【2021年】おすすめのポータブル電源

【徹底解説】車中泊におすすめ電気毛布【19選】車中泊のプロがランキングします!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
サルさん

車中泊でおすすめの電気毛布は?おすすめのポータブル電源は?と質問されたポタブルンです。

冬の車中泊は、電気毛布が必須です。アイドリングは環境や近隣への迷惑となります

電気毛布は、メーカーが多く種類が豊富なのでどれを買えばいいか、とても迷いますよね。

本記事では、車中泊、日本一周した筆者の経験を踏まえて、どんなタイプの電気毛布がいいのか?消費電力を減らす方法など、解説していきます。

本記事で解決できること
  1. 車中泊におすすめの電気毛布が分かる
  2. 電気毛布を選ぶポイント
  3. 節電の豆知識
  4. おすすめのポータブル電源
僕との相性も大切だよ!
電気毛布

ボリューム満点な記事ですが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

タップできる目次

電気毛布はどんな種類があるの?

まず、電気毛布の種類を紹介していきます。

電気毛布には、大きく分けて敷き・掛けタイプがあります。
  1. 敷きタイプ
    生地が厚く片面のみ毛布生地になっている場合が多い。敷布団の上に敷いて利用する。
  2. 掛けタイプ
    生地が薄く、ブランケットに近い電気毛布。ひざ掛けとしても利用できる。
  3. 敷き掛け兼用タイプ
    両面毛布生地で、活用しやすい電気毛布。万能タイプ。
電気毛布も色々

敷き掛け兼用タイプが使いやすいので、車中泊には特におすすめです!

温まりやすさと電熱線の配線

電気毛布は、電熱線が配線されています。

隅まで綺麗に配線されているタイプや隅まで配線されていないタイプなどあり、温まり方にバラツキがあります。

綺麗に配線されていて、密度が高い物が全体的に温まるので、部分的に熱いなどの問題が起こりにくくおすすめです。

生地によって触り心地が大きく変わる

生地が薄いと、電熱線の凹凸が直接肌に触れるので、違和感を感じます。逆に生地が暑すぎると、電気毛布の暖かさが伝わりにくいなどの問題もあります。

一番のおすすめは、電気毛布としてだけでなく、毛布としても利用できる肌触りの良い生地がおすすめです

電気毛布の電源タイプ(ACコンセント・USB・充電式)

電源タイプも様々でACコンセント・USB・充電式の3つ上がります。

ACコンセントで利用する電気毛布がW数が高く、温かくなりやすい

USBや充電式は、ほんのり温かくなる程度なので、本記事では、ACコンセントで利用する電気毛布のみを厳選しています。

タイマー機能があると節電対策になる

タイマー機能があると、自動でオフになるので、夜中の温まり過ぎを防いでくれます。

2〜8時間で自動オフになる場合や、時間を指定できるタイプもあります。

車中泊で電気毛布を利用する場合、ポータブル電源で限りある電源(Wh)で利用するので、少しでも節電できるのはメリットです。

車中泊で電気毛布の選び方

選ぶポイントを解説するぞ〜
どんな車中泊スタイルなのか
  1. 1人軽自動車で車中泊:シングル
  2. 夫婦ペアで車中泊:敷き掛け兼用
  3. 家族、ペットで車中泊:複数枚

車中泊で利用する電気毛布を選ぶ際に「どんな車中泊スタイル」で利用するのか?明確にする事で、最適な電気毛布を購入することができます。

軽自動車で1人車中泊する場合の電気毛布

Sugiyama NA-08SL

例えば、軽自動車・1人・シュラフの環境で車中泊をする場合は、シングルタイプでふわふわな生地の電気毛布「Sugiyama NA-08SL」をおすすめします。

1人シュラフ車中泊は、シュラフの中全体に電気毛布を敷いて包むスタイルだと、温まりやすく、節電にもなります。毛布を重ねるとかさばるので、電気毛布自体も触り心地が良いタイプが使いやすいです。

夫婦2人でマットレスがある車内で車中泊する場合の電気毛布

KODEN CWK806S

次に、夫婦2人でセミダブルサイズのマットレスが車内に常にある場合は、敷き掛け兼用タイプで生地が厚めの「KODEN CWK806S」をおすすめします。

「KODEN CWK806S」は消臭機能もあるので、常にベットが敷いてある車内や複数人での利用に向いています。

掛け敷き兼用なので、毛布が薄い場合は、掛けとして利用するなど、使い分けが可能です。

どちらかの寝相が悪い場合は、敷いての利用がおすすめです。

夫婦+子供やペットで車中泊する場合の電気毛布

2人以上で電気毛布を利用する場合は、一枚の大きいタイプではなく、数枚に分けて利用するのが節電にもなるのでおすすめです

例えば、筆者は夫婦+ワンコで車中泊旅をしています。2枚それぞれ温度調整できる方が、どちらかが暑い寒いがなく熟睡できます。

ワンコや子供も体感温度が異なるので、それぞれ調整してできるのがベストです。

車中泊の電気毛布(ランキング)

価格は、2021年2月5日にAmazonで確認しています。

電気毛布SugiyamaSugiyamaSugiyamaLIFEJOYLIFEJOYLIFEJOYKODENKODENYAMAZENYAMAZENYAMAZENアイリスオーヤマアイリスオーヤマパナソニックパナソニックコイズミコイズミニトリニトリ
ランキング21111276158163413181051991417
商品
クリックで詳細まで移動します

NA-023S

NA-08SL

NA-013K

JCK801B

JCP551B

JBK803G

VWS551-P

CWK806S

YWC-182F

YMK-F43P

YMK-MF41

EHB-1408-T

EBK-1206-ZR

DB-R40L-D

RM3M-C

KDS-5091R

KDK-7581R
Nウォーム o-i 752NT-401
評価554.04.04.54.53.54.53.05.05.03.53.04.553.04.53.53.0
価格¥3,390¥3,980¥3,680¥3,500¥6,990¥6,990¥2,480¥8,870¥4,482¥12,200¥12,380¥2,681¥6,980¥12,200¥17,800¥6,536¥6,900¥7,990¥3,990
こんな方におすすめ1人で安く済ませたいボア生地でふわふわに包まりたい方滑らかな触り心地。内部に綿が入っています。滑らかな触り心地電熱線が毛布の隅まで入ってる肌触りが良く、消臭機能付きとても柔らかい2種類の気持ちい肌触り省エネ電気毛布っぽくないおしゃれなデザイン天然素材「キトサン」で抗菌肌触りの良いマイクロファイがー採用ふわふわの触り心地肌の弱い、幼児にもおすすめ吸湿発熱素材で暖かく肌触りが良い
タイプ敷き毛布敷き毛布敷き掛け兼用敷き掛け毛布敷き毛布敷き掛け兼用敷き毛布敷き掛け兼用敷き兼用敷き掛け兼用敷き掛け兼用敷き毛布掛け毛布敷き掛け兼用掛け敷き兼用敷き毛布敷き掛け兼用敷き掛け兼用敷き毛布
サイズ1400×800mm1800×850mm1800×850mm1880×1300mm2000×1000mm1880×1300mm1400×800mm2000×1400mm1880×800mm1880×1300mm1880×1300mm1400×800mm1200×600mm2000×1400mm1880×1370mm1400×800mm1880×1300mm1880×1300mm1300×800mm
素材ポリエステル70%
アクリル30%
ポリエステル100%ポリエステル70%
アクリル30%
ポリエステル50%
アクリル50%
フランネル
ポリエステル、コットン
フランネル
ポリエステル100%
ポリエステル100%フランネル
ポリエステル100%
ポリエステル100%フランネル
ポリエステル100%
ポリエステル100%ポリエステル100%ポリエステル50%
アクリル50%
ポリエステル65%
アクリル35%
マイクロファイバーラビットファー
ポリエステル100%
ポリエステル100%ポリエステル・レーヨンポリエステル100%
消費電力55W55W80W80W55W80W55W80W75W75W75W40W36W75W75W50W75W75W
57Wh/13Wh
40W
27Wh/13Wh
水洗い水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可水洗い可 水洗い可水洗い可水洗い水洗い水洗い水洗い水洗い水洗い水洗い水洗い
タイマー機能タイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー機能ありタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー無しタイマー機能ありタイマー機能なしタイマー機能なし
機能ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
ダニ退治
室内センサー
丸洗い
ダニ退治
室内センター
手洗い
室内センター
丸洗い
ダニ退治
防菌防臭加工
光るダイヤル
室内センター
丸洗い
ダニ退治
頭寒足熱配線
光るダイヤル
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
ダニ退治
丸洗い
室温センサー
頭寒足熱配線
何人用1人用1〜2人用1〜2人用1人用1~2人用1〜2人用1人用1〜2人用1〜2人用1〜2人用1〜2人用1〜2人用1人用1〜2人用1人用1人用1〜2人用1〜2人用1人用
電気毛布一覧

メーカー「Sugiyama 椙山紡織」の 電気毛布

電気毛布メーカーの中で価格が安く、人気が高い商品が多い。

生地薄いのが特徴なので、強だと部分的に熱くなります。その為、電気毛布の上に毛布やタオルケット敷くなどして対策が必要。

電気毛布 NA-023S(1400×800mm)消費電力55W

Sugiyama NA-023S
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力55W
31Wh
18Wh
3Wh
電気毛布の消費電力

3,000円代で購入できるベストセラーの電気毛布「NA-023S」

筆者は、初めて車中泊する際に購入した電気毛布です。薄くて、熱線が多少凹凸があるので、電気毛布の上に毛布を敷いて利用しています。

口コミ「結構暖かいです」

冬場に寝冷えを防ごうと敷布団カバーの下に敷いています。

W数が少ないので暖かさに不安を覚えていましたが布団の下の敷いているためか結構暖かく、強めにしたら熱中症になるレベルでした。

私には弱の下、電源が切れるか切れないかぐらいがちょうどよく快適に眠れます。

暖かくていいですね。

引用:Amazonより

電気毛布 NA-08SL(1800×850mm)消費電力55W

Sugiyama NA-08SL
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力55W
31Wh
18Wh
3Wh
電気毛布の消費電力

3,000円代で購入できるベストセラーの電気毛布「NA-08SL」

口コミ「冬を快適に過ごせました」

筆者は、初めて車中泊する際に購入した電気毛布です。薄くて、熱線が多少凹凸があるので、電気毛布の上に毛布を敷いて利用しています。

これまでは夜寝るときはエアコンをつけっぱなしにしていましたが、
空気が乾燥して朝起きると喉が痛かったのでこの商品を購入しました。

結果は期待通り!
夜中に目を覚ますことも無く朝まで熟睡できました。

サイズはシングルサイズのベットにちょうど良い位です。

ただ電気代はエアコンをつけっぱなしにした時と変わらないくらいでした。
(他の要因のせいかもしれません)

また、手洗い限定となっていますが、洗濯機で洗っても普通に使えました。
自己責任でお願いします。

引用:Amazonより

電気毛布 NA-013K(1800×850mm)消費電力80W

Sugiyama NA-013K
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力80W
50Wh
27Wh
5Wh
電気毛布の消費電力

3,000円代で購入できるベストセラーの電気毛布「NA-013K」

口コミ「最高でる」

約2ヶ月利用してのレビューになりますが、冬用のホームコタツの代わりに購入しました。普段、冬はホームコタツと石油ファンヒーターを併用して寒さをしのいでいましたが、コタツ布団を跳ね上げての掃除機かけも大変だし、灯油代も結構かかっていました。 電気毛布が届いてからは足元から首元までポカポカなので石油ファンヒーターを余り運転させなくなって、随分節約も出来ました。但し、毛布自体は薄いので私は毛布の上に薄目の布団や合わせ毛布をかけて調整しました。後、暖房をファンヒーターに頼っていた時は、うたた寝中に止まって寝冷えで風邪を引いた事も多々ありましたが、この冬は常に電気毛布に包まれて一度も風邪を引かず、結果的にはトータルで凄く安い買い物だったと思います。もっと早く買うべきだったと思いました。

引用:Amazonより

メーカー「LIFEJOY(ライフジョイ)」の電気毛布

ライフジョイは、冬用の家電をメインに製造しているメーカーです。

お客様に本当の日本製を届けたい!と強い思いを持ったチームが、あるメーカーから数人で独立した会社です。

「LIFEJOY」の製品で型番「J」から始まる商品は「日本製」です。

電気毛布 JCK801D(1880×1300mm)消費電力80W

LIFEJOY JCK801D
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力80W
55Wh
30Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

3,000円代で購入できるベストセラーの電気毛布「JCK801D」

口コミ「暖かく肌触りも良かった」

今まで使っていた電気毛布が寿命になったので、新たに購入しました。
暖かくて肌触りも良かったです。
今まで使っていた電気毛布より、MAXが暖かいような?
自分は、特に布団に入ってすぐは設定MAXにすることが多く、すぐに体が温まって助かります。
肌触りも良くてコスパが良いので、お薦めできる商品です。

引用:Amazonより

電気毛布 JCP551B(2000×1000mm)消費電力55W

LIFEJOY JCP551B
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力55W
30.7Wh
18.4Wh
3.33Wh
電気毛布の消費電力

フランネル素材で肌触りが良い電気毛布「JCP551B」

口コミ「かなり暖かい」

セミダブルのベッドの真ん中に敷いて使用。

生地の肌触りもとてもよく、それだけで暖かい。毛玉にもなりづらい。

温度調整の微調整はできないが、1番強にして寝ると真冬でも汗をかくほど暑くなる。

接続部やコンセント部の過熱などもなく、安心して使用できる日本製の製品だと思う。

引用:Amazonより

電気毛布 JCBR803G(1880×1300mm)消費電力80W

LIFEJOY JCBR803G
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力80W
55Wh
30Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

洗えるフランネル電気掛け敷き兼用の電気毛布「JCBR803G」

口コミ「肌触りの良い毛布です。」

以前使用していた電気毛布はいつも毛玉が出来ていました。処理するのに手間がかかり当然肌触りも悪く新しく購入を考えておりました。アマゾンさんで調べて良さそうなので試しに購入しました。肌触りも良くまず毛玉がつかないのが気に入り今回はリピートいたしました。

引用:Amazonより

メーカー「広電」の電気毛布

広電は、糸偏暖房の専業メーカーで業界トップシェアです。

電気毛布の種類が豊富です。

電気毛布 VWS551-P(1400×800mm)消費電力55W

KODEN VWS551-P
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力55W
30Wh
18Wh
3Wh
電気毛布の消費電力

¥2,500ほどで買える圧倒的に安い電気毛布「VWS551-P」

口コミ「安くてコスパが良い、すぐに暖まります!」

コタツの代わりにと思い値段が安かったので購入。55Wでもコタツ並に暖かい。
140cmの長さがあるので、足元からお腹のあたりまで十分に暖まります。足元とお腹が暖まれば室内の暖房は必要なくなり、手先まで暖かくなります。今年の冬は、暖房要らずでコレだけで越せそうです!

引用:Amazonより

電気毛布 CWK806S(2000×1400mm)消費電力80W

KODEN CWK806S
水洗いタイマー
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力80W
50Wh
30Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

業界クレーム率が最も低い電気毛布「CWK806S」

電源ON・OFFのタイマー機能が付いているので、夜中熱くて目が覚める事もなく、朝は自動で電源ONになり温めてくれます。

値段(¥8,870)と少し高いですが、ベストバイ電気毛布です。

口コミ「温かくておすすめです。」

・11月末に富士の朝霧にてキャンプしたときに使用しました。気温は5℃くらいでした。電気毛布の上に、ダウンの寝袋と、シュラフカバーをかけて、弱でも温かく眠れました。中にすれば0℃くらいでも寝れる気がします。温かくて、おすすめです。

・軽いけれど、暖かくて肌触りも良く

掛けても敷いても両方できるから良いです。

引用:Amazonより

メーカー「YAMAZEN(山善)」の電気毛布

ふんわりしたシリーズが大人気な「山善」の電気毛布

電気毛布として利用しなくても「毛布」として利用できます!

電気毛布 YWC-182F(1880×800mm)消費電力75W

YAMAZEN YWC-182F
水洗いタイマー
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力75W
70Wh
46Wh
27Wh
電気毛布の消費電力

切り忘れ自動OFF(約8時間に自動的にOFF)安心機能付き電気毛布「YWC-182F」

口コミ「これがないと越冬出来ない」

★良い点

・焦げ茶色で居間の雰囲気を壊さない
・洗える(実際ネットに入れて洗濯機に突っ込んでみましたが問題ありませんでした)
・1人分なので電気代が経済的
・静電気無し
・フカフカで結構厚みがあって寝心地良し
・思ったより早く乾く
・電熱線が当たって痛いというオチも無し
・端までしっかり造られている
・裏に滑り止め付き

引用:Amazonより

電気毛布 YMK-F43P(1880×1300mm)消費電力75W

YAMAZEN YMK-F43P
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力75W
57Wh
30Wh
13Wh
電気毛布の消費電力

ふわふわもこもこな電気毛布「YMK-F43P」

口コミ「しあわせ感があふれる毛布」

この値段でこのはだざわり!このあったかさ。もう手放せません。今まで使ってた電気毛布は電気消したらごわごわで暖かくなかったのですが、この毛布は電気付ける前からあったかくってなんというか「幸せ感」があふれる毛布です。こちら九州ですが雪はつもるわ風はつよいわでけっこうな寒さなんですが相当なところまでこれ一つで十分です。

ソファに座ってひざにかけといて、寝るときはそのままベッドまで引っ張っていてその上にもう一枚うわ掛けして朝まで安眠です。温度調整もスライドレバーでかなり微調整ができてとっても便利。一番弱くあたりまでしておいて雪がふる日も寒くないですね。

引用:Amazonより

電気毛布 YMK-MF41(1880×1300mm)消費電力75W

YAMAZEN YMK-MF41
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力75W
57Wh
30Wh
13Wh
電気毛布の消費電力

ふわふわ柔らかな電気毛布「YMK-MF41」

口コミ「 さらふわ」

思ったより肉厚です。

フワフワですが、寒い今は、電気を入れない状態では表面の生地感がさらっとしててヒヤッと感があります。電気を入れると柔らかくて温かいです。表、裏、真ん中に電気コードが入った1枚がサンドされていて、3層構造です。色は黒よりの濃いこげ茶色って感じです。

希望通りで満足しています。

引用:Amazonより

メーカー「アイリスオーヤマ」の電気毛布

電気毛布 EHB-1408-T(1400×800mm)消費電力40W

アイリスオーヤマ EHB-1408-T
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力40W
37Wh
16Wh
3Wh
電気毛布の消費電力

2,000円代で購入できるコストパフォーマンス高い電気毛布「EHB-1408-T」

口コミ「 MAX温度だと真冬でもかなり暑いほど」

敷布団、電気毛布、毛布の順に設置したところ、MAX温度だと真冬でも汗がでるほどポッカポカ。

電源部分セパレートして丸洗いできるし、電気代が1/10になったのでかなり気に入っています。

引用:Amazonより

電気毛布 EBK-1206-ZR(1200×600mm)消費電力55W

アイリスオーヤマ EBK-1206-ZR
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力36W
35Wh
16Wh
3Wh
電気毛布の消費電力

おしゃれなブランケットデザインの電気毛布「EBK-1206-ZR」

口コミ「 デザインと信頼性」

温度は他の電気ブランケットと違いはないと思いますが、スイッチはスライド式で使いやすいです。知らなかったんですがブランケットって単体だとあまり温かくは感じず、上に1枚被せて初めて暖かく感じる物なんですね。上に1枚被せると暖かいです。

引用:Amazonより

メーカー「パナソニック」の電気毛布

電気毛布 DB-R40L-D(2000×1400mm)消費電力75W

パナソニック DB-R40L-D
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力75W
56Wh
33Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

光るダイヤルで暗い部屋でも操作可能の電気毛布「DB-R40L-D」

口コミ「 かなり低温にできて快眠できる。足元まですっぽり」

北海道で冬はマイナス25度になりますが、寝る時はストーブを消して電気毛布で寝ています。

今まで買ったものは、大きさがギリギリで少し動くと足の部分がはだけてしまったり、日によってはあつすぎたり運用が難しかったです。

寝袋型電気毛布も試しましたが、アレは暑すぎて、のどが渇いて起きる。

この商品は余裕のある大きさで、かつ最低限の温度に設定したばあい、ほんのり暖かく感じるか感じないか・・・というぐらいに温度を絞れます。

電気掛毛布のなかでは今までで一番良いです。

引用:Amazonより

電気毛布 RM3M-C(1880×1370mm)消費電力75W

パナソニック RM3M-C
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力75W
51Wh
37Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

肌に優しいマイクロファイバー素材の電気毛布「RM3M-C」

口コミ「 ただの毛布として使える」

寒い季節のオートキャンプ用の購入しました敷き毛布としても、掛け毛布としても問題なく使えますそれに加えて我が家では、ただの毛布としても使っています

引用:Amazonより

メーカー「コイズミ」の電気毛布

電気毛布 KDS-5091R(1400×800mm)消費電力50W

コイズミ KDS-5091R
水洗いタイマー×
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛敷き
定格出力50W
50Wh
35Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

ふんわり感覚のラビットファー調の電気毛布「KDS-5091R」

口コミ「 滑らかで最高の手触り」

片面がフェイクファーのような毛足が長めの布地。毛先が白く、根元が黒みがかったお色です。)

もう片面が手触りの良いぬいぐるみのような毛足が短めの布地でした。

いずれもとても滑らかな触り心地で、期待以上です。そのまま毛布としても使えそうな感じです。

ただしその分、他の電気毛布よりも重さがあるのか、説明文によると2.8kgあるそうです。

個人的には気にならない重さでしたが、軽い物をお求めの方は気を付けられた方が良いかもしれません。

引用:Amazonより

電気毛布 KDK-7581R(1880×1300mm)消費電力75W

コイズミ KDK-7581R
水洗いタイマー
ダニ退治室温センサー
頭寒足熱配線敷/掛兼用
定格出力75W
60Wh
40Wh
7Wh
電気毛布の消費電力

ふんわり感覚のラビットファー調の大きい電気毛布「KDK-7581R」

口コミ「 電気毛布に抵抗がある方にぜひ試して欲しい」

電気毛布に抵抗がありましたのでずっとこたつ生活でした。
ただ、こたつ机で勉強しても全然はかどらず、眠気がどんどん襲ってきます。
試しに電気毛布と暖房を併用してみました。
電気毛布は電気代が全然かからないので経済的でありがたいです。
それほど寒くない日は、電気毛布だけで切り抜けます。

引用:Amazonより

電気毛布の豆知識「節電方法」

車中泊で電気毛布を利用する場合、ポータブル電源や車のサブバッテリーから電気を利用します。

消費電力を極力減らすことで、長い時間電気毛布を利用できたり、他の家電を利用できたりします。

ここでは「消費電力」を減らす知識をまとめています。

車中泊で電気毛布の消費電力を減らす方法
  1. コンセントタイマーで就寝中に自動オフ
  2. 寝袋の中で利用することで保温できる
  3. ポータブル電源を冷やさない
節電は大事だよ

コンセントタイマーで就寝中に自動オフで消費電力を減らす

電気毛布自体に「タイマー機能」搭載されていれば不要です。

ほとんどの電気毛布にはタイマー機能搭載されていません。その為、夜中の温まった時間も付けっ放しで利用するか、寝る前に切るかで対策するしかなく、寝る前に切ると寒くなって寝付けない場合が多い。

その為、付けっ放しで無駄な消費電力を食ってしまいます。

コンセントタイマーをACコンセントにかませて電気毛布を接続することで、電源オフにする自由に時間を指定できます。

寝袋の中に入れると消費電力が減る

電気毛布が保温される環境で使用することで、強さレベル「弱・中」で十分な暖かさを保てます。

特におすすめは、寒さに強い保温効果のある寝袋(シュラフ)です。

筆者は、冬や寒い環境での車中泊時、常に電気毛布を寝袋の中にいれて使っています。

温まるまで「強」で寝る前に「弱」にしています。それでも暑くなって電源を切る場合も結構ある。

ポータブル電源を冷やさない事で消費電力を減らす

ポータブル電源は、リチウムイオン電池を搭載していて、寒さと暑さに非常に弱いです。

ポータブル電源の取扱説明書に利用環境温度(0〜40度)などと記載されています。0度で利用はできますが、本来のパワーを100%発揮できるという意味でなく、あくまで利用ができる前提となります。

0度に近い寒い環境で、ポータブル電源をむき出しで利用すると、消費電力が上がってしまい、更にリチウムイオン電池の劣化を加速させてしまいます。

対策としては、銀マットを車内の壁側に敷き、その手前にポータブル電源を置いたり、ポータブル電源のファンを塞がないようにタオルやダウンを掛けたりするだけでも効果はあります。

よくある質問

電気毛布の消費電力はどれくらい?

強さ「中」の利用で15〜30Wh/1時間ほどの消費電力です。

車中泊で電気毛布(充電式)タイプは、使える?

車中泊で利用するな、ACコンセントで利用する電気毛布をおすすめします。

USBや充電式タイプは、W数が小さい為、ほんのり温まる程度です。

車中泊の暖房は、何が一番おすすめ?

車内空間を温めたい場合は、ミニヒーター。寝る部分だけなら電気毛布と寝袋の組み合わせがおすすめです。

車中泊で電気毛布を使い場合、12Vから利用できる?

シガーソケットから利用するばあ、ACコンセントへ変換するインバーターが必要となります。

しかし、アイドリングでの電気毛布は環境や近隣へ明確になるので推奨できません。

USBで利用できる電気毛布は、車中泊に向いている?

USBタイプの電気毛布は、W数が低く、ほんのり温まる程度です。

暖かさで言うとACコンセントがおすすめです。

車中泊で電気毛布は、サブバッテリーで利用できる?

サブバッテリーシステムを車内に組んでいる車なら、問題なく利用できます。

電気毛布をポータブル電源で使って「一泊する」場合の消費容量

Sugiyama 電気毛布」1400×800mmサイズを利用した場合の消費容量(Wh)を計算します。

ポータブル電源は、筆者がおすすめしている「RIVER 600 MAX」を元に計算していきます。

電気毛布の詳細

強さ別の消費電力(1時間あたり)

  • 高:約31Wh
  • 中:約18Wh
  • 小:約3Wh

「中」で利用した場合

  • 6h:108Wh
  • 8h:144Wh
  • 12h:216Wh
Sugiyama
電気毛布だよ
計算していくじょっ
電気毛布の消費容量(Wh)

❶ 電気毛布のスペック

  • 電気毛布の定格消費電力:55W
  • 中で1時間の利用:18Wh
  • 8時間利用:約144Wh

RIVER 600 MAXポータブル電源

  • RIVER 600 MAX容量:576Wh
  • 実際に利用できる容量:518Wh

ポタ電の容量518Wh – 電気毛布144Wh = 残量374Wh

電気毛布は、ずっと「強」で利用すると熱すぎるので「中」での利用を想定しています。

筆者のキャンプ時、電気毛布を使う回数(時間)

  1. 夜、腰掛け:2時間(強)
  2. 寝ている時:6時間(中)
  3. 朝、ひざ掛け:2時間(強)

計算すると、約304Wh消費することになります。

寒い環境、キャンプや車中泊で電気毛布を利用する場合、ポータブル電源の容量は余裕を持った方がいいです。万が一、電気がなくなり寒くて凍えてしまうと危険です。

サルさん

寒い環境だと、ポータブル電源の消費電力が増えるので、実際にはもっと消費してしまいます。なので、400Wh以上は必要ですね。

サル君

筆者は、スマホやパソコンなども同時に充電するので400Wh以上のポータブル電源を利用しています。

関連【検証あり】電気毛布をポータブル電源で使いたい!消費電力と必要なスペック

容量300Wh前後は、1人車中泊でほとんど家電を使わない

EENOUR P302

1人で車中泊する方や安く済ませたい方は、容量300Wh前後のポータブル電源をおすすめします。

コンパクトで軽量なので、軽自動車などの狭い空間でも場所を取らない。

サルさん

容量200Wh〜400Whでおすすめのポータブル電源をまとめています。

ポータブル電源特徴出力ポート数

Jackery 240
出力:200W
容量:240Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥19,800
充電時間:約6.5時間
AC×1
USB(12W)×2
DC×1
シガソケ(120W)×1

PowerArQ mini
出力:300W
容量:346Wh
充放電:800回
マンガン系リチウム
価格:¥33,000
充電時間:約6.5時間
AC×1
USB×2
シガソケ×1

EENOUR P302
出力:300W
容量:296Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥32,980
充電時間:約3.5時間
AC×4
USB-A×3
USB-C×1
DC×4
シガソケ×1

RACPower
出力:300W
容量:252Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥24,999
充電時間:約4.5時間
AC×2
USB-A×3
USB-C×1
シガーソケット×1

PowerHouse II 400
出力:300W
容量:388.8Wh
充放電:400回
マンガン系リチウム
価格:¥39,800
充電時間:約4時間
AC×1
USB-A(12W)×3
USB-C(60W)×1
DC(120W)×2
シガソケ(120W)×1
ポータブル電源特徴出力ポート

容量600Wh前後は、1人〜2人の車中泊でスマホやパソコンの充電もできる

SmarTap PowerArQ2

電気毛布だけじゃなく、他の家電なども利用したい方におすすめ容量400Wh〜600Wh

高出力の家電は利用できませんが、車載用のクッカー、ミニ冷蔵庫など消費電力が少ないので利用できます。

容量は、中容量なので利用できる用途が広がります!

サルさん

容量400Wh〜600Whでおすすめのポータブル電源をまとめています。

ポータブル電源特徴出力ポート数

R500
出力:500W
容量:403Wh
充放電:500回
三元系リチウム
価格:¥52,800
充電時間:約3.5時間
AC×2
USB(12W)×2
USB(QC3.0)×2
USB-C(60W)×2
シガソケ(96W)×1

RIVER 600 MAX
出力:1200W
容量:576Wh
充放電:800回
三元系リチウム
価格:¥63,800
充電時間:約1.6時間
AC×3
USB×2
USB(QC3.0)×1
USB-C(100W)×1
DC×2
シガソケ×1

Jackery 400
出力:200W
容量:400Wh
充放電:500回
三元系リチウム
価格:¥44,800
充電時間:約7.5時間
AC×1
USB×2
USB(QC3.0)×0
USB-C×0
DC×0
シガソケ×1

PowerArQ2
出力:300W
容量:500Wh
充放電:500回
三元系リチウム
価格:¥59,800
充電時間:約6時間
AC×2
wireless(15W)×1
USB(15W)×2
USB(15W)×2
USB-C(PD45W)×1
DC(36W)×2
シガソケ(108W)×1

ENERBOX
出力:400W
容量:444Wh
充放電:500回
三元系リチウムポリマー
価格:¥59,800
充電時間:約7時間
AC×3
USB(10.5W)×3
USB-C×0
DC×0
シガソケ(110W)×1
ポータブル電源特徴出力ポート

容量1000Wh以上は、数日間の車中泊や電化製品を利用する方におすすめ

EcoFlow EFDELTA 1300-JP

ガッツリ家電を使いたい!電源の容量を気にしたくない!方におすすめ容量1000Wh

価格は高くなりますが、ほとんどの家電が利用できるので、冬の車中泊で電気毛布だけでなく、家庭用家電も使うことができます。

また複数人での同時利用ができます。数日間の車中泊でも、電気を気にせずに利用ができます。

サルさん

容量1000Wh以上でおすすめのポータブル電源をまとめています。

ポータブル電源特徴出力ポート数

RIVER 600 PRO
エクストラバッテリー
出力:1200W
容量:1440Wh
充放電:800回
三元系リチウム
価格:¥129,300
充電時間:約3時間
AC×3
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×2
DC×2
シガソケ×1

GP1500
出力:1500W
容量:1700Wh
充放電:3500回
リン酸鉄リチウム
価格:¥129,000
充電時間:約15時間
AC×2
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×1
DC×2
シガソケ×1

GP1200
出力:1000W
容量:1200Wh
充放電:3500回
リン酸鉄リチウム
価格:¥89,900
充電時間:約10時間
AC×2
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C×1
DC×2
シガソケ×1

EFDLTA
出力:1600W
容量:1260Wh
充放電:800回
三元系リチウム
価格:¥159,500
充電時間:約2時間
AC×6
USB(12W)×2
USB(28W)×2
USB-C(PD60W)×2
シガソケ(96W)×1

Bluetti AC200
出力:2000W
容量:2000Wh
充放電:2500回
リン酸鉄リチウム
価格:239,880
充電時間:約4時間
AC×6
wireless(15W)×2
USB(15W)×4
USB-C(PD60W)×1
DC(300W)×1
DC(36W)×2
シガソケ(120W)×1

ElecHive 2200
出力:2200W
容量:2400Wh
充放電:1000回
三元系リチウム
充電時間:約3時間
【発売未定】
AC×4
USB×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD60W)×1
USB-C(18W)×1
DC(180W)×2
シガーソケット(180W)×1

Jackery 1000
出力:1000W
容量:1002Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥139,800
充電時間:約7.5時間
AC×3
USB(12W)×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD)×2
シガソケ(120W)×1

PowerArQ Pro
出力:1000W
容量:1002Wh
充放電:500回
マンガン系リチウム
価格:¥132,000
充電時間:約7.5時間
AC×3
USB(12W)×1
USB(QC3.0)×1
USB-C(PD)×2
シガソケ(120W)×1

Bluetti EB150
出力:1000W
容量:1500Wh
充放電:1000回
リチウムポリマー
価格:158,000
充電時間:約9時間
AC×2
USB(3A)×4
USB-C(PD45W)×1
シガーソケット×1

G1000
出力:1000W
容量:1182Wh
充放電:2000回
リン酸鉄リチウム
価格:¥179,880
充電時間:約13時間
AC×4
USB×2
USB(QC3.0)×2
USB-C(PD60W)×1
シガーソケット×1
ポータブル電源特徴出力ポート

まとめ|冬の車中泊で電気毛布は必須!

本記事は「【徹底解説】車中泊におすすめ電気毛布【19選】車中泊のプロがランキングします!」について書いてきました。

電気毛布は、消費電力が少なく場所も取らないので、冬の車中泊グッズとして必須です。

更に、ダニ除去機能や洗えたり、消臭機能がついている種類も多く、普段の毛布としても利用するメリットは大きいです。

筆者は、電気を入れずに毛布として利用することも多く、定期的に電気を入れて「強」でダニ除去をしています。

車中泊は、毎日洗濯や天日干しが難しいので、電気毛布はとても相性が良いグッズです。

皆さんの、電気毛布選びの参考になったら幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・保存はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント・質問をする

コメントする

タップできる目次
閉じる