【2021年】おすすめのポータブル電源

【徹底解説】ポータブル電源「日本製」おすすめ3選と安全性が高い理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!
サルさん

ポータブル電源は、それなりの金額するので買うなら安全性が高い「日本製」がいいな〜と思うポタブルンです。

ポータブル電源の日本製は、安全性が高いだけでなく、カスタマーサポートが日本人対応や故障や返品時の対応もスムーズなど様々なメリットが挙げられます

本記事で分かること

  • ポータブル電源の日本製がなぜ安全なのか?
  • どんなメーカー・ポータブル電源があるのか?
  • 安全性を見極めるポイントは?

上記の3つを徹底的に解説して、その中で特におすすめできる3つを紹介します。

\ 読み飛ばす方はクリック /

タップできる目次

ポータブル電源「日本製」がおすすめな理由

この章では、なぜ日本製のポータブル電源が安心・安全なのか?について話していきます

ポータブル電源「日本製」
おすすめな理由

  1. 【バッテリーの安全性が高い】
  2. 【配送でのトラブルが少ない】
  3. 【カスタマーサポートが日本人対応】丁寧で安心
  4. 【保証・返品・故障】対応が日本なのでスムーズ

バッテリーの安全性が高い

ポータブル電源は、リチウムイオン電池を内蔵していて、海外製品で怖いのは、発火や爆発の危険性です。

過去に発火・爆発のトラブルがあったメーカーもあります。少しでも安心安全なポータブル電源を選ぶことは、自分の身を守るだけでなく、普段の利用でもストレスや不安なく利用ができます。

サルさん

安くても安全性が保証されてなかったら、使うのが怖い。

日本と海外では、電気を利用する場合の電圧が異なります。

  • 日本:100V
  • 海外:120V〜240V

海外製を日本で販売する為に、電圧の変更や電気用品安全法の基準「PESマーク」を取得する必要があります。その為、海外で発売されたポータブル電源は、遅れて日本で販売されることがほとんどです。

PESマークを取得していれば、日本の安全性の基準は認められた!ことになりますが、故障やリコール情報が日本にこないまま、購入してしまっている場合もあります。

配送が国内なので破損や故障がほとんどない

海外メーカーからの購入で怖いのは「海外からの配送による破損や故障」です。

海外メーカーから購入すると、海外から送られてきます。事前に日本の倉庫にある場合もあります。

私も海外製ポータブル電源を購入した際に、梱包してあるダンボールが大きく凹んでいたり、破損していることもありました。ポータブル電源に問題はありませんでしが、レビューで破損していた。故障していた。なども上がっています。

カスタマーサポートが日本人対応で丁寧

日本製のポータブル電源だと、当然会社も日本にあるので、カスタマーサポートは日本人の方が対応してくれます。

電話やメールもスムーズで製品に関する質問にも柔軟に対応してくれるメーカーが多いです。

  • 日本語でやりとりがしやすい
  • 製品のことを細かく聞ける
  • 電話でも問い合わせができる

しかし、海外メーカーだと外国人(よくあるのは中国人)対応なので、基本、メールのみ。

メールもカタコトで翻訳してるだろうなぁ〜のレベルです。当然、スムーズなやりとりができなく、ストレスを感じます。

サルさん

中国メーカーでも、日本語を喋れる方もいるので、メーカーによります。(中国メーカーが悪い訳ではありません。)

保証・返品の対応が日本なのでスムーズ

日本製のポータブル電源だと、故障・返品をする際に、スムーズに対応してくれます。

日本に会社があるので、送り返すのも時間がかかりません。

もし、海外製で日本に会社がない場合は、海外に送り返す必要があり、返品交換の場合、先に送り返すことが多いので、その場合とても時間がかかります。

サルさん

そもそも問い合わせ先がどこからすればいいか、分からないメーカーもあるよね、、、

ポータブル電源「日本製」のメーカーを紹介

ポータブル電源「日本製」メーカー

  1. HITACHI(日立)
  2. Honda(ホンダ)
  3. JVCケンウッド
  4. LACITA(ラチタ)
  5. SmartTap(スマートタップ)
  6. SYRIDE(エスワイライド)

各メーカーが安全・信頼できる理由と主要なポータブル電源を徹底解説しています。

HITACHI(日立)日本製のポータブル電源メーカー

HITACHI(日立製作所)は、1920年に創業し、現在ではグループ会社も多数ある大企業です。100年を超えるモノヅクリに対する信頼度はとても高いです。日本最大手の電機メーカー

HITACHI ポータブル電源「ポータブルパワーソース」シリーズ

HITACHI(日立)のポータブル電源は、リチウムイオン電池の中でもっとも安全性が高い「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用しています。

リン酸鉄リチウムイオン電池(リフェバッテリー)は、リチウムイオン電池の最大の欠点だった「発火の危険性を極限まで低くした安全性の高いバッテリー」です。

ポータブル電源としても利用できますが、ジャンプスターターとして優秀なポータブル電源です。

自動車整備工場向けのプロユースにも耐える本格的なジャンプスターターです。

商品名ポータブルパワーソース
PS-16000RP
ポータブルパワーソース
PS-64000
商品画像
メーカーHITACHIHITACHI
最安値¥2,5300¥113,740
容量51.2Wh205Wh
重量0.9kg4.8kg
サイズ224x94x42mm252x132x330mm
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン電池リン酸鉄リチウムイオン電池
サイクル充電約2,000回約2,000回
充電時間約6時間
定格出力ジャンプスタート機能600A120W
最大出力150W
出力シガー×1/USB×2/AC×1
目安容量は少なくAC出力がないので、ジャンプスタートとしての利用がベスト6,000cc 12Vガソリン車。17,000cc 24Vディーゼル車にも対応
保証24ヶ月
AmazonAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名ポータブルパワーソース
PS-16000RP
ポータブルパワーソース
PS-64000

旧モデルのPS-18000/PPS-18000は、現在生産していませんが、販売されている場合があります。リン酸鉄リチウムイオンではなく、リチウムイオンを採用しているので、安全性が多少不安になります。

ポータブルパワーソース PS-16000RP

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したPS-16000RPです。小型コンパクトでありながら、300A(最大600A)のジャンプスタートに対応しています。

サルさん

一応、紹介していますが、ポータブル電源としては、容量が少なすぎるので、ジャンプスタートとして使うのがいいですね。

ジャンプスターターとして対応できる車

  • 12V車:4,000cc
  • 24V車:3,000cc

ポータブルパワーソース PS-64000

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したPS-64000です。64,000mAh(3.2V)容量205Whのポータブル電源です。

サルさん

安全性は、申し分ないくらい信頼できるけど、容量が少ないのでポータブル電源としての利用は、1人1泊の車中泊やキャンプ程度

車中泊や車を利用したアウトドアでは、ジャンプスタート機能がついたポータブル電源が必要になりますが、安全性の高いリン酸鉄リチウムイオンのポータブル電源でジャンプスタート機能は、日立ポータブルパワーソースシリーズしか見当たりませんでした。

ジャンプスターターとして対応できる車

  • 12V車:6,000cc
  • 24V車:17,000cc

Honda(ホンダ)日本製のポータブル電源メーカー

HODAN(ホンダ)は、1948年に創業し、現在では日本の大手輸送機器メーカーとして優れた技術開発を続けている会社です。自動車の販売台数は世界で7位と世界でも信頼されている会社です。

Hondaの蓄電器「E500」シリーズ

Hondaさすが!と言えるほどの補償や保険がE500を購入すると付いてきます。どんなに安全な製品でも、万が一のことを考えて企業・メーカー側がしっかりと責任を持ってくれるのは安心・信頼できます。

  • Honda独自の正弦波インバーター
  • 最適な周波数を選べる切替機能
  • 使う安心も提供する接続機器補償や保険

HondaのE500シリーズは「接続機器補償」という独自の補償があり、E500と接続した機器が故障した場合、最大50万円まで補償してくれます。

また、Hondaの安心補償制度「Ho!」という賠償責任保険が付いてきます。期間は購入から1年で、対人(1億円)、対物(1,000万円)が保証されます。

商品名E500(JN1)E500(JNW)
商品画像
メーカーHondaHonda
最安値¥88,000¥140,800
容量377Wh377Wh
重量5.3kg5.6kg
サイズ266x182x248mm266x182x226mm
バッテリーリチウムイオン電池リチウムイオン電池
サイクル充電約1,000回約1,000回
充電時間約6時間約6時間
定格出力300W300W
最大出力500W500W
出力USB×2/AC×2USB×2/AC×2
目安スマホ37回
電気毛布12時間
スマホ37回
電気毛布12時間
保証
AmazonAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名E500(JN1)E500(JNW)

リチウムイオン電池搭載のポータブル電源のほとんどは、サイクル充電が500回ですが、HondaのE500シリーズは、1,000回と約2倍の回数になっています。

価格は同容量のポータブル電源に比べると高いですが、長く利用(約2倍)ができるとHondaのE500は、おすすめできる日本製のポータブル電源です。

HondaのE500の製品ページは、他のメーカーのページよりも、はるかに具体的に細かく記載されています。また安全性に付いても曖昧にせずにしっかりと記載されているので、安心できます。

サルさん

Honda(ホンダ)E500は、ポータブル電源を並列つなぎできる設計なのも魅力です!また、Hondaの他の発電機とも並列つなぎができます。

Honda(ホンダ)のポータブル電源「E500(JN1)」

Honda のE500製品ページより

Honda(ホンダ)のポータブル電源「E500(JN1)」は、容量377Wh、定格出力300W/最大出力500Wです。

中容量のポータブル電源です。近い容量(jackery 400)と比べると価格は2倍も高いです。

しかし、サイクル充電回数が2倍の1,000回でその他、補償・保険が付いてくるので、長く安心して利用できることを考えると高くて当たり前だと思います。

カラーバリエーションが豊富で、パワーレッド・ブラック・ネオエナメルホワイトの3種類です。

前後の外装パネルは、AES樹脂で自動車の外そうにも利用されている素材です。Hondaらしい素材の選び方ですね。

Honda(ホンダ)のポータブル電源「E500(JNW)」

Honda のE500製品ページより

Honda(ホンダ)のポータブル電源「E500(JNW)」は、容量377Wh、定格出力300W/最大出力500Wです。

E500(JN1)と容量・出力性能は同じです。またサイズもほぼ同じですが、価格は、¥50,000ほど高いです。

作業での利用に特化した安全性を考え、衝突に強いプロテクターをポータブル電源の隅8箇所に装備しています。運送時や落下時の衝突を抑えてくれます。

JVC(株式会社JVCケンウッド)日本製のポータブル電源メーカー

株式会社JVCケンウッドは、映像機器・音響機器・無線機器・音楽映像ソフトなどの開発販売をするメーカーです。2008年に日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが経営統合の為、創業した会社です。

JVCケンウッドは、Jakcery(ポータブル電源・ソーラーパネルの製造開発をする会社)と商品開発などの業務提携を行い「Jackery Tuned by JVCポータブル電源」4モデルを販売しています。

Jackeryは、中国で製造をしていて、JVCも同様製品のOEMとして多少のデザイン変更や仕様変更して販売しています。

JVCケンウッドは、映像機器・音響機器など自社で開発販売をしていて、様々な電化製品を実際にポータブル電源で使用テストをして独自で品質管理基準を設定しクリアした製品を販売しています。

JVC ポータブル電源「BN-RB」シリーズ

  • 安心安全な証「防災製品等推奨品認証」に登録
  • 全国の家電量販店で販売されている「修理やアフターサポートが充実」
  • レンタルできる「Rentio」
  • ふるさと納税で返納品としてゲットできる

JVCポータブル電源 BN-RBシリーズは、日本の「防災製品等推奨品認証」に登録されています。

JVC ポータブル電源 BN-RBシリーズやソーラーパネルは「停電時や災害時の備えとして有効で安心して活用できます。」という証です。

防災製品等推奨品認証とは?
一般社団法人防災安全協会が防災分野において活用が可能で、安全性・機能性・利便性に寄与する製品として認証する制度です。

テクニカルサポートが「期限なし」なのも安心・信頼できるのポイント。さらに、全国の家電量販店で販売されていて、修理受付やアフターサービスもしています。

商品名BN-RB3-CBN-RB5-CBN-RB6-CBN-RB10-C
商品画像
メーカーJVCケンウッドJVCケンウッドJVCケンウッドJVCケンウッド
最安値¥40,480¥60,280¥71,280¥148,500
容量311Wh518Wh626Wh1002Wh
重量3.6kg6.3kg6.3kg10.6kg
サイズ231x134x168mm299x192x191mm299x192x191mm332x233x243mm
充電時間約6時間約8時間約9時間約7.5時間
定格出力200W500W500W1000W
最大出力400W1000W1000W2000W
出力シガー×1/USB×2/AC×1シガー×1/USB×3/AC×2シガー×1/USB×3/AC×2シガー×1/USB×4/AC×3
目安スマホ約30回
電気毛布約10時間
スマホ約51回
電気毛布17時間
スマホ約61回
電気毛布20時間
スマホ約100回
電気毛布13時間
保証24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月
AmazonAmazonで探すAmazonで探すAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名BN-RB3-CBN-RB5-CBN-RB6-CBN-RB10-C
サルさん

JVCケンウッドとJackery製品を比較すると、若干容量がJVCケンウッドの方が少なかったり、値段が高かったり。日本での品質管理や検証をしているからの価格や性能なんだろうな〜

JVCポータブル電源は、ふるさと納税の返礼品でお得にゲットすることができます。

JVCケンウッド ポータブル電源「BN-RB3-C」

JVCケンウッドのポータブル電源「BN-RB3-C」は容量311Wh出力200W/最大出力400Wです。

Jackery 240(240Wh)とJackery 400(400Wh)の間の容量。サイズや重量は、Jackery 400と同じ。

サルさん

Jackery 400よりも4,320円安いね!

JVCケンウッド ポータブル電源「BN-RB5-C」

JVCケンウッドのポータブル電源「BN-RB5-C」は容量518Wh出力500W/最大出力1000Wです。

Jackery 400(400Wh)とJackery 700(700Wh)の間の容量。サイズや重量、出力性能は、Jackery 700と同じ。

サルさん

Jackery 700よりも19,520円安いので、出力500Wくらいの家電を使いたい!けど容量は抑えたい!という方に「おすすめ」です。

JVCケンウッド ポータブル電源「BN-RB6-C」

JVCケンウッドのポータブル電源「BN-RB6-C」は容量626Wh出力500W/最大出力1000Wです。

Jackery 700(700Wh)と容量差はわずか74Wh。サイズや重量、出力性能は、Jackery 700と同じ。

サルさん

Jackery 700よりも8,520円安いので、Jackeryのオレンジカラーがちょっと、、、という方は、JVC BN-RB6-Cを検討してみてください!

JVCケンウッド ポータブル電源「BN-RB10-C」

JVCケンウッドのポータブル電源「BN-RB10-C」は容量1002Wh出力1000W/最大出力2000Wです。

jackery 1000とスペックの違いは、ありません。

サルさん

Jackery 1000よりも8,700円高いです。その分、修理やアフターサポートや日本製の信頼があります。サルだったら、BN-RB10-Cを購入します。

LACITA(ラ・チタ)日本製のポータブル電源メーカー

LACITA(ラ・チタ)は、2015年に創業した株式会社ポスタリテイトが2017年に設立した防災・アウトドアで活躍する家電ブランドです。

LACITA(ラチタ)は、防災・アウトドアで活躍する家電を開発することに特化しているブランドなので、安全性はもちろんアフターサポートも充実しています。

特に、安全性の面では「三次元リチウムポリマー」という安全性が高いバッテリーを採用しています。

従来のポータブル電源に採用されている「コバルト系リチウムイオン電池」と比較

  1. 自然放電が低い
  2. 電池寿命が長い
  3. 充電効率が高い

三元系リチウムポリマーは、リチウムイオン電池の欠点である、発火や爆発の危険性を改良し、車載向けに安全性を高められた種類になります。ホンダのEV車(PHV)に採用されています。

LACITA(ラチタ)ENERBOX(エナーボックス)シリーズ

LACITA(ラチタ)ENERBOX(エナーボックス)は、日本の「防災製品等推奨品認証」に登録されています。※日本の公共施設や福祉施設(全国32施設)で利用されています。

LACITAには、専用の修理部があり保証最大3年間、無料で修理対応してくれます。保証終了後も有償で対応してくれます。

主な修理部のサービス

  1. 電気系統の故障
  2. 電源タップ等の破損
  3. グリップの破損
  4. 電池の故障(本体交換)
  5. 金属破損(本体交換)

LACITA ENERBOXシリーズが特に優れている点

  • 【安全性】三元系リチウムポリマー電池
  • 【防災対策】自然放電は3ヶ月で5%
  • 【高スペック】容量の利用可能領域が99%以上
サルさん

日本製ポータブル電源の中でも、トップクラスの安全性です。

商品名ENERBOX-01ENERBOX-SP
(防水IP44)
商品画像
メーカーLACITALACITA
最安値¥59,800¥72,800
容量444Wh444Wh
重量5.0kg5.0g
サイズ300x1130x180mm300x1130x180mm
バッテリー三元系リチウムポリマー電池三元系リチウムポリマー電池
サイクル充電約500回約500回
充電時間約7時間約7時間
定格出力400W400W
最大出力600W600W
出力USB×3/AC×3/シガーソケット×1USB×3/AC×3/シガーソケット×1
目安スマホ43回
電気毛布14.8時間
スマホ43回
電気毛布14.8時間
保証最大3年間最大3年間
AmazonAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名ENERBOX-01ENERBOX-SP

2種類の違いは、防水か否かです。

  • ENERBOX-01:防水未対応
  • ENERBOX-SP:防水防塵対応(IP44)

LACITA(ラチタ)ENERBOX(エナーボックス)01

LACITA(ラチタ)のENERBOX-01(エナーボックス)は、容量444Wh出力400Wです。

日本製のポータブル電源で「三元系リチウムポリマー電池」を搭載しているポータブル電源は、ENERBOXシリーズだけです。

リチウムイオン電池も改良されてきて、PESマークが付いていれば安心できますが、それでも不安な方は、ENERBOX-01をおすすめします。

ENERBOX-01(エナーボックス)は、カラーバリエーションがホワイトとブラックでシンプルなデザインです。

サルさん

ポータブル電源って派手なデザインや男性が好きそうな機会系のデザインが多いので、シンプルなデザインはENERBOXの強みだよね〜

サル君

専用アクセサリーも魅力的だよね〜カッコイイ

LACITA(ラチタ)ENERBOX(エナーボックス)SP

ENERBOX-SPは、ENERBOX-01の防水モデルです。

防水・防塵・防沫「IP44」の防水規格を取得しているポータブル電源は、世界でENERBOX-SPのみ

IP44の防水性能は、あらゆる方向からの水しぶき「水の飛沫」によっても有害な影響を受けません。

サルさん

ポータブル電源の「水に弱い弱点を克服している」ので、アウトドアや車中泊・防災での利用時の故障する可能性が無くなります。

ずば抜けて信頼と安全があります。

  • 日本製の信頼度
  • 防水規格による安全性
  • 専用修理部によるサポート

Smart Tap(スマートタップ)日本製のポータブル電源メーカー

SmartTap(スマートタップ)は、2012年に創業した加藤商事株式会社が設立したブランドです。2019年にPowerArQシリーズでグッドデザイン賞を受賞しています。

SmartTap(スマートタップ)のポータブル電源「PowerArQ」シリーズ

PowerArQシリーズの安心理由

  • 防災製品等推奨品の認定
  • 日本規格PSE取得
  • 世界各国の基準合格(ISO9001,UN38.8)
  • 無期限のカスタマーサポート
  • 60日間返品・交換保証

安全性だけに寄らず、利用する方のニーズをしっかり考えられたデザインが安心と信頼に繋がっている点です。

PowerArQシリーズは、4モデルありそれぞれカラーバリエーションが豊富です。

男性向きな機械的デザインが多いポータブル電源の中でも女性が選択できるデザインや豊富なカラーバリエーションが優れています。

実績として、グッドデザイン賞受賞しているのも信頼できる証です。更に、楽天デイリーランキングで4部門1位の実績があります。(DIY・電動工具・ポータブル電源・ガーデニング部門)

グッドデザイン賞 受賞の背景(GOOD DESIGN AWERDを参考)
従来の機械的なデザインから、丸みを帯びた生活に馴染むフォルムを採用し、アウトドア製品によく用意されているカラーバリエーションを採用し、デザイン性を求める方にも関心を持たせる製品づくりを実現している。

サルさん

カラーバリエーションが豊富で選択枠が多いのは、PowerArQシリーズの強みだね。アウトドアグッズやキャンプギアとの相性もよくて、馴染む落ち着きとデザイン性がある。

商品名PowerArQPowerArQ miniPowerArQ2PowerArQ PRO
商品画像
メーカーSmartTapSmartTapSmartTapSmarTap
最安値¥66,000¥34,100¥59,800¥132,000
容量626Wh311Wh500Wh1002Wh
重量6kg3.5kg6.2kg10kg
サイズ300x242x193mm230x193x195mm295x195x191mm330x235x273mm
充電時間約8時間約6.5時間約6時間7.5時間
定格出力300W300W300W1000W
最大出力500W400W450W2000W
出力シガー×1/USB×2/AC×1シガー×1/USB×2/AC×1シガー×1/USB×5/AC×2`シガー×1/USB×4/AC×3`
目安スマホ約61回
電気毛布約20時間
スマホ約30回
電気毛布10時間
スマホ約49回
電気毛布16時間
スマホ約99回
電気毛布33時間
保証24ヶ月24ヶ月24ヶ月24ヶ月
AmazonAmazonで探すAmazonで探すAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名PowerArQPowerArQ miniPowrArQ2PowrArQ PRO

SmartTap(スマートタップ)ポータブル電源「PowerArQ」

SmartTapのポータブル電源「PowerArQ」は容量626Wh/出力300W/最大瞬間出力500Wです。

SmartTap(スマートタップ)ポータブル電源「PowerArQ mini」

SmartTapのポータブル電源「PowerArQ mini」は容量311Wh/出力300W/最大瞬間出力400Wです。

SmartTap(スマートタップ)ポータブル電源「PowerArQ2」

SmartTapのポータブル電源「PowerArQ2」は容量500Wh/出力300W/最大瞬間出力450Wです。

SmartTap(スマートタップ)ポータブル電源「PowerArQ PRO」

SmartTapのポータブル電源「PowerArQ PRO」は容量1002Wh/出力1000W/最大瞬間出力2000Wです。

2021年1月15日より販売開始

SYRIDE 日本製のポータブル電源メーカー

株式会社SYRIDE(エスワイライド)は、2019年に創業され、Panasonic製のリチウムイオン電池を搭載した「安心安全」なポータブル電源「MIGHTYシリーズ」を開発販売しています

Panasonic社のリチウムイオン電池はどのくらい耐久性がありますか? Panasonic社のリチウムイオン電池は非常にエネルギー密度が高く、約500回充電されても、バッテリーのパフォーマンス性能を80%確保できます。中国製や韓国製の安価な電池に比べ寿命が長く長期間安全にお使いいただけます

MIGHTY より

SYRIDE(エスワイライド)のポータブル電源「MIGHTY」シリーズ

MIGHTY
災害が多い日本ならではの機能を搭載しています。

  • FMラジオ
  • Bluetoothスピーカー
  • LEDライト
  • 防水防塵
  • ジャンプスターター

普段から使える機能だからこそ、災害時に安心して利用ができる。

最新モデル「MIGHTY SY-007」にはラジオやスピーカー、防水性能はありません。

商品名MIGHTYMIGHTY
SY-007
商品画像
メーカーSYRIDESYRIDE
最安値¥79,800¥39,800
容量552Wh331Wh
重量5.5kg2.9g
サイズ365x190x195mm150x215x205mm
バッテリーPnasonic製リチウムイオン電池Pnasonic製リチウムイオン電池
サイクル充電約500回約500回
充電時間約6時間約3.5時間
定格出力300W300W
最大出力350W450W
出力USB×4/AC×2/シガーソケット×1USB×4/AC×4/シガーソケット×1
目安スマホ約54回
電気毛布18.4時間
スマホ32回
電気毛布11時間
保証12ヶ月12ヶ月
AmazonAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名MIGHTYMIGHTY
SY-007

SYRIDE(エスワイライド)のポータブル電源「MIGHTY」

SYRIDE(エスワイライド)のポータブル電源「MYGHTY」は容量552Wh/出力300W/最大出力350Wです。

人気商品の為、現在売り切れ(2020.1.9)

カラーバリエーションは、3種類(黄色部分がブラック・茶色・イエロー)あります。

サルさん

機械的なデザインですが、安全性・普段使いから災害時の防災グッズとして一台あると、助かる日本製のポータブル電源です

SYRIDE(エスワイライド)のポータブル電源「MIGHTY SY-007」

SYRIDE(エスワイライド)のポータブル電源「MYGHTY SY-007」は容量331Wh/出力300W/最大出力450Wです。

日本製のポータブル電源は、多数ありますが、安全性・デザイン製・使い勝手の用意スペックの3つの軸で最もおすすめできる3つを選びました。

ポータブル電源を選ぶ基準

  • 安全性・信頼性
  • デザイン性
  • 使い勝手・スペック

安全性が高くても、値段が高すぎたり、あらゆる用途で利用できるスペックでないと、ポータブル電源としてそもそも機能しません。

BN-RBシリーズ(JVC)日本製ポータブル電源

JVCケンウッド BN-RB5-CとBN-RB6-Cがおすすめです!

JVCケンウッドの2種がおすすめな理由

  • 品質管理基準を日本で独自に定め検証をしている
  • ポータブル電源としてのある程度の容量と出力を確保
  • Jackery 700よりも安く買える
  • 全国の家電量販店で購入・アフタサポート対応

理由としては、日本電気機器メーカー「JVCケンウッド」とポータブル電源トップブランド「Jackery」が共同で開発し、JVCケンウッドが独自に定めた品質管理基準にクリアした製品のみを販売しているからです。

また、ポータブル電源としてある程度の容量と出力スペックがあるので、複数人での数日間の利用ができ、災害時でも活躍できます。

サルさん

Jackery ポータブル電源 700と比較表を作りました。容量以外のスペックの違いはありません。サイズも同じです。

商品名Jackery 700BN-RB5-CBN-RB6-C
商品画像
メーカーJackeryJVCケンウッドJVCケンウッド
最安値¥79,800¥60,280¥71,280
容量700Wh518Wh626Wh
重量6.3kg6.3kg6.3kg
サイズ299x192x191mm299x192x191mm299x192x191mm
充電時間約8.5時間約8時間約8.5時間
定格出力500W500W500W
最大出力1000W1000W1000W
出力シガー×1/USB×3/AC×2シガー×1/USB×3/AC×2シガー×1/USB×3/AC×2
目安スマホ約80回
電気毛布23時間
スマホ約51回
電気毛布17時間
スマホ約61回
電気毛布20時間
保証24ヶ月24ヶ月24ヶ月
AmazonAmazonで探すAmazonで探すAmazonで探す
楽天市場楽天市場で探す楽天市場で探す楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探すYahoo!ショッピングで探す
商品名jackery 700BN-RB5-CBN-RB6-C

JVCケンウッド ポータブル電源「BN-RB5-C」「BN-RB6-C」は、定格出力500W/最大瞬間出力1000Wなので、アウトドアやキャンプで利用する電化製品は利用できます。また電気毛布やサーキュレーターも問題なく利用ができ、寝る時間6〜8時間と考えると一泊以上は余裕で利用ができます。

災害時での活用としては、アウトドアや車載用(家庭用家電よりは出力が低い)家電の利用やスマホ、パソコン、電気毛布、空気清浄機、などの利用に向いています。

重量は、6.3kgなので、重すぎず男性女性持ち運びができ、大きすぎずちょうど良いサイズです。

サル君

コンパクトとは言えませんが、持ち手が収納できて天板がフラットになるので、机としても利用できるね!

2モデルで選ぶとしたら

  • 価格を重視するなら
    「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C」
  • 電池容量を重視するなら
    「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-C」

ENERBOXシリーズ(LACITA)日本製ポータブル電源

LACITA(ラチタ)のポータブル電源「ENERBOX-01(エナーボックス)」がおすすめです!

ENERBOX-01がおすすめな理由

  • 安全性が高い「三元系リチウムポリマー」採用
  • 防災製品推奨品認証に登録
  • 日本にENERBOX専用修理部がある
  • ポータブル電源としてのある程度の容量と出力を確保

安心・信頼できる一番のポイントは、リチウムイオン電池の最大の欠点「発火や爆発の危険性」を改良し、車載向けに利用できるよう安全性を高められ開発された「三元系リチウムポリマー電池」を採用していることです。

三元系リチウムポリマー電池のメリット

  1. 自然放電が少ない
  2. 電池寿命が長い
  3. 充電効率が高い

さらに、従来のポータブル電源は、リチウムイオン電池(コバルト系リチウムイオン電池)で利用可能容量(DOD「放電深度」)は表示されている容量(Wh)の7〜8割程度しか使えませんが、ENERBOXは、99%の容量を使うことができます。

DOD「放電深度」は、サイクル寿命を伸ばすためバッテリーの劣化を防ぐ、自動保護機能です。

ENERBOX(エナーボックス)の三元系リチウムポリマー電池は、性質が電池寿命が長いことから、放電深度を最大限まであげてもバッテリーの負荷が少ないと考えられます。

サルさん

550Whで利用可能容量(8割)のポータブル電源とほぼ同じ容量ということになります!

デザインはシンプルなワンカラー。バリエーションは、ブラックカラーとホワイトカラーです。

PowerArQ2(SmartTap)日本製ポータブル電源

SmartTap(スマートタップ)のPowerArQ2(パワーアーク2)がおすすめです。

PowerArQ2がおすすめな理由

  • LEDの明るさと暖色系ライト
  • 防災製品等推奨品認証
  • AC出力100V(日本の電圧)
  • 60日間の無条件返品・交換
  • 無制限のカスタマーサポート
  • 使い勝手の良い形

中国製のポータブル電源は危険?

サルさん

結論、中国製が危険が高い!ということはありません。

むしろ、ポータブル電源は中国の技術なしでは作ることができないレベルです。

実際に、ポータブル電源の最新技術のほとんど中国初のものが多く、毎月のように新しい機種、スペックも中国初のものがほとんどです。

そもそも日本でポータブル電源を販売するには、電気用品安全法「PESマーク」を取得する必要があり、日本の安全基準をクリアしないと販売すらできません。そのため、日本で販売されている時点である程度の安全性をクリアしている製品になります

ポータブル電源のほとんどの製品は、中国の工場で生産されています。実際に、どのメーカーからも似たり寄ったり製品が多くOEMです。

とは言っても、製品によって品質が高い低いポータブル電源は、あります!

危険、信頼ができないポイント

  • 公式サイトが日本語翻訳されていない
  • カスタマーサポートが海外
  • 相場よりも安い

日本で販売実績のある信頼できる「海外メーカー」

信頼できるポータブル電源の海外メーカー

  • Jackery(ジャクリ)
  • EcoFLow(エコフロー)
  • BLUETTI(ブルーティ)
  • Anker(アンカー)
  • Aiper(アイパー)

海外メーカーでも日本での販売実績があり、日本に会社があるメーカーが多いです。

いくつかのポータブル電源のメーカーさんとやりとりさせて頂いていますが、日本支社で日本人担当の方が多い。

日本は、ポータブル電源の需要が高く海外のメーカーは日本での販売に力を入れています。その際に日本支社を作る場合もあり、海外メーカーだから危険とは言えません。

日本は、災害大国で地震・台風・津波・停電・大雪などの天災がある為、防災品としてポータブル電源を購入される方が増えています。また車中泊も近年のコロナの三密を避ける手段として人気になり、車内での電源確保手段でポータブル電源を購入する方も増えています。

そのような背景が日本であり、海外から「ポータブル電源を日本で売るぞ〜」って参入してきてます。

サルさん

欲しいポータブル電源が「どこのメーカー」で「日本に会社はあるのか?」を確認すると簡単に安全・信頼面を確認できます!

サル君

suaokiは日本での販売実績がありますが、過去にバッテリーの事故があったり、未だに対応が悪い!という声が結構あります・・・今後、発展を期待しています。

安全なポータブル電源を選ぶポイント

品質を見極めるポイントは、

  • 販売実績のあるメーカー
  • 世界各国の安全基準を取得
  • 日本支社があるメーカー
  • 取扱説明書が翻訳されている
  • 日本での利用情報がブログなどに多数上がっている

上記に全て当てはまるメーカーは安心・信頼できるメーカーです。

電気用品安全法の基準「PSEマーク」

ポータブル電源で一番の安全性の証は、PSEマークです。

PSEマーク(電気用品安全法)とは
日本での電気用品安全法の基準をクリアした電化製品の印です。マークは、2種類あり丸型とひし形があります。ひし形は特に安全性が高く、リチウムイオン電池は、丸型の特定電気用品以外の電気用品です。

リチウムイオン電池が搭載されている家電を日本で販売する場合、PSEマークが必須になります。その為、基本的に日本で販売されているものは、電気用品安全法の基準をクリアしていることになります。

海外メーカーの製品を輸入する場合、PSEマーク取得する必要があるのですが、メーカー側が「PSEマークの取得をしている」と言う場合があり、取得しているのか否かの確認を取ることができません。

海外メーカーから適合証明書とテストレポートを入手することで、実際にPSEマークを取得しているのか?が分かります。その為、海外メーカーでどこの輸入業者が販売しているのか?も確認する必要があります。

その為、日本支社がある海外メーカーだと信頼できます。日本での販売も自社で行なっているので、信頼しやすい。

AC出力の波型「正弦波」

最近、販売されているポータブル電源のほとんどは波型が「正弦波」で家庭用コンセントと同じ滑らかな波型です。

例えば、波型が修正正弦波だと、滑らかではなくカクカクしているので、家電によっては不具合や故障の原因になります。

サルさん

安全性の面で言うと、正弦波のポータブル電源を買うことでポータブル電源や使う家電の故障・不具合が起こりにくくなります。

まとめ|ポータブル電源「日本製」は安心・安全・信頼ができる

本記事は「【徹底解説】ポータブル電源「日本製」おすすめ3選と安全性が高い理由」について書きました。

ポータブル電源の日本製を選ぶことで、安全性は高く、購入後のアフターサポートも充実しています。

日本製はネット上に情報もたくさんあるので、万が一、不具合や分からないことがあれば、すぐに問題解決できます。

故障も迅速に対応してくれたり、全国に修理してくれるメーカーがあったりするので、日本製はポータブル電源の知識がなかったり、もしものことがあったら不安な方はぜひ、検討してみて下さい。

どうも、ポタブルンでした。

\ 読み返す方はクリック /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・保存はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント・質問をする

コメントする

タップできる目次
閉じる