるUSBポートよりも高い出力が実現できます。

Anker PowerDrive III」は合計48Wまで出力に対応していて、30Wと18Wの二つのポートがあります。Jackery 1000のUSBポートは最大で18Wまでなので、より早く充電が可能です。

単純にUSBポートを増やしたい場合でもおすすめです。

Jackery ポータブル電源 1000で家電が動かせるのか動作確認

ドライヤーが問題なく動く

Jackery 1000でドライヤーを動かしてみました。結論は、問題なく動きました。1000Wを超える高出力なドライヤーの場合、途中で止まる場合があります。

例えば、ダイソンのドライヤーは、風量(強)で温度(強)の場合、1000Wを超えるので、1,2分で止まりました。

電気ケトルを使ってお湯を沸かしてみました

Jackery 1000で電気ケトルの動作確認をしました。結論は、電気ケトルでお湯を沸かすことができます。

電気ケトルによりますが、1000Wを超えてしまいお湯が沸く前に止まってしまった場合、もう一度スイッチを入れ直して電気ケトルを動かせば、お湯を沸かすことができます。(最大瞬間出力2000W以内なら1,2分ほど動くのでその間で沸かすことができます。)

まとめ:実際にJackery ポータブル電源 1000を3ヶ月使ってみた感想

本記事では「【Jackery ポータブル電源 1000レビュー】電子レンジ、電気毛布2枚も余裕で動く大容量高出力なポータブル電源」について徹底解説しました。

利用シーン毎の評価
アウトドアでの利用
90%
車中泊での利用
90%
在宅ワークでの利用
80%
防災時の利用
100%

Jackery ポータブル電源 1000は、超大容量かつ高出力なポータブル電源で、複数人での利用から数日間の電気がない環境に適している優れものです。

デザイン性や安全性はJackery製品なので問題なく、とても人気なメーカーです。

サルさん

実際に、キャンプや車中泊で使う機会が多いですが、天板が机代わりになるので、パソコンを置いたりしています。

どうも、ポタブルンでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・保存はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる