【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

車中泊旅中のお風呂問題を解決したい

車中泊旅でお風呂を安く済ます方法

車中泊でもシャワーが浴びれる場所を知りたい

本記事では、このような悩みが解決できます。

車中泊旅での問題に「お風呂」が挙げられます。道の駅・PA・SAエリアで車中泊する際に、お風呂やシャワーに入れず、気持ちよく寝れないなんて事もあります。

私も車中泊をする際に、お風呂を探すのが面倒で入らない日もありました。

コスパよく効率よく風呂問題を解決する方法をまとめました。

車中泊マナーをまるごと学ぶなら【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)にて私の実体験を元にまとめています。
スポンサーリンク

車中泊での風呂|極楽湯が一番おすすめです。

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

私たち夫婦は、車中泊する際、一番利用する銭湯が「極楽湯」です。

理由は、

  • 極楽湯は、日本全国に39店舗あり銭湯で日本一の店舗数です
  • コスパよく400~500円で入浴ができる
  • 早朝・深夜やっている店舗もあるのでいつでも入浴できる
  • 極楽湯会員100円で全国でお得に利用できる
  • バスタオルを150円ほどでレンタルできる

安いのに、風呂のバリエーションが豊富でサクッと入っても、ゆっくり入っても良い入浴施設です。

車旅をしていると、同じ姿勢を長時間するので体が凝ったり、疲労が溜まったりします。

その為、できれば銭湯でじっくり体を休めることをお勧めします。

旅先で極楽湯を探す場合は、グーグルで「地名 極楽湯」で検索すると直ぐに見つかります。

営業日時を確認してから、行くようにしましょう。

今までの経験上、18~21時が一番混んでいるので、ゆっくり入浴したい方は、夕方もしくは、深夜がお勧めです。

極楽湯の朝風呂もおすすめです。空いていて、伸び伸びできます。

>> 全国にある銭湯「極楽湯」一覧

車中泊での風呂|道の駅・サービスエリア

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

道の駅やサービスエリアでもシャワーやお風呂・温泉に入ることができます。

道の駅での車中泊は、相次いで禁止や有料化されているので、車中泊する際は、ルールやマナーを守り、利用しましょう。

温泉施設のある道の駅一覧がwikiにまとまっているので、行き先のエリアで探してみてください。

>> 温泉施設がある全国の道の駅一覧

シャワーや入浴施設があるサービスエリア一覧

>> 入浴施設が併設しているサービスエリア

道の駅の「温泉施設」は、比較的ゆっくりできます。

サービスエリアは、簡易的なシャワーやお風呂が多いのでご利用する施設の詳細を確認しましょう。

車中泊でのお風|入浴せずに体を綺麗にする

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

夏場を除き、汗をかいていない日など今日は大丈夫そうかな?って時ありますよね。

私たちも、実際に2日に1回の時もあります。

その場合、何もせずに寝るのではなく、最低限カラダを清潔にしてから寝るようにしています。

お風呂に入らずに体を綺麗にするグッズや方法を紹介します。

頭皮は、2日に1回がちょうど良い

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

毎日絶対洗いたい!という方を除き、2日に1回の洗髪が頭皮を清潔に保つことができます。

理由としては、毎日、綺麗に頭皮を洗うことで、必要な皮脂が流れてしまい、過剰に皮脂が分泌するようになってしまうからです。

それでも頭を最低限、綺麗にしたい!と思う方は、ドライシャンプーをお勧めします。

洗髪にドライシャンプー

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

キャンプなどのアウトドアや病院・非常時などに使われるドライシャンプー

おすすめのドライシャンプー

  1. 資生堂|スプレータイプ|¥399
  2. ツバキ|液体タイプ|¥1,069
  3. ダイアン|スプレータイプ|¥950

洗髪にベビーパウダー

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

ドライシャンプーがなければ、ベビーパウダーでも洗髪ができます。災害時によく使われています。

  1. 髪をブラッシング
  2. ベビーパウダーをスプーン1杯くらい
  3. 髪全体にベビーパウダーをなじませる
  4. 粉っぽさがなくなるまでブラッシングをする

体は、濡れタオルで拭くに限る

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

ミネラルウォーターでタオルを濡らして、絞ります。

汚れがたまりやすい部分は特に念入りに拭きましょう。

顔のTゾーン・耳の後ろ・脇・背骨のくぼみ・ズボンのベルト部分・股間・膝裏・靴を脱ぎ足裏、指の間

道の駅やサービスエリアのトイレの水場は、手を洗う専用の水なので、ペットボトルの水などを利用して車内で済むようにしましょう。

タオルが綺麗なものでないと、体を拭いても体が余計臭くなる場合があるので、使っていないタオルを使うようにしましょう。

車中泊であると便利な風呂グッズ

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

車中泊グッズ|速乾タオル、スポーツタオル

マイクロファイバーの速乾タオルは、通常のタオルよりもサイズが圧倒的に小さくても、水分の吸い具合が圧倒的です。

さらに、直ぐに乾くので何枚もタオルやバスタオルを車に持ち込まずに済みます。

  • 毛玉にならない
  • 抗菌
  • 直ぐに乾く
  • 小さく軽い

車中泊グッズ|シャンプーリンス

銭湯など入浴施設に持ち込んで利用します。

夫婦の場合は、男性女性ごとに分ける事で、適したものを選ぶことができます。

男性は、アミノ酸系のスカルプシャンプーがおすすめ

女性は、オーガニックシャンプーがおすすめ

チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプーが男女とはずおすすめのシャンプーです。

アンファーのシャンプーとリンスは、男性・女性ごとに適したものが出ているので、そちらもおすすめです。

車中泊グッズ|化粧水

車内は、乾燥しやすく皮膚が乾くので風呂の後に、化粧水をつける習慣を男女問はずしましょう。

私は、寝る前と起床時に化粧水をつけています。

男女で化粧水を分けることがベストですが、1本にする場合は、ハトムギ化粧水がおすすめです。

500mlで¥598なので、家庭的です。

車中泊グッズ|電動髭剃り

男女で使うことができます。特に男性は、

車中泊グッズ|アルコール消毒

車内生活をすると、車はいつも以上に汚くなります。観光が終わってえ車に戻ってきた時にアルコール消毒をする習慣をつける事で、比較的車内が綺麗に保たれます。

車内は、乾燥がしやすく体調不良になりやすいので、風邪などウイルスに感染しないように、アルコール消毒を習慣にしましょう。

車中泊での風呂問題は、整髪料や化粧を減らすこと軽減する

【保存版】車中泊旅の風呂やシャワー問題を解決!全国どこでも簡単に済ます方法

入浴施設や体を綺麗にする方法をご紹介してきましたが、日頃、肌につけるものを減らすことで、比較的清潔に保つことができます

男性の場合は、整髪料をなるべくつけず、つける場合は、オーガニックのものにする。

女性の場合は、理想は化粧をしないことですが、する場合は、薄く下地程度にすることで、肌荒れしない車中泊旅ができます。

化粧を落とす、シートでも対応できますが、しっかりとクレンジングオイルを使わないと汚れが取れません。入浴施設を使う場合は問題ないですが、車の中で済ます時は、注意が必要です。

男性も女性の事を考え、車中泊でのお風呂問題について考えるようにしましょう

車中泊マナーをまるごと学ぶなら【保存版】車中泊のマナー完全マニュアル(警察や他人から注意されない車中泊マナーを解説)にて私の実体験を元にまとめています。
スポンサーリンク
avatar
  Subscribe  
Notify of