【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

車中泊するならマナーを知りたい

車中泊のグレーな部分をしっかり把握したい

警察に捕まりたくない

本記事では、このような悩みが解決できます。

車中泊のマナー・ルールに関連する記事をまとめています。知っている部分を除いて、分からない部分を読んで、しっかりとマナーを学べる記事になっています。

本記事を読む事で、車中泊マイスターになれます。

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)
えりたく
夫婦バンライファー
2019年4月より軽自動車のハスラーで車中泊をしながら全国を移動しています。フルリモートワークの為、旅先のカフェや車内で仕事しています。
スポンサーリンク

車中泊マナー10ヶ条をおさらい

日本RVパーク協会さんが呼びかけをしている「マナー10ヶ条」です。

道の駅・SA・PAや公共の駐車場を利用する場合、下記の事を守る事で比較的マナーを守ることができます。

・長期滞在を行わない
・キャンプ行為は行わない
・許可なく公共の電源を使わない
・ゴミの不法投棄を行わない
・トイレ処理は控える
・グレータンクの排水を行わない
・発電機の使用に注意を払う
・オフ会の待ち合わせは慎重に
・車椅子マークの所には駐車しない
・無駄なアイドリングはしない

引用:日本RVパーク協会より

【車中泊マナー】他人が迷惑と思う行為を学ぼう

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

車中泊マナー10ヶ条だけを守れば良い訳ではありません。

車中泊禁止やルールについて明確に書かれていないから、その道の駅では守らなくて良いではなく、客観的に見て、あなたの行為が迷惑かを考える必要があります。

私が車中泊生活で迷惑だと感じた行為を【保存版】車中泊迷惑行為まとめ。迷惑行為を0にしてやろうぜまとめています。

【車中泊マナー】アイドリングの危険性を学ぼう

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

アイドリングは、ガソリンが減るだけじゃなく、環境・人に悪影響がある非常に怖い迷惑行為です。

夏場、冬場特に、アイドリング問題は賛否両論上がってきます。自分だけ良ければ良いのではなく、周りの環境や他人にどれほどアイドリングが悪影響を及ぼすのかを理解してください。

最悪の場合、死人が出る場合があるので、【保存版】車中泊でのアイドリングは危険?夏場の対策を経験者が教えます。にてしっかりと学びましょう。

【車中泊マナー】ゴミ捨て、処理方法を学ぼう

旅先でのゴミ捨ては、しっかりと理解する必要があります。

全て道の駅のゴミ箱に捨てている方を良く見かけますが、ルール違反です。

基本的には、ゴミの持ち込みは禁止です。ゴミを極力出さない方法と処理方法をキャンプでのゴミ処理方法が参考になりますので学びましょう。

(ゴミのマナーやルールについて記事作成中です・・・)

【車中泊マナー】電源問題について学ぼう

公共の施設にあるコンセントから電気を盗んできる方がいます。違法です。

電源のマナーは、基本的に車内ですませるように、モバイルバッテリーやポータブル電源を準備するようにしましょう。

オススメのモバイルバッテリーやポータブル電源をまとめています。

(電源マナーやルールについて記事作成中です・・・)

【車中泊マナー】お風呂シャワーを学ぼう

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

道の駅の入浴施設・SAエリアのシャワー・温泉施設・銭湯など全国には、入浴できる場所が多数あります。

実際に車中泊してみて、オススメの入浴施設や費用を【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法でまとめています。

【車中泊マナー】飲酒時の車中泊について学ぼう

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

車中泊で飲酒をした際、どこから飲酒運転になるのか?を理解する必要があり、利用する駐車場のルール・マナーを守ることも必要になります。

ルールやマナーだけではなく、車中泊での飲酒は、人体にも負担がかかり、最悪の場合、エコノミー症候群になる場合もあります。

しっかりと車中泊での飲酒について【保存版】車中泊のときの飲酒はどうするの?警察に捕まる前に、必読です。にて学ぶ事で、マナー違反せずに飲酒ができるようになります。

【車中泊マナー】道の駅など公共施設の利用方法を学ぼう

【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)

道の駅は、基本的に車中泊禁止で仮眠までならOKと言われています。

非常にグレーですが、利用する方々がしっかりとしたマナーで利用する事で、車中泊しても問題はありません。

道の駅・SA・PAやその他の車中泊スポットについても利用方法やオススメを【保存版】車中泊が安全にできる駐車場は?オススメの駐車場やサービスを教えます。にてまとめています。

【車中泊マナー】調理の場所や仕方について学ぼう

車内で調理をすれば問題とは言い切れません。理由としては、火事になることや匂いの問題があります。

更に、汚水や調理で出るゴミの問題などと関連してきますので、できるだけ火を使わずに、他人に迷惑をかけないように車内で調理をするか、外食をするかにしましょう。

車内で火を使って火事になるケースもあり、実際に車中泊ユーザーさんで事故が起こっています。

(調理マナーやルールについて記事作成中です・・・)

まとめ|誰もが快適な車中泊を実現しよう

せっかく楽しい車中泊をしているのに、マナーやルールを守らない人が居るために不快な思いをして、嫌な思い出になってしまう人がいます。

気にしなければ良い問題かもしれませんが、最悪の場合、道の駅の駐車場の有料化など、車中泊ユーザーにとって、とても不便な日本になってしまいます。

自分の車内だけではなく、駐車場を利用する場合は、その駐車場全ての事を考え、配慮することが必要です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
avatar
  Subscribe  
Notify of